施工管理・現場監督

チューイチ

施工管理・現場監督の正社員/契約社員の求人・募集情報

施工管理・現場監督の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。施工管理・現場監督の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    施工管理・現場監督は工事を計画どおりに進めるために、現場でスケジュールや安全、品質などの管理を行うことが主な仕事です。工事現場の責任者として、現場担当とコミュニケーションを取りながら進捗確認、工程表の作成・更新、建設の様子を記録、Excelなどを利用して申請書や報告書の作成など、仕事内容は多岐にわたります。とくに、滞りなく業務を遂行するためのスケジュール管理や、職人の事故を防ぐために安全対策をしっかり行うことが非常に大切です。そのため、責任感を持って仕事を取り組むことが重要です。一定規模以上の工事現場では現場監督の配置が義務付けられているため、工事を行う上でなくてはならない仕事です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    施工管理・現場監督の仕事は、初期段階から工事にかかわるため、自分の担当した建物が完成した際には大きなやりがいを感じることができ、さらにお客様の喜ぶ顔を見ることができるのが魅力です。現場では、さまざまな分野の職人やクライアントなどとコミュニケーションを取ることが多く、常に人とかかわりあいながら仕事をしていく必要があるため、多くの人との関係を築くことができます。また、施工管理・現場監督の仕事は多くの知識や経験が求められるため、自身のスキルアップにつながり、将来的にはどのような現場でも仕事をすることができる技術者になることも可能です。規模が大きい現場では必須の存在であるため、スキルを身につければさまざまな働く場を見つけることができるようになるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    施工管理・現場監督は、ゼネコンで働くのかハウスメーカーで働くのかといった勤務先や、所持している資格や学歴などのさまざまな要因によって給与が変動する職業です。高収入を目指すためには、計画的にキャリアを積み上げていく必要があります。プロジェクトや工期によっては、長時間労働を行わなければならない場合や、暦どおりに休むことが難しい場合もありますが、その分プロジェクト完了後にリフレッシュ休暇を設けている会社もなかにはあるようです。予算管理や施工図を描くといったデスクワークの仕事と、実際に現場に出て指示を出す、下請け業者との打ち合わせをするなどの現場での仕事の両方があります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    施工管理・現場監督になるためには2つの方法があります。1つ目は現場で実務経験を積むことにより資格を得る方法です。実務を行わなければならない年数は人によって異なり、建築系の専門学校を卒業した方は3年ほどの実務経験で現場監督になることができますが、専門の学校を出ていない方は10年以上の実務経験が必要となることもあります。2つ目の方法は、建築士や建築施工管理技士などの資格を取得し、現場監督になるということです。資格によって難易度は異なり、取得する資格によって現場監督として働くことができる場所や規模が変わってきます。そのため自分の目的に合った資格を取得することが大切です。
施工管理・現場監督のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ