新卒・第二新卒歓迎

チューイチ

新卒・第二新卒歓迎のバイト・アルバイト・パートの求人情報

新卒・第二新卒歓迎のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。1日4時間以内(短時間)OKの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    新卒・第二新卒歓迎のアルバイトには、飲食店のホールスタッフ、キッチンスタッフ、食品工場のライン作業、警備員、一般事務、受付業務など、さまざまな職種があります。社会人経験がない、もしくは少ない人を対象としているため、未経験者でもできる業務が多いでしょう。アルバイト、正社員、契約社員といった雇用形態を問わず、新卒・第二新卒歓迎のアルバイト求人は、即戦力という位置づけではなく、将来の成長性を期待される傾向があります。また、アルバイトから社員を目指すために応募する場合は、その企業を背負って立つぐらいの気持ちを持って、面接で自己アピールをするといいかもしれません。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    新卒・第二新卒歓迎のアルバイトのメリットは、未経験の職種や業務でもはじめやすいという点です。勤務先によって異なりますが、新人研修が設けられているところもあり、未経験でも問題なく業務をスタートできるでしょう。接客の仕事であれば、言葉遣いやマナーといった社会人としての一般常識を身につけられます。また、一般事務のような仕事の場合、パソコンを使った業務に慣れることができるのはもちろんのこと、仕事全体の流れを把握し、先読みしながら作業することの大切さを実感できるでしょう。給与はエリアや職種によって異なるため、一概にはいえません。勤務先によってはパートやアルバイトから正社員を目指すことができるところもあるため、経験を積みながらキャリア設計を行うことができます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    新卒・第二新卒歓迎の仕事とひとくちにいっても職種が幅広いため、勤務地や勤務時間帯はさまざまです。給与についても同じことがいえます。警備員や仕分け業務のアルバイトでは日給制の勤務先もあります。ただし、アルバイトから正社員登用を目指す人は、時給や日給の高さで応募先を判断するより、就きたい職種や自分に合った企業を選択することをおすすめします。仕事場で接する人も職種によってさまざまで、たとえば一般事務のアルバイトなら、上司や先輩をはじめ、取引先のお客様と接する機会もあるかもしれません。接客業では同僚や先輩はもちろんのこと、お客様と接する時間のほうが長くなる場合もあります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    新卒・第二新卒歓迎のアルバイトには、とくに必要となる資格がない職種が多いです。未経験者を募集しているという企業や店舗も多いため、気軽な気持ちではじめられます。一般事務や営業の補助といった仕事の場合、パソコンでExcelやWordを使用できると、より早く業務に慣れることができるでしょう。事務的な職種以外でも、基本的なパソコン操作は身につけておくとプラスになるはずです。接客に携わる職種では、学生時代や過去に経験があると、スムーズに業務をスタートできるでしょう。面接では臨機応変に対応できることやコミュニケーション能力といったスキルをしっかりとアピールすることが大切です。

アルバイトから正社員になれる仕事

アルバイトから正社員になることを希望する人はたくさんいます。長期的に見て、正社員は給与や福利厚生などが安定しているという点が魅力であると考えられます。 それでは、アルバイトから正社員になることが可能な仕事には、どのようなものがあるでしょうか。例えば、飲食系やオフィスワーク、アパレル、販売、工場スタッフなど、多くの職種が考えられます。また、社員登用を前提としないアルバイトの募集であっても、アルバイトのときのまじめな仕事ぶりや、アルバイトであっても成果を残しているという事実があれば、正社員に登用されるというケースがあります。「将来的には正社員になることを望んでいる」という場合には、まずはアルバイトでさまざまな経験を積んでみるというのもひとつの選択肢であると言えるのではないでしょうか。将来やりたいことが決まっているのであれば、アルバイトからコツコツと仕事を覚えていくというのも良いでしょう。さまざまな経験を通して自分に合った仕事を模索していきましょう。

アルバイト先に就職したい場合

例えば、学生時代にアルバイトを経験していて、「仕事が楽しく、やりがいが感じられる」や「これからもこの仕事を続けたい」などというように感じたことがあるという人もいるのではないでしょうか。「アルバイト先に就職したい」と考えたとき具体的にどのようなアクションを起こしたら良いのでしょうか。アルバイト先に就職可能な業種に多いものとして、サービス業や販売業などが挙げられます。例えば、学生時代にアパレルスタッフとして販売業のアルバイトを経験した場合、就職後もアルバイト時代に培ってきた経験を活かすことができると考えられます。学生のころは販売業と言っても、売り上げに対してそれ程まで責任感を持っていなかったという人も多いのではないでしょうか。しかし、アルバイト先に就職したら、売り上げだけではなく、その他の業務に対しても大きな責任を感じながら仕事をすることになります。また、アルバイト先の職場の人間関係が良好であった場合には、就職後も人間関係で悩むことは少ないと考えられます。アルバイト先では、上司から就職の誘いを受けることがあります。就職するか否かについてはしっかりと検討することが大切です。

アルバイト歴の書き方

アルバイトやパートの求人に応募する際には、履歴書や職務経歴書の提出を求められることがほとんどであると考えられます。「アルバイトの職歴って、書類に書いていいの?」などといったことは、たくさんの人が悩むことなのではないでしょうか。アルバイト歴の書き方には、いくつか気をつけるべきポイントがあります。まず、アルバイト・パートへの応募の場合には、アルバイト歴は記入した方が良いと考えられます。特に、以前と同じような業種・職種の求人に応募するときには、過去のアルバイト歴は記しておくことが好ましいと言えます。面接のときには、「以前していたアルバイトではどのような仕事を任されていたか」などといったことを、しっかりと口頭で説明することができるように準備しておきましょう。次に、履歴書にアルバイト歴を記入するときには、アルバイトであるか、正社員であるかといったことが一目見て分かるように区別して書くことが大切です。職歴を書く欄に、「アルバイトとして勤務」などと記しておけば、誰が見ても分かりやすいと言えます。最後に、短期のアルバイトをたくさん経験していた場合についてです。短期のアルバイトを多く経験していると、履歴書の職歴欄には収まりきらないといったことも考えられます。こういったときには、まとめて書くなどといった工夫をしましょう。

新卒・第二新卒歓迎の社員・正社員の求人情報
ページトップへ