高校生歓迎

チューイチ

高校生歓迎のバイト・アルバイト・パートの求人情報

高校生歓迎のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。1日4時間以内(短時間)OKの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    高校生歓迎の仕事は、年齢などの関係から、職種が限られてきます。高校生でも採用されやすいアルバイトとしては、ファストフード店やファミリーレストラン、居酒屋などの飲食店が挙げられます。求人情報に「高校生OK」と書かれている場合はさらに採用率も高くなるでしょう。また、引越し業者や郵便局での仕分けの仕事も、高校生を積極的に採用していることが多いようです。これらの仕事は時給が高い傾向にあるため、より多くの収入を得たい人にはおすすめの仕事といえます。アルバイトをすることで得られるものは、職種や店舗によって違うので、自分の目的に合わせて、条件に合ったアルバイトを探してみましょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    高校生がアルバイトをすることのメリットは、自分でお金を稼いで、欲しいものを手に入れるという体験ができることでしょう。年上の人たちと一緒に仕事をすることで、社会人として必要なマナーや仕事への責任感を学び取ることもできます。一方で、同年代の人との新しい出会いが増えるため、楽しみながら仕事をすることができるという側面もあります。アルバイトで築いた人間関係が一生の宝物になるということも珍しくありません。また、高校生を歓迎しているアルバイトは、シフトの自由度が高い職場が多い傾向があります。テスト期間中や部活が忙しいときには休みをもらいやすいため、学業とアルバイトを上手に両立することができるはずです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    高校生歓迎のアルバイトの給与は、特別な資格やスキルが不要なことが多いため、さほど高くはありません。コンビニエンスストアやファミリーレストランなどでの接客、販売の仕事の場合は、エリア等によっても異なりますが、さほど高くありません。ただし、土日祝日の勤務では時給がアップされるケースもあります。効率良くお金を稼ぎたい場合は、休日の勤務を希望するといいでしょう。時給が高めのアルバイトとしては、イベントスタッフの仕事が挙げられます。1日もしくは短期間での勤務で、時給は比較的高めであることが多いです。また、高校生歓迎のアルバイトの特徴として、研修や教育制度が充実している職場が多いことが挙げられます。求人情報をチェックして、研修や教育制度の説明があるなら、アルバイト未経験の人でも安心して応募できるはずです。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    高校生が活躍できるアルバイトでは、基本的に特別な資格やスキルが必要とされません。高校生の場合、アルバイトをすること自体がはじめてという人も多いでしょう。雇用主はその点を理解しているので、仕事をはじめてからの成長に期待していることがほとんどです。未経験でも時間をかけて仕事を覚えていけばいいのです。ただし、お客様に接したり、年上の社会人と一緒に仕事をしたりすることになるため、最低限のマナーや真摯に仕事に向き合う姿勢は必要です。採用される可能性を高めるには、履歴書を丁寧な字で書く、面接でははっきりとした声で受け答えをする、できるだけ清潔感のある服装や髪型で面接に臨むといった対策も大切です。

高校生にオススメの仕事

高校生にオススメのアルバイトとしては、まずコンビニエンスストアや飲食店です。これらの職種で働くメリットとしては、高校生の採用が多く、教育システムが整っていることが挙げられます。アルバイトの人数も多く、上司や先輩もアルバイト教育に慣れているため、いきなり難しい仕事を押し付けられるようなことはほとんどありません。段階を追って少しずつ基本業務をこなせるまで待ってもらえる余裕があるでしょう。求人票の見方としては、「高校生歓迎」という記載がある仕事をチェックしましょう。接客業や同僚とのコミュニケーションが苦手な人は、軽作業や単純作業が中心のアルバイトを探してみるといいでしょう。工場のラインや、運送会社の倉庫では高校生でも簡単にできる作業がたくさんあります。仕事中はあまり会話をしなくても時間が過ぎていくので楽でしょう。仕事内容と同様に、気をつけたいのが地域や時間帯です。あまりにも遠方のアルバイトを始めてしまうと、交通に手間がかかり学業や部活にも影響が出てしまいます。理想的なのは近隣で、土日のみのアルバイトを探すパターンです。たとえばスーパーマーケットのレジ打ちや品出しは土日ほど忙しくなる店舗も多いでしょう。また、夏休みやゴールデンウィークを利用した短期アルバイトも通いやすい種類だといえます。

履歴書の書き方

初めてアルバイトを探す人は、履歴書の書き方にも戸惑うことがあるでしょう。記入をする際は、「丁寧な字で読みやすい文章を書く」「汚れや折り目をつけない」「封筒に入れて渡す」などの基本的なポイントを守るように心がけましょう。注意したいのは内容に「統一感」があることです。たとえば、ある項目では算用数字で「1、2、3」と書かれているのに、違う項目では漢字で「一、二、三」と書かれていたら採用担当者は違和感を覚えます。また、一人称が「私」なのか「僕」なのかバラバラでも読みにくい印象を与えます。しっかりとした書類の場合は「私」を使うようにすると無難でしょう。学歴を記入する際には中学校卒業から書くようにします。高校生の場合、「高校」ではなく「高等学校」と記入するようにしましょう。志望動機や自己PR欄は大人でも書くのが難しい項目ですが、空欄で出してしまうとやる気を疑われてしまいます。事故PRを含めて200字ほどの適度な文章量でしっかりと自分を見つめた結果を埋めるようにしましょう。

ページトップへ