家庭教師

チューイチ

家庭教師のバイト・アルバイト・パートの求人情報

家庭教師のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。家庭教師の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容(バイト内容)
    家庭教師の主な仕事内容は、生徒の自宅を訪問して勉強を教えることです。学力が維持できている大学生はもちろん、社会人のダブルワークとしても人気がある仕事です。家庭教師は週1回から3回程度、生徒宅で授業を行うのが一般的です。家庭教師の目的は生徒によってさまざまです。たとえば、受験を目標に掲げている生徒相手には志望校の対策が中心となります。授業内容も学校の内容を先取ったり、応用問題を手がけたりする頻度が高くなるでしょう。一方、日々の復習を目的にして家庭教師を雇っている家庭もあります。その場合、学校の授業内容に忠実な授業が求められます。リアルタイムで学校で受けている授業の内容を深く理解することに重きを置いて、宿題や課題のサポートをすることもあります。家庭教師の授業の進め方も、生徒の学力や要望によって異なります。専用のテキストを使用して、学校の授業以上に深い内容を勉強するケースもあれば、学校の教材を使って指導するケースもあります。生徒の要望を知り、的確な授業をプログラムするためには、本格的に指導を開始する直前に行うヒアリングが重要です。ヒアリングでは生徒の目標や得意教科、苦手教科を聞き出し、授業計画の作成に役立てます。
  • スキルや資格
    家庭教師のアルバイトは、自分が教えた生徒の成績がアップしたとき、教えた内容を理解してもらえたとき、受験に合格したときなどにやりがいや達成感があります。生徒やその親御さんと一緒に喜びをともに感じることができ、とても大きな充実感が得られます。生徒によって勉強に取り組む姿勢や理解度は異なりますので、わかりやすく教えるためにどうしたらよいかを考えながら教える能力が身につきます。将来、教師を目指している人は大変よい経験になることでしょう。時給はアルバイトのなかでは高いほうで、長時間拘束されることもありませんので空き時間を有効に使えます。特に学生やダブルワークをしたい人にオススメです。
  • 働くメリット・やりがい
    家庭教師のアルバイトは、教える生徒の年齢によって異なりますが、比較的時給が高額な仕事です。特に、大学受験を目指している高校生に教える場合は高くなる傾向があります。基本的には1対1での指導ですので、相手の話をよく聞いたうえで、どのように教えるかを考えることが大切です。保護者との連絡も密にすることで、信頼を得ることができます。勤務地は生徒の自宅になりますので、自分の住んでいるところから遠すぎないほうがよいでしょう。勤務日数や時間は、生徒の希望に合わせます。教えている時間は長くはありませんが、帰ってから次回教える内容の予習や課題作りの準備をする必要があります。働いている人は性別を問わず20代から30代ぐらいの人が多いです。自分の担当の生徒に長期間教えることになりますので、信頼関係を築くための努力が必要不可欠だといえるでしょう。
  • 職場環境・待遇
    大学受験や名門中学校、高校の受験をひかえた生徒に向けて教える場合は、比較的高い学力や学歴が要求されますが、一般的な小学生・中学生をターゲットとしている場合は高い学歴を要求されることは少ないです。家庭教師は学力が高ければよいというわけではなく、教える生徒の立場になって丁寧にわかりやすく教える技術が必要となります。たとえ先生の学力が高くても、教え方が下手では生徒の学力は上がりません。数学、英語、理科(主に第一分野)など、理系科目が得意な人は優遇されることもあります。人と話すのが好きな人、まじめでコツコツと仕事に取り組むことができる人、授業の計画をしっかり立てられる人に向いています。

求められる学歴・学力

家庭教師のアルバイトでは、「自分も高い学力を持っていなければ指導などできないのでは?」と不安になる人もいるでしょう。また、家庭教師の派遣会社にも「有名大学出身の人材ほど優遇されるのではないか」という疑問も抱きがちです。確かに、派遣会社の登録条件としては「大学生または大学卒業者」という記載がよく見られます。しかし、この条件はあくまでも最低限の学力を見極めているにすぎず、大学の偏差値や名前まで気にしている派遣会社ばかりではないでしょう。なぜなら、家庭教師に優先される能力は単純な学力以上に指導能力や対話力だからです。生徒のモチベーションを上げて学力を高めるには、教師との相性が重要です。どんなに勉強ができる教師でも、生徒のやる気を奪うような指導しかできないのなら家庭教師には向いていないといえます。逆に、学生時代の成績がイマイチだった人でも専用のテキストに従って指導をし、生徒と良好な関係を築けば優秀な家庭教師になることも可能です。

小学生の家庭教師の仕事

小学生の家庭教師は、中学生や高校生よりも指導内容は特殊である場合が出てきます。たとえば、中学受験を控えている生徒相手に受験対策を行うなら、高校受験や大学受験の対策に似た点もあるでしょう。志望校のレベルと日程を逆算し、合格できるまでの学力が身につくよう指導していきます。しかし、小学生の家庭教師への保護者からの要望として、「学習習慣を身につけること」という場合があります。小学生は勉強の大切さを理解していないことも少なからずあり、予習復習はもちろん最低限やるべき宿題さえも自分からは手をつけられない生徒も存在します。そこで、家庭教師の指導によって毎日勉強をする習慣を身に着けるところから始める場合もあります。こうした生徒だと、そもそも勉強へのモチベーションが低く、初期段階では協力的な姿勢を見せてくれないこともあります。丁寧に鉛筆の握り方や椅子に座る姿勢から指導しなければいけないこともあるでしょう。また、勉強することの意味を理解させて、家庭教師が来ない日でも自主的に机に向かう時間を増やす必要が出てきます。ただし、子どもが好きな人にとっては密接なコミュニケーションが取れるので楽しい仕事だといえます。中学生以上とはまた違ったやりがいを見出せるでしょう。

家庭教師の社員・正社員の求人情報
ページトップへ