幼稚園教諭

チューイチ

幼稚園教諭の正社員/契約社員の求人・募集情報

幼稚園教諭の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。幼稚園教諭の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    幼稚園教諭の仕事は、3歳から6歳までの園児を教育することです。保育士は園児の生活をサポートすることが主ですが、幼稚園教諭は生活援助に加え、小学校入学までに必要な知識や行動を教育することが主な仕事の1つになります。ほかにも、行事の企画や準備、事務作業など多くの仕事があります。クラス担任の先生は毎日行う遊びも考えなくてはなりません。運動を取り入れた遊びで体を動かす楽しさを教えたり、グループに分かれての遊びでみんなで協力する大切さを学ばせたりと、目的に合わせてさまざまな遊びを考えます。また、保護者とのコミュニケーションを取ることも重要な仕事です。大切なお子さんを預かる仕事なので、登園時に園児の朝の様子を聞いたり、降園時には1日の様子をきちんと報告したりすることで、保護者との信頼関係を築く必要があります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    幼稚園教諭は多くの園児とかかわるため、たくさんの笑顔と成長を見守ることができる仕事です。日々成長する園児を見守り、そのサポートができるため、非常にやりがいを感じられます。園児の笑顔にいやされたり元気をもらったりして、毎日の活力にすることができます。園児の成長をサポートしていくなかで子供の素直さや思いやりに触れ、自分自身の成長につながることもあるでしょう。また、運動会やお遊戯会などの行事は、園児の笑顔や子供の成長を喜ぶ保護者の姿を見ることができたり、感謝の言葉をもらえたりと、準備期間は大変ですが大きな達成感を得ることも可能です。園児が卒園後に遊びに来てくれることもあり、成長した姿に喜びを感じることもあるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    幼稚園は保育園と比べて子供を預かる時間が短く、正社員の勤務時間も短い傾向にあります。早番・遅番といったシフト制勤務を導入している園もあり、早番の場合は夕方には業務を終えて帰宅できる園もあるようです。家庭を持っている人や子供がいる先生にとっては融通が利きやすく、自宅での家事・育児との両立に向いている仕事といえます。ただし最近では、早朝や夕方遅くまで預かり保育を行う幼稚園も増えてきています。園によって時間が異なるため、応募前に確認するといいでしょう。同じ幼稚園で働く先生は20代から40代と年齢層が広く、子育て経験者の先生もいるため、仕事の悩みだけでなく私生活の悩みも相談しやすいです。先生同士が親近感のある関係性を築きやすいので、楽しく仕事ができます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    正社員で働く場合、幼稚園教諭免許が求められます。養成課程がある大学や短大などを卒業するか、保育士として3年以上の実務経験を経た上で試験に合格することで、免許を取得することができます。資格所持のほかに必要となるのは、何よりも「子供が好き」という気持ちです。毎日子供と向き合って仕事をすることになるため、子供が好きでなければ務まりません。ほかにも、園児の気持ちになって接することができる、責任感がある、身だしなみや言葉遣いがしっかりできるといったことが求められます。態度や言葉遣いなどは先生がお手本となって、園児を良い方向に導いてあげることが大切です。また、園児だけでなく保護者や地域の人との関わりもあるので、しっかりとコミュニケーションを取ることが必要になります。
幼稚園教諭のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ