試験監督・試験官

チューイチ

試験監督・試験官のバイト・アルバイト・パートの求人情報

試験監督・試験官のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容(バイト内容)
    試験監督・試験官の仕事は複雑ではありませんが、ただボーっと立っていれば良い仕事でもありません。 主な仕事は、試験開始前の誘導に始まり、試験の説明、試験中の監視や質問・トラブルの対応、答案回収などです。試験の設営から撤収まで、すべてに関わることもあります。問題用紙や解答用紙に不備があった際に、訂正箇所を板書することも大切な仕事の1つです。 試験が始まれば、教室内を歩いて不正がないか、質問がないかを集中して監視します。手が挙がればすぐに対応して、受験生の時間をあまり取らせないようにしましょう。重要な試験の場合は、不正等を防止するため、マニュアルによって説明や配布の仕方まで統一することもあります。不正を発見した場合は、それをメモしておいて合否会議にかけられます。
  • スキルや資格
    試験監督・試験官は、複雑な仕事ではないため、はじめてでも働きやすいことがメリットの1つです。また、よほどのことがない限り勤務予定時間は変わりませんので、前後のスケジュールを立てやすい仕事です。試験時間中は椅子に座っている場合や立っている場合、歩き回る場合がありますが、いずれもそれほど辛いものではありません。そのうえ、給与面を高めに設定している雇用先が多いことも、大きなメリットといえます。単発での募集が多いため、学業の合間やほかのアルバイトをかけ持ちしながら勤務しやすく、時間を有効に使えるでしょう。さらには、自身の就職試験の際に試験監督・試験官の仕事経験があることを伝えますと、まじめでしっかりしたイメージを採用担当者に持たれ、好感度が上がる場合もあります。一生懸命、試験に挑んでいる人たちの姿を見ることも、自分自身にとって何かのきっかけややりがいにつながりますので、人によって給与以外のものを得られることがあります。
  • 働くメリット・やりがい
    試験監督・試験官の仕事は時給・日給が高めのところが多く、雇用先によっては勤務したその日に給与を支給するところもあります。試験内容によってさまざまですが、受験する学生や雇用先である教育関係の講師、担当者と接することになります。勤務地は教育関連施設や各地の試験会場で、立ったままの業務やパイプ椅子に長時間座っての業務の場合もあります。勤務時間は試験のはじまる前の早朝から夕方までの時間帯が多く、塾が主催する試験ですと夕方から夜間までになることもあるでしょう。仕事中はスーツ着用も多く、アクセサリーや髪の毛の色を制限するなど、身だしなみにも注意が必要です。勤務している人の年齢層はさまざまですが、学生も数多く頑張っています。
  • 職場環境・待遇
    試験監督・試験官は、試験が滞りなく進行し、不正がないかを監督するアルバイトです。試験官は半日で終わるものもあれば、1日拘束されるものもあります。その分、報酬はしっかりと払われます。一般的なアルバイトと比べても同水準もしくは少し高めに設定されているところが多いようです。受験シーズンには大量の募集があります。資格などは特に必要ないので、単発で働く仕事として狙い目です。 センター試験など、早い時間から開始される試験は、その準備のために早く集合する必要があります。朝早くに起きなければならず、試験も時間きっかりに始めなければなりません。そのため、時間をしっかりと守れる人が望まれます。受験生たちの大切な答案をあずかる身ですから、責任感も問われる仕事です。

ワンポイントアドバイス

試験監督・試験官は、不正を見つけるために監視しているわけではありません。不正をさせないために監督をしています。不正を計画していても、不審な態度をとっていても、監視の目があることで思い留まらせることも可能です。足を踏み外させないためにも、しっかりと監視の目を光らせておくことが大切です。

試験監督・試験官の社員・正社員の求人情報
ページトップへ