医療営業(MR)

チューイチ

医療営業(MR)の正社員/契約社員の求人・募集情報

医療営業(MR)の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。医療営業(MR)の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    医療営業(MR)の仕事は、勤務する会社の医療用薬品情報を提供することです。MRは「Medical Representative」を省略した言葉です。主に病院の医師や、調剤薬局で働いている薬剤師に、会社で取り扱っている医療用薬品の品質や有効性、安全性をプロモーションしていきます。自社の薬を売り込むと同時に、副作用や併用禁忌の説明も大事な仕事です。取り扱いする薬品は、あくまでも医療用薬品と分類される病院や調剤薬局のみで扱われる薬品であり、ドラッグストアやスーパーマーケットなどで販売されている一般用医療品とは異なるものになります。医療用薬品の営業として働くことになるため、病院や薬品メーカーとのコミュニケーションやつながりが大切になっていきます。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    医療営業(MR)の仕事は、営業成績が待遇に反映されやすく、がんばった分だけ自分にリターンがあることになるため、やりがいを感じやすいでしょう。勤務する製薬会社は大きな会社が多く、福利厚生もしっかりしています。製薬会社のスタッフや、病院・調剤薬局のスタッフに対して営業することが多く、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルを身につけることができます。また、営業といっても、自社の医療用薬品の情報を提供するという意味のため、通常の営業職のような交渉価格のやりとりはありません。そのため、精神的な負担は少ないといえるでしょう。人の命や健康にかかわる医薬品を扱う専門職であるため、やりがいを持って働くことができます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    医療営業(MR)の給与水準は、ほかの職種と比較して高めです。仕事中に接する人たちは製薬会社のスタッフや、提供先の病院・調剤薬局となります。営業として外回りをすることが多く、会社に常駐することはほとんどありません。取引が終わったあと、そのまま直帰するという場合も多く、1日のなかでしっかりとした自己スケジュールを組み立てる必要があります。年齢も性別もさまざまな人が活躍していますが、営業職であるため、他者とうまくコミュニケーションを取って信頼関係を構築するのがうまい人たちが多いです。自社の商品がいかに質が良くて素晴らしいか、薬品情報の提供を行い、信頼関係を築き上げる必要があります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    医療営業(MR)には必須の認定資格はなく、原則的にはだれもが就くことのできる仕事です。しかし、実際に医療営業として働いている人の多くは厚生労働省認可の「MR認定試験」に合格し、「MR認定証」を取得しています。会社によっては、MR認定試験に合格することが昇給に必要であったり、合格しないと仕事の幅に制限がかかったりすることもあるようです。また、経験者の転職の際にはMR認定証の所持が必須条件となっている場合もあります。ただし、新卒や未経験者の場合は、入社後に勉強をして試験を受けることも可能です。仕事は営業であるため、社会人としてのマナーはもちろん、自社の商品を売り込むための営業力やコミュニケーションスキルが重要となります。
医療営業(MR)のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ