イベントスタッフ

チューイチ

イベントスタッフのバイト・アルバイト・パートの求人情報

イベントスタッフのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。イベントスタッフの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容(バイト内容)
    イベントスタッフのアルバイトは、コンサートやスポーツの試合、展示会などのイベントの手伝いをするのが主な仕事内容です。イベント当日の来場者の誘導や会場案内、会場整理、グッズ販売の他、イベント開催前の設営や機材搬入などを行うこともあります。 どのような仕事をするかは、担当するイベントの内容によって変わりますが、仕事を始める前にしっかりと説明がありますので初めてでも安心してください。ただ、同じような仕事を沢山やっていると次に何をすべきかが分かるため、より早く効率的にこなすことができるようになるでしょう。 体力を使う仕事が多いので、体を動かすのが好きな人に向いている仕事です。お祭りごとやその準備が好きという人は、より楽しめるのではないでしょうか。イベントを準備・運営し成功させることは、非常に達成感の得られる仕事でもあります。アルバイト同士で協力して行う作業も多いため、友達が出来やすいのも魅力の1つです。
  • スキルや資格
    イベントスタッフの仕事は、お客様の笑顔のために仲間と協力し、フォローし合うことでやりがいを感じながら働くことができる仕事です。仲間と一致団結してイベントを終えたときには、大きな達成感を味わえるでしょう。開催地もさまざまですので、いろいろな場所に行く機会があります。自分の趣味に関するイベントでの業務や、多くの人と出会う楽しさがあります。また、普段は見られないイベントの裏側を見ることもできるかもしれません。大きな魅力は、間近で有名人が見られることや生の演奏・歌が聞けること、目の前でスポーツが見られることなど、仕事をしながらもお得感があることです。今まで触れてこなかったことにも触れる機会となることで、音楽やスポーツに関する知識を深めることもできます。
  • 働くメリット・やりがい
    イベントスタッフの仕事は業務によってさまざまですが、基本的に大人数で仕事を行う現場が多く、スタッフ同士での連携関わりも深くなります。また、イベントに来たお客様と接する機会も多くあるでしょう。勤務期間は、1日限定の日雇いや数週間の短期間アルバイト、シフト制の長期間アルバイトがあり、勤務時間も半日から1日がかりの仕事が多いです。イベントの開催は、土日祝日や長期休暇中に集中しやすいため、学生やフリーター歓迎の募集が多くなり、高校生も対象の募集があります。給与形態は時給制および日給制が大半で、時給の全国平均は1,284円と比較的高めです。給与の当日支給を行っている企業もありますので、交通費の有無などと併せて、自分に合った条件の募集を見つけましょう。
  • 職場環境・待遇
    イベントスタッフの仕事は、機材の搬入や設営など体を動かすことが多いため、体力がある人が歓迎される仕事です。イベントを1から作り上げていくのが好きな人にとっては、非常に心躍る仕事でしょう。チームでの共同作業が多いので、協調性があることも大切です。困っている人がいたら積極的にサポートしてあげられる人、リーダーシップを発揮できる人が非常に重宝されます。 また、この仕事の魅力は短期でガッツリ稼ぐことができることです。1日働いただけで1万円以上稼げることも少なくありません。また、短期の仕事が多いので、空いた日だけ働きたいという人にピッタリのアルバイトです。同じ仕事を何度も経験することで時給がアップすることもあるため、繰り返し参加する人も多いようです。

バイト体験談

男性
イベントスタッフの一番のあるあるは、やはり開催されるさまざまなイベントのムードをその場で体感できることにあります。もちろん参加者のように楽しむことはできませんが、出演者と遭遇したり、ライブの音が聞こえてきたりと、普通にはチケットが取れないイベントも見ることができます。
男性
イベントスタッフは、お客様として参加してたら見ることのできないイベントの舞台裏を見ることができ、その裏方の1人として携われるのも醍醐味です。あのイベントの裏側に自分はいたんだと、知り合いに自慢することもイベントスタッフのあるあるです。
男性
大きなイベントというのは、そう毎日あるわけではありません。しかし、わずか1日から数日間の仕事でも、しっかり稼げるのが魅力です。単発で仕事をしたい方、短期間に高収入な仕事をしたい方にはオススメです。
女性
イベントスタッフの仕事は、毎日のルーティーンワークではなく、単発で生じるものです。そのため、空いている時間を使って好きなときに仕事ができるのもメリットの1つです。日頃は学校で忙しい方や、本業の合間の副業として活用している人も多くいます。
女性
イベントスタッフの仕事は、会場の設営など肉体労働も多いので、続けていくうちに体力や筋力もついてきます。 また、タイムリミットがある徹夜の仕事も多く、持続力や忍耐力も養えます。チームで仕事をする機会も多いので、チームワークも身に付く仕事です。

面接ここが大事

point1

体力+協調性

イベントスタッフは、単発でできる仕事や有名なイベントに携われる仕事など、興味深い職種です。一方、夜通し行われることもあり、基本的には力仕事となるため、他のアルバイトよりも体力が求められます。面接では体力があることや、忍耐力や持続力があることなど、徹夜作業にも耐えられることや短時間でフットワークよく作業できることをアピールしましょう。また、その都度、設営方法が変わったり、毎回違う指導者の指示を受けて作業にあたらなければなりません。チームワークがとれる協調性や、指示をスムーズに理解して行動できる理解力の良さなども求められます。どんな人とでも和やかに仕事ができることをアピールすると、面接に受かりやすくなるでしょう。
point2

ポジティブに答えよう

イベントスタッフの仕事にはさまざまなものがありますが、見た目と比べてハードワークなものもあります。自分が働きたい職場のイベントがどんなものなのか、自分の体力で続けられそうなのかということを事前にチェックしておくと良いでしょう。また、面接の際に面接官が前のバイトを辞めた理由などを聞くことがありますが、これはあなたの人となりを知るためです。辞めた理由が、これからの仕事にも当てはまるかどうかということをチェックしている時もあるので、この質問にはポジティブな答えを返すべきでしょう。例えば、「以前の仕事も好きだったのですが、このイベントのスタッフとしてどうしても参加したいという気持ちが強くなったため応募しました」などがオススメです。
point3

連携力をアピール

イベントスタッフはアーティストのコンサートや講演会、フェスティバルなどさまざまなイベントのサポートをする短期間のアルバイトです。イベント当日だけでなく、1週間前からや前日からなど、さまざまな期間での求人ですが、基本的にイベントを無事に完了させるまでが主な仕事となります。1つのものを大勢のスタッフで作り上げていくため、快活さ、やる気やコミュニケーション能力はこの仕事に必須です。連携をとりながらイベントを成功させてきた実績などがあればアピールしましょう。また、多くのパートに分かれて仕事をするため、自分の役割をしっかりとこなせる責任感も必要です。コツコツと努力を惜しまない姿勢も訴えることで、信頼を得ることができるでしょう。

ワンポイントアドバイス

イベントスタッフの仕事は、イベントごとが好きな人に適したアルバイトです。運が良ければ、自分の好きなアーティストのコンサートの仕事に携わることもあり、仕事をしながらコンサートを観ることができる可能性もあります。場所によっては何度も仕事に入ると希望のイベントに参加できたり、仕事内容を変えてもらったり、時給が上がることもあるようなので、働くほど得するアルバイトと言えそうです。

イベントスタッフの社員・正社員の求人情報
ページトップへ