美術館・博物館・図書館のアルバイトを探すなら美術館・博物館・図書館バイトル

エリアから探す

エリアを選択してください

チューイチ

エリアから探す

新着仕事一覧

この条件で探している人に、人気の条件はこちら

美術館・博物館・図書館に求められる人材とは

「静かな環境でアルバイトをしたい」「芸術や文化に興味がある」そう思っている人に美術館・博物館・図書館のアルバイトはお勧めです。仕事内容によって採用条件は異なりますが、基本的に土日祝日に働けることが必須です。人気のあるアーティストの個展や長期休暇期間中は、混雑が予想されるため、短期の募集が多くなります。美術館や博物館では貴重なものを扱うので、責任感のある人が望まれます。 しかし、静かな空間で働くことができ、受付も落ち着いた接客になります。その分、丁寧な接客が求められますが、他のアルバイトの接客とは違い無理に声を出す必要もありません。歴史やアートが好きな人なら、入場料を払うことなく貴重な展示品を見ることができるのも魅力で、名画や美術品に囲まれながらリラックスしてバイトすることができます。

美術館・博物館・図書館の主な仕事内容

美術館と博物館の主な作業にはチケット販売、チケットのもぎり、館内のご案内(電話応対やカウンターでの対応)、開館中の作品監視、グッズや図録の販売などがあります。 この他にも、レストランでの接客やクローク業務などが入ります。海外からのお客様を相手にすることもあるため、外国語が話せると喜ばれます。図書館でのアルバイトは、本を整理している時に素敵な本との出会いがあるかもしれません。図書館の業務は、カウンターの補助業務が中心です。また、本の整理も行います。整理では、返却されてきた本を本棚にしまう作業になります。図書室を歩き回りながら、重たい本を抱えての仕事になるので、良い運動になるでしょう。 美術館・博物館・図書館に関わらず、閉館時間はきっちりと決まっているため、スケジュールを立てやすく残業の心配はそれほどしなくて良いでしょう。

司書資格について

図書館で働く人の中には、司書と呼ばれる人がいます。司書は図書館で働く専門職のことを指します。司書になるためには、司書の資格を取る必要があります。資格は大学在学中に司書資格に必要な科目を履修して卒業するほか、大学卒業後でも司書講習を修了すれば資格を得ることができます。また、大学や短大を卒業していない人でも、3年以上司書補として勤務実績があれば、司書講習を修了後、資格を得られます。一方、司書補になるためには、司書の資格を持っているか、高等学校か中等教育学校、高等専門学校の第3学年を修了して司書補の講習を受ける必要があります。つまり、司書になるためには必ずしも高等教育を受けていなければならないということはありません。司書は文部科学省が発行する国家資格であるため、取得までには講習を受けるなどの厳しい道のりがあります。図書館に就職したいと考える人は、取得しておくべき資格です。しかし、バイトやパートで図書館で働く場合には、必ずしも司書資格は必要ないといえます。司書資格を持っていれば時給が高くなることはありますが、司書資格なしでも図書館でバイトやパートの職に就くことは可能です。

バイトルからのワンポイントアドバイス

利用者の探している本を見つけたり、展示品のことを質問されたりすることもあるため、その分野の知識を身に付けていると、そこから会話も弾んで案内がしやすくなるでしょう。また、本や展示品の知識を身につけることで、仕事がスムーズになるばかりでなく、楽しくアルバイトをすることができます。貴重な展示品を無料で見ることができるのもうれしいですね。 人気職種のため競争は激しいものの、大々的な展覧会の場合は短期募集もあるので、求人情報はこまめにチェックしましょう。

美術館・博物館・図書館のバイト/アルバイト/パートの求人情報

美術館・博物館・図書館のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。短期の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!
ページトップへ