ベビーシッター

チューイチ

ベビーシッターのバイト・アルバイト・パートの求人情報

ベビーシッターのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    ベビーシッターの主な仕事には、子どものお世話や、家事の手伝いなどがあります。具体的には乳幼児から小学生までの子供の身の回りのお世話をします。乳幼児のオムツ替えや離乳食などのお世話をはじめ、子供に本の読み聞かせなどして一緒に遊ぶことや、部屋の掃除や洗濯、スーパーで日用品や食料品などを買ってきてくれるよう頼まれることもあります。子どもが好きな人や身の回りのお世話をすることが好きな人には最適な仕事といえるでしょう。バイトやパートの場合でも、徐々に仕事に慣れてくれば保育園などの送り迎えや家庭教師的な役割も任されるケースもあります。ベビーシッターの仕事は子育てに関する幅広い知識や経験が必要であり、保護者の方との連携プレーも求められる責任重大な仕事といえるでしょう。ベビーシッターの仕事をするために特に資格は必要ありませんが、保育士資格や幼稚園教諭の免許状、民間資格である認定ベビーシッター資格の取得者の方が優遇されるケースもあります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    1日だけや短期間だけの場合もありますが、お客様の状況によって長期間同じ子供のお世話をすることもあるため、子供の成長を近くで見ることができ、成長のきっかけを作ってあげることもできます。時間をかけて子供と向き合っていけることが、この仕事の大きな魅力でしょう。さらに、自分が頑張って働くことで、子供だけでなく保護者やたくさんの人たちを笑顔にすることができ、自分自身が誰かに必要とされているという実感を味わうこともできます。しっかりと仕事をこなしていけば、保護者との信頼関係を築くことができますし、次にまた依頼をしてもらえることもあります。お客様や会社から頼りにしてもらうことができれば、依頼の数は増え高収入も目指せる仕事です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    アルバイトとして仕事をする場合、1日のうちの決まった時間だけ働くことが多く、フルタイムで働くことは少ないでしょう。勤務先のなかには、夜や深夜に働くママのための託児所もあります。資格がない人や未経験の人でも採用されるチャンスがあり、短時間での勤務ができるので、時間に制限がある主婦・主夫が多く活躍しています。また、結婚や出産で退職した人たちの再就職先としても向いている仕事といえるでしょう。経験者や資格を持っている人は時給がアップするところも多く、子育て経験がある人にも手当てがつく場合があります。勤務場所はお客様の自宅、保育所や託児所のほか、撮影スタジオの求人もあり、幅広い年代の方を募集しています。職場によって給与や研修内容などが異なるので、自分に合った環境を選ぶとよいでしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    ベビーシッターのアルバイトやパートは、資格を必要としない場合が多く、未経験でも挑戦しやすい仕事です。依頼者の自宅に出向いて働くことが大半で、育児の経験がある人や家事全般が得意な人にとっては、主婦・主夫としての知識や経験を活かしながら活躍することができるでしょう。ただし、なかには複数人の子供の世話をするような施設で働く場合もあり、そういった場合には「保育士」や「幼稚園教諭」の資格が必要となることもあります。また、求人の必要条件にはなくても、資格を持っている人が採用面で優遇されることがあるかもしれません。依頼者の自宅に出向く場合も、施設で働く場合も、子供という大切なものを預かる仕事なので、高い責任感が求められます。

時間帯別の仕事

ベビーシッターの仕事は、正社員の場合、9時から18時ごろまで日勤として働くことが多いですが、バイトやパートの場合では働く時間帯は大きく異なってきます。例えば、午前中のみの勤務や、午後から寝かしつけまで働くベビーシッターもいます。さらに最近では24時間対応できる会社も増加しているため、深夜から早朝まで働くこともできます。日中帯で働く時には屋外で子どもと遊ぶこともありますので、学生など年齢的に若く体力がある人には向いているでしょう。また夜間帯で働く時には乳児の寝かしつけや夜泣きなどのお世話も任されるケースもありますので、子育ての経験者の方が優遇される傾向にあります。 ベビーシッターの利用料金は午前中が低く、深夜帯が最も高くなっています。したがってベビーシッターの時給も夜間帯から早朝が一番割高です。休日勤務や複数の子どものお世話も任される場合などにも時給が高くなることもあります。 正社員と比べてバイトやパート勤務の場合では、自分の空いた時間で働くことができるのが大きな特徴です。自分の子どもが学校に行っている数時間だけ働いたり、平日は他の仕事をして休日のみ働いたりする、いわゆるダブルワークとして働くことも可能です。

ベビーシッターの社員・正社員の求人情報
ページトップへ