不動産・宅建

チューイチ

不動産・宅建の正社員/契約社員の求人情報

不動産・宅建の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。不動産・宅建の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    不動産関係の仕事は非常にたくさんの種類があります。一般的に最も身近な仕事といえるのは借家などを仲介する「賃貸業務」ではないでしょうか。賃貸住宅のオーナーと借家を探している利用者との間に入って、仲介手数料などをもらって収益とする仕事です。賃貸仲介業務に関連して、賃貸住宅の清掃や共益設備の確認、交換などを行う「管理業務」を行うこともあります。 また、土地や建物の売買などを行うのも不動産関係の大事な仕事の1つだといえます。売買の中には不動産会社が直接関係する取引もあれば、賃貸の仲介と同じように売り手と買い手の双方をつなぐ仲介業務を行うこともあります。土地を直接購入する業者の中には建築会社とタッグを組んで、その土地に大きな商業施設などを建設するといった店舗開発などを行う、いわゆる「デベロッパー」と呼ばれる仕事をこなすこともありますが、これは比較的規模の大きい不動産会社の場合です。中小の不動産会社で土地開発まで行うことはあまりないでしょう。 他にも、「少子高齢化によって空き物件が増えている」こと、「新築住宅を建設するよりも安くすむ」といった理由から、消費者の間で築古の中古物件を購入後リフォームする業界が成長しています。不動産会社の中には子会社を作って積極的にこのような業界に進出している企業もあります。新築住宅の営業を任されている人でも、リフォーム部門へ回されることもあるようですので、正社員として働くつもりなら覚えておくようにしましょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    不動産業界での営業の仕事は、資格や学歴に左右されない「実力主義」で成績を評価されるケースが多い傾向にあります。たくさん契約を結ぶと、それに応じた高い給与が期待できるでしょう。不動産業は、取り扱う金額が比較的大きく、不動産を売却、あるいは購入したい個人や企業にとっては、将来にかかわる重要な決断をともなうことも多くあります。お客様の希望に添った適切な提案ができると、感謝の言葉をかけてもらえることもあり、仕事へのモチベーションアップにもつながるでしょう。仕事を重ねていくうちに経験も業務知識も身につき、さらに、不動産鑑定士などの資格を取得して経験を積んでいくと、独立して自身の事務所を構えることも可能です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    不動産関係の仕事は、扱う物件の金額が景気動向に左右される傾向があります。給与は、資格や職種によっても異なりますが、固定給プラス歩合であるケースが多いようです。 高額な建物や土地が売れにくいときは、わりと一定数の需要が見込める賃貸物件の取引数を増やすなど、自分なりの工夫が求められることもあります。不動産店舗の事務職、営業担当のいずれも幅広い年齢層の人たちが働いています。また、不動産系の資格を取得することで、さらに上のステージに進むことができます。勤務時間帯が安定しているので働きやすい環境ですが、2月から3月は引っ越しシーズンを迎え、賃貸物件を扱う職場では、とても忙しくなります。接客業なので、清潔感のある服装や髪型がお客様に信頼されやすく、好ましいとされています。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    不動産関係には、仕事の内容によって必要となる資格がいくつかあります。特に難易度の高いのが「不動産鑑定士」で、これは不動産の鑑定評価を行うことができる資格です。ほかに、不動産の売買・仲介などの業務を行える「宅地建物取引士」や、「マンション管理士」、「管理業務主任者」、「賃貸不動産経営管理士」などもあります。不動産に関する法律は改定されることも多いので、常に勉強し、知識と情報を入手しておかなければなりません。不動産だけでなく、金融の知識も持っているとお客様への提案がより適切にできるでしょう。不動産会社で事務として働く場合には、特別な資格は必要ありませんが、WordやExcelなど最低限のパソコンスキルを身につけておくとスムーズに業務を遂行できるでしょう。

面接の対策と心構え

不動産会社で正社員として働く場合、主に営業職と事務職に分けられます。事務職には他の一般的な会社と同じように財務や経理、庶務といった職種があります。これらの職種に応募する場合の面接対策としては、他の一般的な企業とあまり変わりません。もちろん、不動産業界に対する基礎的な知識は必要ですが、それ以外はwordやexcelといった基本的なパソコンスキルがあれば、それほど問題ないでしょう。ただし、来客者に対して受付業務をする可能性もありますので、最低限のコミュニケーション能力は求められます。 一方で、営業として必要なのはお客様とのコミュニケーション能力はもちろんのこと、努力と根気です。また、宅地宅建取引士の資格を有していると、契約締結の際の重要事項の説明を行うことができ、できる業務の幅が広がり、面接の際有利に働くこともあるでしょう。不動産の営業職はノルマを課せられることが多く、成績を出さなければ給料がなかなか上がりません。逆に言うと、成績を出すことができれば給料は上がりやすい業種ですので、それを達成するための努力や根気が重要になってくるのです。また、営業職は土日も仕事になることが多く、休日は平日になってしまうことが多くなります。面接時に改めてそのことを聞かれることもありますので、はっきりと「大丈夫です」と言う心構えをしておくようにしましょう。不動産業界の営業は、未経験者でも採用される可能性がある業種です。営業であれば特別な資格も必要ありませんので、なによりも「やる気」をいかに見せることができるかがポイントだといえます。

不動産関係のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ