医療営業(MR)

チューイチ

医療営業(MR)のバイト・アルバイト・パートの求人情報

医療営業(MR)のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    医療営業(MR)は、メディカルラウンダーとして病院などを訪問し、医師や薬剤師に医薬品の品質や有効・安全性などの情報を提供します。同時に、医療現場からは副作用に関する情報を吸い上げて報告することで、医薬品の被害を最小限に抑える役割も担っています。また、社内での発注や在庫の管理、メンテナンス、ヒアリング内容の報告書作成、業務報告なども行います。医療業界や製薬会社など医薬品を扱う企業での募集があります。基本的に病院など取引先への営業で外回りの仕事が多いですが、企業によっては、国内、海外出張のあるところもあります。業務を行う上では、命にかかわる情報を扱うので正しい知識や常に新しい情報収集が必要となります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    医療営業(MR)として実務経験を積むことで、医薬品の幅広い知識が身につきます。6か月以上の実務経験を積むことで、医療情報担当者の認定資格を取得する条件を満たします。資格取得後も6か月以上の実務を通して、認定を受けることができます。資格支援制度のある企業も多いので、その制度を利用するといいでしょう。また、ほかの職種に比べると給与面は高い収入が見込めます。薬の情報を提供しながら医療機関に売り込むという営業職の役割も兼ねています。そのため、常に売り上げを伸ばすことが求められます。営業成績によってはさらなる高収入も期待できるでしょう。コミュニケーション能力の高い人が活躍できる職種だといえます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    医療営業(MR)の給与は、他職種に比べて高時給であることが多いです。また、正社員の求人に関しても、その年収平均は他職種に比べて高い場合が多くあります。一日中病院を訪問して歩きまわる仕事をしているため、営業手当や外勤手当などがつくこともあります。医師や薬剤師などの医療従事者の人たちと接する機会が多い職種です。おもに勤務する場所は事務所や営業所です。外回りの仕事や出張など、直行直帰になる場合もあります。勤務時間は基本的に長いです。実働7、8時間のところが多く、残業もある場合があります。幅広い年代の人たちが活躍しています。基本的には、ダブルワークや主婦・主夫など、時間に制限のある人には難しい仕事となっています。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    医療営業(MR)になるには、とくに学歴や国家資格が必要なわけではありません。ただ、大学卒業以上の学歴を条件にしている企業が多いです。持っていると有利な資格はいくつかあります。自動車で訪問先を回ることもあるので、普通自動車免許が必要な場合もあります。また、医薬情報担当者や薬剤師などの資格があると医療従事者からも信頼されやすくなります。さらに営業経験や同職種での経験があると有利になり、採用面、給与面での優遇や営業成績のアップにもつながります。資格や経験がなくても、働きながら医療情報担当者の資格取得を目指せます。人と話すことが好きな人や、チームで働くことが好きな人に向いています。
医療営業(MR)の社員・正社員の求人情報
ページトップへ