音楽・歌・演奏

チューイチ

音楽・歌・演奏の正社員/契約社員の求人・募集情報

音楽・歌・演奏の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。音楽・歌・演奏の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    音楽・歌・演奏に関する仕事内容は、音楽CD・DVDの販売・楽器の販売や修理・教室や学校の教員、講師、ステージや舞台の音響、スタジオやライブハウスでの業務、経営・プロのミュージシャン、オーケストラの楽団員など、音楽にかかわることがたくさんあります。自らが歌・演奏をしたい場合は、カフェやレストラン、パーティー会場、イベント会場など人の集まる場所で、生演奏をする仕事があります。集まっているお客様によって演奏曲を変えたりすることも重要で、多くの曲を演奏できるように用意しておきます。音楽に携わる仕事をする人は、音楽が好きな人がほとんどです。講師や販売の仕事をしながらミュージシャンを目指している人も多く存在する職種です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    音楽・歌・演奏の仕事をする人は、音楽が好きな人がほとんどなので、好きなことを仕事にできる喜びを感じられます。職種によってそれぞれですが、実力が重視される世界なので、知識や技術を持っていれば誰にでも活躍できるチャンスがあります。演奏だけの仕事で生活していけるようになるには下積み期間が必要ですが、努力次第では演奏者としてデビューできる可能性もあります。信頼できる演奏者の付き人や、楽器のメンテナンスおよび管理、ミュージシャンに対するサポートなどの業務を行うローディーになって修行をすることで、人前で緊張しない度胸がついたり、演奏技術を学ぶことができたりするでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    音楽・歌・演奏の仕事をする場合は、CD販売店・音楽スタジオ・レコード会社・ライブハウス・学校・音楽教室などさまざまな職場があります。勤務先によって休日や勤務時間も異なりますが、販売店や教室などは決まった時間帯の勤務が多いので安定して収入を得ることができます。演奏者の場合は、勤務はイベントがあるときのみで不定期です。夕方から夜に演奏することが多いですが、準備から本番に向けてリハーサルや、さまざまな機材のチェックなどもあります。フォーマルな会場で演奏する場合は、ドレスやタキシードを着用することがあります。講師や演奏者は手に職がつくので、ブランクがあったり、歳を重ねていても続けることができるでしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    音楽・歌・演奏の仕事は、職種によって資格が必要な場合があります。たとえば、学校で音楽の教員になるためには教員免許が必要になります。また、音響技術のスタッフになるためには専門の資格があると有利です。音楽教室の講師になる人は音楽大学を卒業している人も多く、高い演奏能力に加え人間性や会話能力が問われます。どの職種にも共通していますが、音楽に関する知識や演奏するための技術を要求されます。演奏者や指導者になるためには、常にスキルを高めるための努力と技術を高めるための練習が大切で、こうした経験を積むことで、より大きな場所での演奏やオファーが来るようになります。楽器やCDの販売の仕事は、資格やスキルは必要ないので未経験でもはじめることができますが、音楽に興味のある人や熱意のある人は採用されやすくなります。
音楽・歌・演奏のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ