フリーター歓迎

チューイチ

フリーター歓迎の正社員/契約社員の求人情報

フリーター歓迎の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。フリーター歓迎の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

フリーターから社員になるには

フリーターから社員になる方法は複数あります。代表的なのは未経験者歓迎と書かれている求人に応募する方法です。就職サイトで検索すると、そのような求人が見つかることが少なくありません。特にフリーターや主婦向けの就職サイトには、そのような求人が多く掲載されています。また未経験者歓迎と書かれていない求人であっても、アルバイトの経験をアピールすることで採用してもらえるケースもあります。アルバイトを通じて、必要なスキルや社会人としてのマナーを習得していると判断してもらえることがあるからです。同様に経験がない場合であっても、資格を取得していると採用してもらえるケースも珍しくありません。業務に直結する資格がベストですが、そうではなくても向上心があることを評価してもらえる可能性があります。アルバイトや資格取得の勉強に励むことは、社員になるには有効な方法といえます。また正社員よりハードルの低い派遣社員になって経験を積むことも方法のひとつです。派遣社員として働くには専門的なスキルが必要だと思っている人もいるでしょう。そのような傾向があった時代もありましたが、現代では未経験でも可能な派遣社員の仕事も増えています。

転職回数が多い場合

何度も転職している場合、求人に応募したときにマイナスの評価をされると思っている人が多いでしょう。しかし転職の回数が多くても、アピールの仕方によっては不利になるのを避けられます。企業が転職回数の多い人の採用をためらうことには理由があります。せっかく採用しても、すぐに辞められてしまうことを不安に思うからです。辞められてしまうと、また求人活動を行わなければならず時間と費用を浪費してしまいます。新しく雇用した人に、また導入教育を行う必要もあります。逆にいうと、転職回数が多い人が採用してもらうには、そのような企業の不安を払拭しなければなりません。そのために大切なのは、転職回数が多いことに関してプラスの面に目を向けることです。多くの企業で幅広い知識や対応力が身についたことをアピールしましょう。これまでの退職理由を問われときの答え方も大切です。人間関係や職場環境などを理由に挙げると、気に入らないことがあるとすぐに辞めてしまうと判断されかねません。何も考えずに転職を繰り返したわけではなく、多様な経験を積みたかったことなどを説明すると良いでしょう。また、働き続ける強い意志を伝えることも忘れてはいけません。

社員登用制度について

フリーターの中には社員登用制度を利用して正社員になる人もいます。社員登用制度とは、非正規雇用の労働者を正社員に転換するためのものです。ただし法律で定められている制度ではないので、どの企業でも設けているわけではありません。登用の条件なども企業が独自に定めています。たとえばアルバイトとして2年働くと、登用の試験を受ける権利が与えられる企業などがあります。正社員に登用した実績が豊富な企業もあれば、実際にはほとんど登用していない企業もあります。社員登用制度がしっかり機能している企業の場合は、非正規雇用の求人にもその旨が記載されているケースが多いです。フリーターから正社員を目指す場合は、そのような求人を探すのもひとつの手といえます。正式には社員登用制度を設けていない企業で働いていても、正社員に登用してもらえることもあります。有能な人材を見つけたら、他社より先に確保したいと考える企業が多いからです。そのためアルバイトとして働いているうちに、貢献度や働きぶりが認められて声をかけられるケースもあります。また声をかけられなくても、社員登用の可能性がないか質問してみると、検討してもらえる可能性もあるでしょう。

正社員のメリット

正社員になることには多くのメリットがあります。企業の経営状態にもよりますが、雇用期間に制限がないので定年まで働き続けることを期待できます。これは先行きの見えにくい現代社会において大きなメリットといえるでしょう。また毎月給与が支払われるので、生活を安定させやすいことも大きなメリットです。働き始めたころは給与が低い場合もありますが、多くの場合は働いているうちに高くなっていきます。昇進すれば、大幅にアップすることも珍しくありません。さらに、ボーナスや退職金がしっかり支払われる企業もあります。正社員になると収入面に関しては向上すると考えられます。福利厚生の恩恵を受けられることも正社員のメリットです。たとえば企業の所有する宿泊施設を利用できたり、企業と提携している飲食店の優待券をもらえたりするケースがあります。資格取得の奨励金や無料の通信教育などを用意している企業も多く見られます。働きやすさやスキルアップを重視して、福利厚生を充実させていく方針の企業は少なくありません。また多くの場合、労働組合に加入できることもメリットといえます。

正社員への転職

非正規雇用のフリーターが正社員に転職する場合、気をつけたほうが良いポイントがあります。最も注意が必要なのは、仕事に対する姿勢を見直す必要があることです。正社員になると非正規雇用で働いていたころより責任が大きくなります。たとえばアルバイトの場合は決められた時間だけ拘束され、基本的には支持された仕事をこなすだけです。しかし正社員に転職すると、業務が完了するまで働き続ける姿勢や、自主的に仕事を遂行する姿勢などを求められます。そういった姿勢で働くことが昇給や昇進につながるので、大きなやりがいを感じる人も多いでしょう。しかし一方で、非正規雇用の感覚のまま働き始めると戸惑ってしまうかもしれません。転職するときは、正社員として働くための心構えをしておくことが大切です。また転職の際は、企業研究をする事も重要です。せっかく正社員に転職しても自分に合っていない企業だと長く働き続けるのは困難です。インターネットで調べるだけでなく、可能であれば見学やOB訪問もしたほうが良いでしょう。実際に業務をしている正社員の方の話を聞くことができれば、自分が働く様子もイメージしやすくなります。また志望動機として具体的な内容を考えやすくなるといえます。

ページトップへ