予備校

チューイチ

予備校のバイト・アルバイト・パートの求人情報

予備校のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    予備校での仕事は、予備校講師・教務スタッフ・受付業務・一般事務などがあります。予備校講師は、生徒たちが希望の学校に入学・資格試験に合格できるように授業で担当科目を指導するのが主な仕事です。そのほかにも質問応対や、面談などの業務もあります。教務スタッフは、入試情報の提供や学習計画のアドバイスなどを行います。受付業務は、予備校の窓口で試験などの申し込み受付け、問題集の販売、インフォメーション業務などを行います。一般事務は、データ入力や伝票整理、電話応対などが主な仕事です。予備校講師は、生徒によい授業を提供するため常に学び続ける心構えが必要です。また予備校を支えるスタッフ達には、ときにプレッシャーを感じている生徒をリラックスさせてあげるような温かい心配りが大切です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    予備校講師の仕事では、自分が好きだった科目など得意分野を活かして働けるのがメリットの1つです。さらに、人気講師になれば担当授業も増えて、収入も上がるでしょう。予備校講師としての経験を重ね、主任や責任者となり、より大きな責任のある立場で働くことも可能です。あわせて、生徒への指導を通して自分自身も成長できると感じることも多いようです。教務スタッフ・受付業務の仕事は、生徒やその保護者と接することが多くあり、ビジネスマナーや人と交流する能力が身につきます。その経験を活かしてキャリアアップしたり、他業種への転職したりすることも可能です。一般事務では、幅広く一般的な事務のスキルを身につけることができるので、さまざまな業種への転職にも役立つでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    予備校講師の時給はエリアや仕事内容によって異なりますが、非常に幅が広く、経験や人気によっても時給に大きな違いがあります。予備校教務スタッフ・受付業務・一般事務の時給もエリアや仕事内容によって異なりますが、他職種よりは高めに設定されていることが多いようです。予備校の仕事では、主に高校生・浪人生など大学試験合格を目指す人たちと、その保護者に接します。勤務時間は9時から18時、13時から22時など、予備校によって違いがあります。予備校講師は男性がやや多い傾向にありますが、女性も多くの人が活躍しています。教務スタッフ・受付業務・一般事務の仕事では、産前産後休業や育児休業実績のある職場もあります。長く勤めたい主婦・主夫、フリーターの人、仕事にブランクがある人にもおすすめです。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    予備校講師の仕事に、特別な資格は不要ですが、予備校により独自の試験を用意している場合もあります。なかには、有名大学の卒業を講師の採用条件にしている予備校もあります。学校での教師の経験やアルバイトなどでの塾講師の経験など、教壇に立ったり、実際に教科を教えたりした経験があると採用面で有利になることが多いようです。教務スタッフ、受付業務、一般事務の仕事にも資格は不要です。教務スタッフは、営業や接客業の経験があれば優遇される場合があります。受付業務は、相手を気遣い、丁寧な応対ができる人が求められ、販売接客業などの経験を活かすことができるでしょう。受付業務と一般事務は、基本的なパソコンスキルを求められる場合が多いです。
予備校の社員・正社員の求人情報
ページトップへ