深夜(夜間)

チューイチ

深夜(夜間)のバイト・アルバイト・パートの求人情報

深夜(夜間)のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。1日4時間以内(短時間)OKの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    コンサルタントの給与は、請け負う業務内容によって異なりますが、比較的高額が期待できる職業です。さらに外資系経営コンサルタント会社の場合、より給与が高い傾向にあります。業績連動型賞与を設定している会社や、会社の業績によって通常の給与にプラスして支給する場合もあります。勤務場所は自社オフィスのほか、クライアントの会社内にオフィスを提供されるケースも少なくありません。勤務時間はクライアントに合わせなければならないため、仕事によっては土曜日、日曜日の対応もあります。企業の経営層とかかわることの多い仕事なので、身だしなみや言葉遣いに気をつけましょう。スキルや経験を重視される仕事のため、性別や年齢問わず幅広い人々が活躍している仕事です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    アパレル産業(ファッション・服)の正社員は、衣料品の企画から販売まで、さまざまな仕事に携わることになります。自分が携わった商品を街で見かけたときなど、大きなやりがいや喜びを感じられることでしょう。ショップ店員は、販売するブランド服をコーディネートして着用することが多く、社員割引制度を利用して低価格で購入できる店舗もあります。最新の流行に触れながら自分のファッションセンスを磨くことができます。さまざまな人とかかわることが多いので、人脈も広がるでしょう。将来、独立して自分のショップを持ちたいと考えている人は、小売業の知識の証明になる販売士検定の資格があるとプラスになります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    アパレル産業(ファッション・服)の正社員には、大きく分けて服を販売する業務と生産業務があります。販売業務は独立店やファッションビルの中、通販などで行います。店員から店長への昇格や、企画・開発担当ならヒット商品を生み出したり、デザイナーなら自社ブランドの確立などに貢献してキャリアアップを目指せば、給与アップにつながります。販売員の業務は一般の買い物客が増える土曜日・日曜日、祝日などの出勤が多い傾向があります。ファッション業界のトレンドが移り変わる回転は速い傾向にあります。担当業務にかかわらず、最新の情報を把握し、仕事に活かしていくことも心がけておきましょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    アパレル産業(ファッション・服)の企画や販売の仕事は、未経験者でもはじめることができます。一方、ファッションデザイナー・パタンナー・ソーイングなどの業務は、服飾の知識やスキルがあることが望ましく、服飾関係の専門学校を卒業している人か、経験者が優遇されます。店頭販売業務はお客様に合った商品を提案するので、お客様の心をつかむ話し方や接客マナーが必要です。企画業務では市場動向を読み取る力やアイデア力が求められます。いずれにしてもアパレル業界では、いち早くトレンドを取り入れて、商品を企画・販売・製造する能力が求められます。アルバイトスタッフが多い現場なので、新人教育や指導力も必要です。

面接ここが大事

point1

責任感あります

深夜バイトは居酒屋などの飲食店のほか、24時間営業のコンビニやファミレス、イベントの設営スタッフや閉店後のお店やビルの清掃、工事などの仕事があります。深夜に仕事ができる人は限られ、公共交通機関も動いていない時間帯ですから基本的に代替性が効きません。遅刻や欠勤をしないことが望まれます。イベント設営のように大量のスタッフが動くこともありますが、一般的には1人や数人で任される業務も多くなっています。あらゆる業務を多彩にこなし、突然のトラブルにも臨機応変に対処できるような責任感が強くしっかりした性格であることをアピールしましょう。忍耐力を持って真面目に取り組めることも、アピール材料です。
point2

夜間勤務可能をアピール

深夜バイトの代表と言えばコンビニバイトかと思いますが、面接の際の注意点をいくつか紹介しましょう。まず一番大切なのは、面接時のあいさつや態度、言葉遣いです。これらが悪い人には時間を守れない人が多くいるため、雇う側は敬遠するケースが多いと言えます。次に、深夜でも元気に明るくきびきび働ける人、笑顔が素敵な人、お客様の質問にしっかり答えられる人をお店は必要としているため、その事を念頭に置いて面接に臨むと採用に結びつくと思われます。
point3

遅刻・欠勤、ありません

深夜バイトはコンビニやカラオケ店、居酒屋などの飲食店、工場のアルバイトなどさまざまな業種があります。深夜バイトは時給も高めになるため、学生などを中心に人気です。ただ昼夜逆転の生活であったり、不規則な生活を強いられることになりますから、体調を崩しやすい事もありますので、できれば体力がある方が好ましいと言えるでしょう。また深夜の時間帯に仕事に入る事ができるスタッフ・人員は基本的に少ないものですから、原則遅刻や欠勤が少ない方が望ましいです。面接では体力があるという点を自己PRに加えたり、遅刻や欠勤はせず、真面目に勤務していきたいという姿勢をアピールしておくと好印象を与えることができます。

ワンポイントアドバイス

深夜(夜間)は、お客様も少ないので日中によりも業務に集中できます。時給も比較的高く、まとまった時間で仕事ができるので、短期バイトでも長期バイトでもオススメです。

深夜の社員・正社員の求人情報
ページトップへ