学童保育

チューイチ

学童保育の正社員/契約社員の求人・募集情報

学童保育の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。学童保育の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    学童保育の仕事では、主に放課後や休日などに子供を預かります。保護者が帰ってくるまでの間、施設で子供と一緒に過ごしながら遊びや宿題などの補助を行うことです。主に小学校低学年の子供が対象となります。子供たちが楽しく有意義に過ごせるよう、絵本の読み聞かせやカードゲーム、スポーツなどで一緒に遊んだり、宿題をするように誘導したりと、親の役割を一部引き受けるような活動を行います。子供たちが安全に過ごせるように細かな配慮をし、トラブルが起きないように厳しく注意や指導をすることも求められます。お預かりした子供たちの社会性を養うためにも愛情を持って接し、保護者のサポート役となる仕事です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    学童保育は、子供たちとふれあいながら仕事を行うことになるため、子供が好きな方にとってはそれだけでもメリットとなるでしょう。子供を預かる時間帯は、多数の子供たちへの対応が必要となるため非常に忙しくなる場合もありますが、子供たちの成長をサポートしようと考えながらの業務はとてもやりがいを感じるものです。一度学童保育の仕事に就けば、たとえブランクがあったとしても、過去の経験を活かして再び働ける機会を見つけやすい傾向があります。また、放課後サポートの仕事では、特定の資格を問われない場合もあるため、新しい環境で働く機会も広がりやすいでしょう。子供たちを預かる時間以外は準備や片付けを行いますが、残業はほとんどない場合が多く、プライベートと両立しながら働きやすいというメリットもあります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    学童の利用者は小学生が対象となっており、そのなかでも低学年の利用が多数を占めています。一緒に外で運動をすることもあるため、動きやすい服装で通勤します。ネイルや過度な装飾品などは子供に怪我をさせる恐れがあるため控えましょう。休日は、学童自体が休みになる日曜日を含めた週2休制が基本です。このほかに祝日も休みの学童があります。勤務は日中ですが、夏休みなどの長期休暇の間は時間が変更になることもあるようです。給与や勤務日は職場によって異なるため、いくつか候補となるところを比較してみるとよいでしょう。スタッフは10代から60代までの幅広い年齢層で、男女問わず勤務してます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    学童保育の指導員として働くために、必ずしも資格は必要ありませんが、資格があった方がかなり有利になるといえます。現在では、学童保育の事業所ごとに2名以上の「放課後児童支援員」の配置が必要とされています。そのため、放課後児童支援員の資格を持っていると歓迎されるでしょう。放課後児童支援員の資格を取るためには、保育士か社会福祉士、教育免許の資格を持っている、または児童福祉事業に2年以上従事しているなどの条件があります。いずれにせよ、子供の支援にかかわる資格を持っているといいでしょう。また、学童にいる間の子供の様子を把握し、迎えに来た保護者にきちんとお伝えすることも重要な役割です。子供1人ひとりにきちんと向き合い、寄り添うことができる人が求められるでしょう。
学童保育のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ