現在の仕事の5割以上は「デジタル化できる」非効率な業務とやりがいには相関性

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)(以下、新型コロナウイルス)の拡大により、雇用に対しても非常に大きな影響が出ているなか、このような環境下における正社員の就業実態や就業に対する不安、仕事の探し方、副業と業務のデジタル化について明らかにしました。本レポートでは、このような環境下での「正社員の就業実態や就業に対する不安」「仕事の探し方」に続き、「副業と業務のデジタル化」を見ていきます。

調査概要

●調査主体:ディップ株式会社
●調査手法:インターネット調査(GMOリサーチ「JAPAN CLOUD PANEL」利用)
●調査実施時期:2021年2月3日(水)~2021年2月8日(月)
●対象者条件:47都道府県内在住の18~64歳の男女の正社員
●有効回収数:4,314サンプル




正社員の働き方へ希望

1.副業をしている1割強、今後したい約5割

現在「副業をしている」人は1割強に留まりましたが、現在「副業をしていないが、今後はしたい」人は5割弱と高い割合となりました。

PICK UP!
「正社員の就業実態や就業に対する不安」で明らかになった新型コロナウイルスによる就業への影響別に見てみると傾向はあるのでしょうか。
今後の就業への不安が強い人の6割弱が今後副業を希望

収入や業務量、就業日数・時間への影響があった人ほど、「副業をしている」もしくは「副業をしていないが、今後はしたい」と回答しています。また、「今後の就業への不安」が強い人ほど、「副業をしていないが、今後はしたい」と回答しており、「今後の就業への不安」が弱い人との差は20ポイント以上となりました。

2.「キャリア開発に取り組みたい」「デジタル知識を得ていきたい」3~4割


今後就業していくうえで、「キャリア開発に取り組みたい」「デジタル知識を得ていきたい」という回答はそれぞれ3割強、4割弱となっています。年代別に見ると、39歳以下はその割合が高くなっています。別調査では、スキルの向上に対する支援・研修があることで就業意向が高まるということも明らかになっています。意欲がある社員に対する会社からの支援は、就業への満足度を上げる1つの要素と言えます。

現在の業務のデジタル化

1.現在の業務内容のうち、5割以上が非効率だと感じる 52.8%


現在の業務内容のうち、5割以上が非効率だと感じる人が52.8%、8割以上が非効率だと感じる人も1割弱います。また、仕事のやりがいを感じている割合別に見てみると、やりがいに満足している人の方が比較的、非効率だと感じる業務が少ない結果となりました。仕事のやりがいを「とても満足」と回答している人のうち、業務内容の5割以上が非効率だと感じる人は4割弱なのに対し、仕事のやりがいを「とても不満足」と回答している人は、その割合が7割以上となりました。仕事のやりがいとの間に一定の関連もありそうです。

2.現在の業務の5割以上はデジタルツールなどで自動化できる 48.3%

現在の業務の5割以上は「デジタルツールなどで自動化できる」と回答した人が48.3%にものぼりました。前出の非効率だと感じる業務の結果も踏まえ、仕事のやりがいという点でも、業務の効率化と人がするべき仕事の精査は急務と言えます。

まとめ

本レポートでは、 このような環境下での「正社員の就業実態や就業に対する不安」「仕事の探し方」に続き、「副業と業務のデジタル化」が明らかになりました。

本レポートで明らかになったこと
〇正社員の働き方への希望
 副業をしている1割強、今後したい約5割
 今後の就業への不安が強い人の6割弱が今後副業を希望
 「キャリア開発に取り組みたい」「デジタル知識を得ていきたい」3~4割


〇現在の業務のデジタル化
 現在の業務内容のうち、5割以上が非効率だと感じる 52.8%
 現在の業務の5割以上はデジタルツールなどで自動化できる 48.3%


現在「副業をしている」人は1割強に留まりましたが、現在「副業をしていないが、今後はしたい」人は5割弱と高い割合となっています。また、「キャリア開発に取り組みたい」「デジタル知識を得ていきたい」という回答も3~4割にのぼっています。 現在の業務が非効率だと感じる、という声も挙がっており、業務の効率化と人がするべき仕事の精査も合わせ、社員のやりがいについて考えるきっかけにしてください。

今後、「副業をする理由や希望する条件」と「副業を容認する企業の声」をリリース予定です。

執筆者:ディップ総合研究所 ディップレポート編集室 川上由加里 引用元:「ディップ総合研究所」https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=490

dipのDX事業

労働力の総合商社(Labor force solution company)

人材サービスとDXサービスを提供する『労働力の総合商社』として、労働力の諸問題を解決します。

dipのDXサービスのご紹介(一部)

応募受付から面接日時設定までを自動化

面接コボットforアルバイトは、応募受付から面接日時の設定まで自動でロボットが対応します。アルバイト求人の面接日程調整に特化したサービスです。チャットボットを通じて自動で日程調整まで進め、採用担当者の負担を減らすことが可能です。
サービス紹介  導入事例


仕事の魅力を求職者に十分にアピールできる採用ホームページ作成

採用ページコボットは、求人広告だけでは伝えきれない仕事の魅力をアピールできる採用ページ作成サービスです。世界最大級の求人まとめサイトとの自動連携や、求人検索エンジンへの対応により、外部集客を強化。採用ホームページへの送客向上が期待できます。
サービス紹介  導入事例


DX化に関するご相談についてはお気軽にお問合せください!

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP