塾講師・チューター

チューイチ

塾講師・チューターのバイト・アルバイト・パートの求人情報

塾講師・チューターのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。塾講師・チューターの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容(バイト内容)
    多くの塾では「大学生歓迎」と謳われています。これは大学生なら入試に必要な勉強や、義務教育の内容を覚えていると考えられるため、貴重な戦力として活躍が期待できるからです。大学生の塾講師に受験対策を任せる塾も少なからず存在します。大学生歓迎の塾の特長としてはシフトの自由が効くことです。塾側がカリキュラムを緻密に固めている職場では大学生の融通は通りにくく塾の要望に合わさざるをえなくなります。結果、大学生が講義に出られなくなったり就活を行う時間がなくなったりするデメリットが生じがちです。しかし大学生の都合に合わせてシフトを組める個別指導塾などでは、生活に支障をきたさず勤続できるでしょう。授業と授業の間に塾へ顔を出して1コマだけ働いて大学に戻ることも可能なのです。夏休みを利用した短期バイトも効果的です。小中学生が生徒の大半で、大学生にとっては授業の難易度が低い塾も歓迎されやすい条件です。授業の予習復習に時間を取られることが少ないので心身の負担が軽減されます。サークルや部活、他のアルバイトと掛け持ちしても余裕が残る職場も探せば見つかるでしょう。一方で、大きな責任を背負って教壇に立つことを強いられる塾も存在するので、応募する前に塾の雰囲気を見極めることは大切です。
  • スキルや資格
    塾講師・チューターのアルバイトは、夢や目標に向かって前向きに努力をしている生徒たちのサポートをする仕事です。成績や科目への理解度が上がったり、希望の学校に合格したりして生徒やその親御さんから感謝されれば、達成感や充実感でいっぱいになります。将来、教師になりたい人にはよい経験になり、要点をわかりやすく説明する能力やプレゼンテーション能力も鍛えられるでしょう。大手の塾では、指導科目が分業制で行われていることが多く、自分が得意な1科目に専念した授業をできる場合があります。時給は一般のアルバイトより高く、個別授業より受けもつ人数の多い集団授業の方が、さらに給与が高い傾向にあります。
  • 働くメリット・やりがい
    塾講師・チューターのアルバイトは、担当する生徒の人数によって増減はありますが、基本的には短時間で高額の時給が期待できる仕事です。塾にもよりますが、時給はコマ単位で計算されることがあり、その前後にある準備時間などは授業とは別の時給計算になることがあります。主に接するのは生徒ですが、親御さんからの信頼を得ることも必要になってきます。塾は生徒が通いやすいようにアクセスのよい場所にありますので、通勤はしやすいことが多いでしょう。勤務時間以外にも、準備や授業内容の予習などで作業が必要になる場合もありますので仕事量は多いです。働いている人は、性別問わず大学生から30代ぐらいまでの人が多い傾向にあります。
  • 職場環境・待遇
    塾講師・チューターのアルバイトには、特別な免許や資格は必要ありません。未経験者でも勤めることができますが、大学卒業以上(または在学中)が採用の条件となっていることが多いです。大学生は、高校や中学で学んだ授業の記憶が新しいため、即戦力として歓迎している塾も多くあります。教える対象となる生徒は、小学生から大学受験を控えた高校生までと幅広いです。教員免許を持っていると採用されやすい傾向にあります。日頃から自分自身も勉強をし、学力や知識を蓄えておく必要があります。塾講師は大勢の生徒の前に立って教えますので、人前で話すことが得意な人や度胸のある人は向いているでしょう。

オススメの塾講師バイト

塾講師は学生のアルバイトにも主婦のパートにも人気の仕事です。その仕事内容は塾の種類によって大きく異なります。学習塾と呼ばれる塾では複数の生徒を相手に授業を行うことが求められます。授業内容は主に学校の勉強の予習であり学校よりも早くカリキュラムを進めることによって受験や定期テストの対策を行います。同じく集団指導がメインでありながら、より入試対策に特化したのが進学塾です。進学塾では偏差値をひとつの指針として生徒の学力を向上させ志望校の合格を目指します。クラスも志望校の難易度によって分かれていることが一般的です。また、講師と生徒が1対1で授業を行う個別指導型の塾も増えています。多くの個別指導の目的は学校の授業についていけていない生徒の課題を集中的に克服することです。集団指導の中では取り残されがちな生徒のために設けられたシステムだといえます。多くの場合進学塾は時給が高く個別指導の時給が低い特徴が見られますが、塾によって労働条件は異なるため就業前に確認することをオススメします。学校教員とは違い塾講師には特別な免許や資格は必要ありません。未経験者でもある程度の学力があれば始められる仕事で、地域や年代を問わずに人気があります。

志望動機の書き方・話し方

履歴書や面接でもっとも注目される項目が「志望動機」です。志望者のやる気や職業適性を知るために、どんな採用担当者も熱心に目を通す文章ですので、手抜きがないように書きましょう。志望動機はありのままを書くに越したことはありませんが、印象が悪くなる例として「なんとなく」としか感じられないというパターンです。志望動機がよくわからないと、他の条件が適していても採用担当者から敬遠されてしまう恐れがあります。明確な志望動機として、たとえば「お金のため」や「人に教えるのが好き」といった本音でも大丈夫です。実利的な理由も、感覚的な理由も、はっきりとしたモチベーションになっているのなら熱心に働いてくれるだろうと採用担当者は考えます。その他、塾への思い入れや、子ども好きな面をPRするのもいいでしょう。志望動機を面接で話すときには、とにかく自信を持つことが大切です。自信のない態度だと嘘をついているように思われてしまい、ネガティブに作用します。姿勢を正して面接官の顔を真っ直ぐと見据えながら話すだけでも自信が宿っているように見えます。また志望動機は高確率で面接でも聞かれる項目なので、履歴書の内容を踏まえて矛盾のない話を目指しましょう。

塾講師・チューターの社員・正社員の求人情報
ページトップへ