深夜

チューイチ

深夜の正社員/契約社員の求人情報

深夜の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。学歴(高卒)不問の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    深夜の仕事は、警備員や長距離ドライバー、居酒屋などの深夜まで営業している飲食店や24時間営業の店舗などがあります。警備員は、夜のオフィスビルや商業施設、大学などの監視や警備を行う仕事です。長距離ドライバーは、主に大型トラックを運転して荷物を運搬します。夕方や夜に荷積みをして出発し、明け方に目的地に到着する場合が多いです。居酒屋などの飲食店の場合は、お客様の注文を聞いたり料理を運んだりといった接客を行うホール担当と、料理やお酒を作るキッチン担当に分かれて仕事を行います。コンビニエンスストアやネットカフェなどの24時間営業の店舗では、販売やカウンター業務などを中心に清掃や棚の整理など細かい作業も発生します。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    深夜に社員として働くメリットは、自分なりのライフサイクルを大切にできることです。基本的には、朝が弱い夜型の人に向いています。また、たいていの場合は夕方や夜から勤務がはじまるので、それまでの時間を有効に活用することが可能です。仕事までの時間を利用して勉強することで資格取得も目指せ、将来的なキャリアアップにもつながります。さらに、深夜に働く場合は深夜手当がつくなど給与面でも優遇される傾向があります。日勤よりも効率よく稼げる場合も多いため、やりがいにもなります。店舗での勤務の場合は、深夜は日中に比べてお客様の数も少なくなる傾向になるため、ゆとりを持って勤務することも可能です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    深夜勤務の社員の場合は、深夜手当や深夜割増などで給与が高くなるなど、日中に働くよりも待遇がよくなる場合が多いです。警備員やドライバーの場合はあまり人と接する機会がなく、一人で黙々と仕事を行う場合が多いですが、接客販売業の場合はさまざまな人と接する機会があります。深夜に働くスタッフは男性が多い傾向にありますが、年代は幅広く、学生のアルバイトスタッフからシニア世代まで、さまざまな人がいます。大きな都市では深夜営業や24時間営業の店舗が多いので、働きやすい場所で仕事を探すことが可能です。仕事を続けていると夜型の生活になるので、自分なりのライフスタイルの確立が大切です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    深夜勤務の仕事は職種によって資格やスキルが必要かどうか変わるため、事前に確認が必要です。たとえば、長距離ドライバーの場合はトラックを運転することが多いため、大型運転免許が必要です。長時間運転することが仕事となるため、運転が好きという人により向いているでしょう。また、飲食店で調理を担当する場合は、調理師免許を取得していると優遇されることが多いようです。基本的な調理の知識や技術、調理師としての経験があるとアピールポイントにできます。販売や接客業では、言葉遣いや接客態度が重視されます。そのため、これまでに接客対応をしたことがあれば、業種が異なっていても役に立ちます。
深夜(夜間)のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ