営業

チューイチ

営業の正社員/契約社員の求人情報

営業の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。看護師の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    営業の仕事は、企業を対象とした法人営業の仕事と、一般消費者を対象とした個人営業の仕事というように、大きく分けて2種類があります。どちらにも共通していることは、自社の販売している商品やサービスをお客様や顧客企業に提案して提供することです。新規営業では新規のお客様や顧客企業を開拓し、売り上げを増やすために活動を行います。電話や飛び込みで訪問して営業活動をしますが、ルートセールスはあらかじめ決まった顧客に電話や訪問をして営業を行います。ほかにも技術職の営業となるセールスエンジニア、医薬品メーカーに勤める営業職の医薬営業職(MR)など、専門性を活かして行う営業の仕事もあります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    営業の仕事は、学歴や資格に左右されることなくはじめられるという利点があります。仕事の成果は、数字という分かりやすい形で表れます。明確な目標を立てやすく達成したときにはとてもうれしくなり、モチベーションもアップします。さまざまな人と会うことになり、人脈も広がるでしょう。なかでも、ルートセールスは特にお客様との密な連絡を取ることが多いので、会話力が自然と身についていくでしょう。直接お客様や取引先から感謝をされたり、納品した商品を気に入ってもらえたりしたときには、満足感と達成感でいっぱいになるでしょう。未経験者や新人でも結果を出せば、昇給や昇進も望めるというのが特徴であるといえます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    営業の仕事では、営業する商品やサービス、法人営業、個人営業などによって働く環境はさまざまです。男女問わず幅広い年代の人が活躍していますが、化粧品や生命保険、教育系などの個人営業などは女性のほうが比較的多く活躍中の現場です。また、勤務先によって給与は固定給の場合や、成果に応じて給与が変化する歩合給制、どちらかを選択できるケースもあります。休日は担当する会社や業界の休日に合わせることが多いです。1日の多くは外回りがほとんどで、日中に外回りして、その後会社に戻って書類の作成などの事務仕事を行うことがあります。また、規模の大きな企業の場合、経験をつめば管理職や人事部門などにキャリアアップできる道もあります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    営業の仕事は、仕事内容によって必要とされる学歴や資格などの条件が異なります。実力主義の業界なので資格取得がそれほど重視されることは少なく、個人の営業スキルが試されることが多いです。資格が必要となるのは不動産会社の営業で「宅地建物取引主任者」を持っていると有利です。また保険会社の営業では「ファイナンシャルプランナー」など営業の資格というより、業界の関連資格が必要になることがほとんどです。どの業界の営業をするにしても普通自動車の免許は必要となる場合が多いでしょう。多くの人と接する仕事なので、ビジネスマナーや会話力、商品やサービスを魅力的にアピールできるプレゼンテーション能力が必要となります。

未経験から営業関係の仕事につくには

業種にもよりますが、基本的に営業関係の仕事に必要な資格はありません。同じ営業関連でも、営業担当をサポートする営業事務にはwordやexcelなどの基本的なパソコンスキルが求められることがありますが、極端な話をするとお客様から注文を受ける営業担当にはそのようなスキルは最小限でも問題ない場合もあります。そのため、未経験者でもコミュニケーションをとれる人であれば、比較的挑戦しやすい職種であるといえます。営業職を目指す際には、志望動機に「コミュニケーションとることが好き」、「相手の要望を聞くことが得意」といったことを過去の経験に基づいて書くようにしましょう。面接の際のポイントは、明るくハキハキと話すことです。営業担当は人に話を聞いてもらわないと仕事になりません。こちらの言っていることがちゃんと相手に伝わるような話し方を心がけましょう。また、営業職の給与は歩合制になっているケースも多く、頑張れば頑張るだけ年収アップを目指すことができます。最初は契約社員などの非正規雇用でも、頑張り次第で正社員になれることもありますので、長く務めるつもりでいるなら正社員登用制度を採用している企業に応募するようにしましょう。

営業のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ