新卒・第二新卒歓迎

チューイチ

新卒・第二新卒歓迎の正社員/契約社員の求人情報

新卒・第二新卒歓迎の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。学歴(高卒)不問の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    新卒・第二新卒歓迎の仕事は、未経験者歓迎と書かれている仕事の募集をチェックするのがおすすめです。新卒の人は学校で得た知識を活かした仕事に就くことが多くなります。そのため、学校の就職支援員や就職担当の先生のアドバイスを参考にしながら、自分にあうと思われる仕事をしっかりと選びましょう。第二新卒は「新卒で入社して3年未満の求職者」を指すことが多いようです。採用する企業としては前職と同様に短期間で辞めてしまうことを恐れます。そのため、面接時や履歴書にしっかりと前職を辞めた理由や問題点などを説明し、それを踏まえた上で、志望動機をアピールし、働く意欲を伝えることができれば採用される確率が上がるでしょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    新卒・第二新卒歓迎の正社員募集は、未経験者前提で募集されることが多いので、自分の特性や希望にあった仕事を選ぶことができます。第二新卒の人は前職を活かした仕事であれば、採用されやすく、採用後の待遇が良い場合があります。未経験ではあっても前職の経験をアピールできる第二新卒は、有利に転職できるいい機会でもあります。社会経験を経たことで自分の特性に気がつくこともあります。そのため、同じ仕事ではなく未経験の業種に飛びこめるのも、第二新卒の特権です。勤続年数に応じて給与が変わったり、将来役職がついたりすることもあるので、就職や転職の際はじっくりと考えて決めましょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    新卒・第二新卒を採用することにより、若年層を取り込み、会社の雰囲気が明るくなり、社員が新鮮な気持ちで働けるという環境の変化が生まれます。上司や先輩の指示に従い1人前を目指して頑張ることになります。そのため、素直さや順応力、会話力など社会人として必要になるマナーがとても重要です。やる気を見せることで周りからの信頼を得ることもでき、イキイキと働きやすいでしょう。未経験で入社することが多いので、仕事に関する資格取得を目指したり、能力を磨き続けることで給与アップやキャリアアップにもつながったりもします。長く仕事を続けていくには自分で目標を立て、やりがいをみつけることで、モチベーションを維持しやすくなります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    新卒・第二新卒歓迎の正社員募集は、資格がなくても働ける可能性も高いですが、希望する仕事に資格が必要な場合は就職活動をする前に取得していたほうがスムーズです。新卒の人は学生時代にアルバイトやインターンシップなどを経験していると優遇されることが多いでしょう。第二新卒の人は、前職と同じ業種で働く場合は前職で培った能力や経験が役に立ちますが、未経験の場合は、人柄や働く意欲の高さが重視される傾向があります。そのため面接時や履歴書の自己アピールが重要になってきます。新卒の人や第二新卒の人を会社としては即戦力として採用することは少なく、社風にあった育成を行う前提で採用します。そのため、素直で柔軟な対応ができる人を求められます。

1・2年目の転職

第二新卒とは、社会人になってから1年目や2年目で転職をするということになります。企業としての第二新卒の扱いというのは、新卒者とは異なる場合が多々あります。それは、第二新卒は短期間であっても社会に出て働いた経験があるといったことから、企業としては育てやすい人材です。そういった観点から、第二新卒の転職を歓迎する企業が多いのが現状です。第二新卒の転職に関しては、企業側は高度なスキルや経験を求めている訳ではありません。どちらかと言えば、人柄重視や意欲の高さを認められての採用である場合が多いでしょう。第二新卒が転職活動を行う場合には、「社会人としての経験の浅さ」や「スキルが未熟であること」などがデメリットであると自覚している人も多いでしょう。しかし、第二新卒であるがゆえに、未経験の分野にも挑戦することができるというメリットもあります。未経験の業種や職種であっても、「チャレンジしたい」という気持ちがあるならば、転職活動を始めてみるのも良いでしょう。なお、第二新卒の転職活動でも、面接時に「前職を辞めた理由」を必ず問われます。ネガティブで後ろ向きな理由ではなく、「なぜ新しい仕事にチャレンジしたいのか」という前向きな考えを整理しておきましょう。

新卒・第二新卒歓迎のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ