留学生歓迎

チューイチ

留学生歓迎の正社員/契約社員の求人情報

留学生歓迎の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。学歴(高卒)不問の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    外国人留学生が日本国内で働く際には、専門学校や大学などで学んだ専攻と就職先の仕事内容に関連性がない場合、就労ビザの許可がおりないことがあります。そのため、職種も限定されてしまいますが、自分が日本で学んだ知識を活かすことができる仕事を把握し、準備をしておけば就職しやすくなります。留学生が就くことの多い仕事の1つは、英語や母国語など言語のスキルを活かしたものでしょう。通訳や翻訳者、英語教師や日本語学校で教育に携わることで国と国との架け橋になることも可能です。ほかにも、海外企業との取り引きの多い会社の営業や販売を行う業務、輸出入をする際に必要な手続きをする国際・貿易業務、システムエンジニア、料理店のシェフ、人手の足りない介護福祉業界などでの需要も多いです。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    留学生には、英語や日本語のスキルが備わることが多いので日本国内はもちろん世界で活躍できるチャンスがあります。企業や会社にとってマーケットの成長が見込まれるアジア市場の戦略を考える上で、アジア出身の留学生は頼りにされることが多いでしょう。日本人とは異なる文化で生活をしてきた留学生は、日本人が気づかなかった問題点や新しい考え方などを既成概念にとらわれることなく発言することで、組織の活性化に貢献できます。会社によっては必要な手続きを手伝ってくれるところもあります。そのため、わからないことは、企業の採用担当者に相談してみると解決しやすいでしょう。介護福祉関係や製造業など人手の足りないとされている業界では留学生の採用を積極的に行っている企業が多いです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    外国人留学生が、日本国内の企業で仕事をする場合には日本独特の体制に慣れる必要があるでしょう。日本の会社は諸外国と比べて個人より組織を重視する傾向があります。日本では年功序列制度を採用している企業もあります。そのため、実績を重視することが多い国の企業と比べると違和感がでることもあります。母国とは違う環境で仕事をしなくてはなりませんので、最初は大変な思いをすることもあるでしょう。仕事をする上では日本語のスキルが重視されることが多いです。そのため、学生の間に日本語を勉強しておくと役立つでしょう。サークル活動やアルバイトをすると、楽しみながら日本語を覚えることができ、おすすめです。留学生には寮や社宅を低価格で貸してくれる会社もあり、うまく利用するといいでしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    留学生が日本国内で就職を希望するためには、職業別に必要となるスキルや資格のほかに、必ず行わなくてはいけないことがあります。それは、留学ビザから就労ビザ「在留可能な就労資格」への変更です。自分自身が最寄りの地方入国管理局または同支局などで申請を行う必要があります。申請するためには、パスポート、外国人登録証、在留資格変更許可申請書など必要書類を提出しなくてはならないため、しっかりと準備期間を設け滞りなく手続きが進むように心がけましょう。採用時には日本語による適性試験や面接が行われることもあります。そのため、日本人と簡単なコミュニケーションをとれるぐらいの日本語スキルが、必須となることが多いです。

留学生を採用している企業の特徴

日本には人材不足を補うため、留学生の正社員採用を積極的に行っている企業が増えつつあります。さまざまな国籍や文化、バックグラウンドを持った留学生を歓迎することは、単に不足している労働力を補うだけでなく、従業員それぞれが持つ多様性を受け入れることでもあります。グローバル化やダイバーシティ経営が推進される中で、留学生の存在感は今後ますます大きくなっていくと考えられています。 そんな留学生の労働力を積極的に求めている企業はいくつかありますが、採用時には日本語能力に重点が置かれていることが多いようです。その人の持つ能力や経験だけでなく、日本人の中でしっかりコミュニケーションを取り、周囲とうまくやっていけるかどうかも合否のポイントになるのでしょう。 また、配属は海外事業部など、職務上外国語の能力が求められる部署への配属もあります。日本人の採用では補いきれない人材の穴を、外国人留学生が補填してくれているといえます。海外進出をしている、あるいは将来的に海外に事業を展開している、などグローバル化を進めている企業の中で、海外と自社との橋渡し役として留学生の力が必要とされているのです。

実際に働くために必要なもの

留学生が日本で正社員として働くためには、原則として就労ビザが必要です。「就労」とは、収入をともなう事業運営もしくは報酬を受け取って行う活動のことを指します。会社員として働くこともこの「就労」行為にあたるため、就労ビザの許可申請をしなくてはならないのです。その申請にあたっては勤務先の会社や団体との契約書が必要ですので、就職活動をしている段階では就労ビザを申請することはできません。「就労ビザ」と一言にいっても、実は就労可能な在留資格はいろいろとあり、自分がどんな仕事をするのかによって在留資格は変わります。具体的には次の3つのうちのどれかであることが多いです。 1. 技術:システムエンジニアなど 2. 技能:外国料理店のシェフなど 3. 人文知識・国際業務:英語教師、通訳・翻訳者など 留学ビザのままでは、一定の場合を除き働くことはできませんので、きちんと事務手続きを行って就労ビザの許可申請を行いましょう。許可が下りるには2週間~1ヶ月かかりますので、入社時期に合わせて事前に申請しましょう。会社によっては留学生に寮を準備したり、必要な手続きをサポートしてくれたりするところもあります。わからないことや不安なことは、企業の採用担当者に相談してみましょう。

留学生のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ