保育士・保育園

チューイチ

保育士・保育園の正社員/契約社員の求人情報

保育士・保育園の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。看護師の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    保育士は0歳から小学校就学前までの幼児を養護し、教育する仕事です。幼児とともに体操や工作、歌で遊び、お昼寝や食事の時間を取らせながら一日を進めます。おむつ替えや着替えの手伝いをすることもあります。保育士・保育園が預かる幼児の年齢は幅広く、それぞれの成長に合わせた方法で保育を行う必要があります。傷つきやすい幼児の身体が危険にさらされないように、周囲が常に安全、清潔であるよう点検が欠かせません。保護者との連携も重要です。幼児に変わった出来事があった場合には報告を行い、保護者からの問い合わせを受けた場合には誠実に応じてサポートを行います。離乳食などの特殊な食事に関しても、保護者と相談の上で進める必要があります。 全国的に共働きの家庭は急増しており、それに伴って保育園の利用者数も増加しています。さまざまな勤務時間で働く親のニーズに合わせ、営業時間を延長する保育園も各地で見られます。保育園に勤める場合、非常勤の保育補助であれば資格なしでも受け入れられるケースが存在します。ですが正社員の保育士として入職を希望する場合は試験に合格し、保育士資格を所持していることが必須となります。体力や精神力が試されることもありますが、子どもの成長をそばで見守り育てることにやりがいを感じられる仕事です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    保育士・保育園の仕事は、園児たちの成長を間近で見ながら、その成長をサポートできることに魅力があります。子供好きの人には、とてもやりがいを感じることのできる仕事の1つといえるでしょう。園児たちの元気な姿や笑顔を見ることで、自然と仕事へのモチベーションがアップするようです。現在では待機児童の問題もあり、保育士の仕事は恒常的に人手不足の状態が続いています。責任感、やる気、スキル、そして、何より「子供が好き」という人であれば、保育士の仕事を通じて充実感を得ることができるでしょう。園内で行うさまざまなイベントなどを計画することもあり、イベントが無事に成功したときには、達成感も得られるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    保育士・保育園の仕事は、働く環境によって給与が変わります。保育園には公立と私立があり、給与は公立のほうが高い傾向があります。公立は運営しているのが地方自治体で、私立は法人や民間企業などが経営している保育園です。公立の保育園で働くためには地方自治体の試験に合格する必要があり、就職後は地方公務員扱いになります。公務員なので数年に1度は異動があります。私立は独自の方針があったり英語教育に力を入れていたりするなど、個々に特色を持つ保育園が多いです。働いている人は女性が多く、公立保育園は募集人数が少ないため平均年齢が高めです。一方、私立は平均年齢が低いところが多い傾向にあります。勤務時間は朝から夕方までですが、特別な行事の日や事前準備が必要な場合は時間外に働くこともあります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    保育園で保育士として働く場合には国家資格が必要です。大学や短大、専門学校の専門課程を修了すると、保育士の資格を得ることができます。または、保育士試験(受験するためには短大卒業と同等以上の資格が必要)に合格しなければなりません。最近は保育園と幼稚園を一元化した「認定こども園」も増えてきているので、そこで働く場合には保育士資格と幼稚園教諭免許の2つの資格が必要になるケースもあります。また、資格を持っていることとあわせて、実際に保育園で働いた、現場での経験も重視されます。子供を預かる仕事に対する責任感はもちろん、保護者との連絡を密にするなどのコミュニケーションスキルも求められます。

志望動機の書き方・話し方

履歴書の志望動機では、自身が保育士を目指した経緯などを説明し、保育士の仕事に対する熱意を語りましょう。採用者は、保育園の実情を正しく理解しているかという点も見ていることがあります。子どもや保護者とのコミュニケーションや、業務に必要なチームワークの大切さを理解していることをアピールすると良いでしょう。少数の保育士で大勢の子どもたちの世話をしますから、体力面も期待されます。スポーツなどの経験があれば記載しましょう。即戦力として見られ、入職後の仕事の割り振り方をイメージしてもらえるかもしれません。採用の面接では落ち着いた態度で臨みましょう。毎日さまざまなトラブルに対応する保育士は、いつでも冷静に物事に取り組む必要があります。決して早口にならないよう、ゆっくりとした話し方を心がけましょう。その点にさえ注意すれば、あとは採用者と素直な気持ちで会話して構いません。保育士の仕事に大切である思いやりの気持ちや、仕事に対する誠実な姿勢が評価されます。保育士の仕事に向き合い、長く勤めていこうとする気持ちをしっかりと伝えましょう。

保育士のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ