不動産・宅建

チューイチ

不動産・宅建の正社員/契約社員の求人情報

不動産・宅建の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。不動産・宅建の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    不動産関係の仕事は非常にたくさんの種類があります。一般的に最も身近な仕事といえるのは借家などを仲介する「賃貸業務」ではないでしょうか。賃貸住宅のオーナーと借家を探している利用者との間に入って、仲介手数料などをもらって収益とする仕事です。賃貸仲介業務に関連して、賃貸住宅の清掃や共益設備の確認、交換などを行う「管理業務」を行うこともあります。 また、土地や建物の売買などを行うのも不動産関係の大事な仕事の1つだといえます。売買の中には不動産会社が直接関係する取引もあれば、賃貸の仲介と同じように売り手と買い手の双方をつなぐ仲介業務を行うこともあります。土地を直接購入する業者の中には建築会社とタッグを組んで、その土地に大きな商業施設などを建設するといった店舗開発などを行う、いわゆる「デベロッパー」と呼ばれる仕事をこなすこともありますが、これは比較的規模の大きい不動産会社の場合です。中小の不動産会社で土地開発まで行うことはあまりないでしょう。 他にも、「少子高齢化によって空き物件が増えている」こと、「新築住宅を建設するよりも安くすむ」といった理由から、消費者の間で築古の中古物件を購入後リフォームする業界が成長しています。不動産会社の中には子会社を作って積極的にこのような業界に進出している企業もあります。新築住宅の営業を任されている人でも、リフォーム部門へ回されることもあるようですので、正社員として働くつもりなら覚えておくようにしましょう。

面接の対策と心構え

不動産会社で正社員として働く場合、主に営業職と事務職に分けられます。事務職には他の一般的な会社と同じように財務や経理、庶務といった職種があります。これらの職種に応募する場合の面接対策としては、他の一般的な企業とあまり変わりません。もちろん、不動産業界に対する基礎的な知識は必要ですが、それ以外はwordやexcelといった基本的なパソコンスキルがあれば、それほど問題ないでしょう。ただし、来客者に対して受付業務をする可能性もありますので、最低限のコミュニケーション能力は求められます。 一方で、営業として必要なのはお客様とのコミュニケーション能力はもちろんのこと、努力と根気です。また、宅地宅建取引士の資格を有していると、契約締結の際の重要事項の説明を行うことができ、できる業務の幅が広がり、面接の際有利に働くこともあるでしょう。不動産の営業職はノルマを課せられることが多く、成績を出さなければ給料がなかなか上がりません。逆に言うと、成績を出すことができれば給料は上がりやすい業種ですので、それを達成するための努力や根気が重要になってくるのです。また、営業職は土日も仕事になることが多く、休日は平日になってしまうことが多くなります。面接時に改めてそのことを聞かれることもありますので、はっきりと「大丈夫です」と言う心構えをしておくようにしましょう。不動産業界の営業は、未経験者でも採用される可能性がある業種です。営業であれば特別な資格も必要ありませんので、なによりも「やる気」をいかに見せることができるかがポイントだといえます。

ページトップへ