ベビーシッター

チューイチ

ベビーシッターの正社員/契約社員の求人・募集情報

ベビーシッターの社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。ベビーシッターの仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    ベビーシッターの仕事は、保護者に代わって子供の面倒を見ることです。保護者の都合で子供の面倒が見られないときや、子供が体調不良で通園・通学ができず保護者も仕事を休めないときなどに、代わって面倒を見る仕事です。依頼した人の自宅で食事や排せつのサポート、遊びやお昼寝などが1日の流れです。体調が悪い子供の場合は医療機関への受診に付き添い、自宅で看病をしてあげます。あらかじめ保護者からいつもの子供の様子を聞いておくことが大事です。アレルギーや注意事項などは子供によって異なりますので、必ず確認しましょう。保護者の依頼によって仕事内容はさまざまですが、本来保護者が行うことの代わりをしてあげるのがメインです。保護者が帰宅したら、子供の1日の様子をしっかり報告しましょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    保育園や幼稚園では大勢の子供を相手にするのに対し、子供と1対1で接するため一人ひとりと向き合うことができます。1歳未満の赤ちゃんから小学生まで幅広い年齢の子供のお世話を経験することが多く、年齢に応じたかかわり方を発見できるでしょう。ベビーシッターは困っている両親の手助けをすることで、頼りにされる仕事です。保護者から「ありがとう」と感謝されたときにはとてもうれしい気持ちになるでしょう。共働きの夫婦や核家族化が進行していることで、ベビーシッターの需要は高まっています。経験を積むとともに子供に関する資格を取得していくことで、自身の活躍の幅を広げることが可能になるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    親が仕事のため子供の面倒を見ることができなくなることが多い平日に、ベビーシッターの業務は発生しやすいといえます。しかし、家庭によっては土日にベビーシッターをお願いしたいという場合もあります。「土日のみ働きたい」「週3回程度働きたい」といった希望を聞いてもらえる場合も多く、掛け持ちをしている場合でも融通が利きやすい仕事です。また、産休と育休制度も整っている事業所も多いです。そのため子供がいる人や家庭がある人でも長く働き続けることができます。子供が保育園や学校に通っている間だけ働く、扶養内での勤務など、家庭の都合に合わせた働き方の調整も可能です。ほかにも、子供とかかわる仕事である以上、自身の体調を万全に整えておく必要があるため、事業所によってはスタッフの予防接種費用の補助制度が整っていることがあります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    ベビーシッターの仕事は、資格が必須ではない場合も多いです。ただし、求人では子育ての経験がある人や幼稚園・保育園での実務経験が1年以上ある人を対象にすることもあります。とくに小さな子供は人見知りすることもあるため、子供との距離を縮められるような経験が必要となる場合も多いです。資格以外にも、観察力と責任感が求められます。大切な子供を保護者に代わって世話をするため責任感が必要となるのはもちろん、子供が怪我をしないか、何か異変が起きていないかをしっかり見て、最後に保護者に子供の1日をきちんと伝えられるような観察力も重要です。万が一のことがあった場合、自身だけでなく会社にも責任を問われてしまいますので注意しなくてはなりません。また、資格がない場合は就職前に研修を行う事業所が多いです。
ベビーシッターのバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ