深夜(夜間)

チューイチ

深夜(夜間)のバイト・アルバイト・パートの求人情報

深夜(夜間)のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。1日4時間以内(短時間)OKの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    深夜(夜間)にできる仕事は、ファミリーレストランや飲食店、居酒屋のホール仕事、カラオケ店のサービススタッフ、ビルの清掃業務、ホテル、インターネットカフェ、深夜の工事作業員、警備員、閉店後のデパートのディスプレイ業務などがあります。22時以降にも勤務するため、18歳以上が対象となります。コンビニエンスストアやレンタルビデオ店などは、昼間に比べお客様の数も少なく、レジ対応や接客に追われることがありません。さらに、深夜手当等で給与が日中よりも高くなります。未経験者からでもはじめやすく、夜型の人や夜間の勤務が可能な人にとっては、稼ぎやすく働きやすい仕事といえそうです。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    深夜(夜間)の仕事のメリットは、まず時給が高いという点が挙げられます。昼間の時給から25%アップすることが労働基準法で義務づけられているため、短時間の労働で多く稼ぎたい人にとってはとても効率のよい仕事の1つです。コンビニエンスストアやファーストフード店など接客が主な業務では、お客様の数が日中に比べ少ないので深夜のほうが落ち着いて仕事ができます。コミュニケーションが苦手という人には、倉庫内の仕分け作業やホテルのベッドメイキングもあります。簡単な仕事が多く、これまでアルバイトの経験がない人や職種未経験者でもはじめやすいです。日中は自由な時間が作れますので、学生は学業との両立も可能です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    深夜(夜間)の仕事は、人が寝ている時間に起き、人が起きている時間に寝るという生活パターンになりますので、人と会う機会が減ります。昼夜逆転してしまうため、人によっては生活リズムに慣れるまで体調を崩しやすくなってしまうでしょう。深夜(夜間)の工事現場の仕事は、ほかの深夜バイトと比較しても時給が高い仕事の1つですが、ケガの危険があるため、事前に保険の有無などはしっかりと確認しておきましょう。警備員の仕事は立ちっぱなしのことが多いうえ、季節や天候により体への負担が変わってきます。簡単な仕事から肉体労働など、さまざまな業務がありますが、深夜(夜間)の仕事は常に体調管理に心がけることが必要です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    深夜(夜間)勤務を募集する求人は、スキルや資格をとくに必要とせず、誰でも簡単に覚えられる仕事が多いでしょう。たとえば飲食店やカラオケ店などは、接客業を基本とするホールの仕事と調理や洗い場を担当するキッチンの仕事に大きく分けられます。いずれもお客様の数がピーク時間帯より少なくなりますので、業務量が減少する傾向にあります。お酒が入ったお客様が来店して、トラブル処理能力が必要とされるケースも多いです。工事作業員や警備員の仕事は、屋外での立ったままの作業が多く、雨の日や冬の寒い日はとくに厳しい環境になりますので、体を動かすことが好きな人に向いている仕事といえます。

面接ここが大事

point1

責任感あります

深夜バイトは居酒屋などの飲食店のほか、24時間営業のコンビニやファミレス、イベントの設営スタッフや閉店後のお店やビルの清掃、工事などの仕事があります。深夜に仕事ができる人は限られ、公共交通機関も動いていない時間帯ですから基本的に代替性が効きません。遅刻や欠勤をしないことが望まれます。イベント設営のように大量のスタッフが動くこともありますが、一般的には1人や数人で任される業務も多くなっています。あらゆる業務を多彩にこなし、突然のトラブルにも臨機応変に対処できるような責任感が強くしっかりした性格であることをアピールしましょう。忍耐力を持って真面目に取り組めることも、アピール材料です。
point2

夜間勤務可能をアピール

深夜バイトの代表と言えばコンビニバイトかと思いますが、面接の際の注意点をいくつか紹介しましょう。まず一番大切なのは、面接時のあいさつや態度、言葉遣いです。これらが悪い人には時間を守れない人が多くいるため、雇う側は敬遠するケースが多いと言えます。次に、深夜でも元気に明るくきびきび働ける人、笑顔が素敵な人、お客様の質問にしっかり答えられる人をお店は必要としているため、その事を念頭に置いて面接に臨むと採用に結びつくと思われます。
point3

遅刻・欠勤、ありません

深夜バイトはコンビニやカラオケ店、居酒屋などの飲食店、工場のアルバイトなどさまざまな業種があります。深夜バイトは時給も高めになるため、学生などを中心に人気です。ただ昼夜逆転の生活であったり、不規則な生活を強いられることになりますから、体調を崩しやすい事もありますので、できれば体力がある方が好ましいと言えるでしょう。また深夜の時間帯に仕事に入る事ができるスタッフ・人員は基本的に少ないものですから、原則遅刻や欠勤が少ない方が望ましいです。面接では体力があるという点を自己PRに加えたり、遅刻や欠勤はせず、真面目に勤務していきたいという姿勢をアピールしておくと好印象を与えることができます。

ワンポイントアドバイス

深夜(夜間)は、お客様も少ないので日中によりも業務に集中できます。時給も比較的高く、まとまった時間で仕事ができるので、短期バイトでも長期バイトでもオススメです。

深夜の社員・正社員の求人情報
ページトップへ