役者・エキストラ

チューイチ

役者・エキストラの正社員/契約社員の求人・募集情報

役者・エキストラの社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。役者・エキストラの仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    役者は、舞台劇やミュージカルをはじめとするステージで役柄を演じたり、テレビドラマや映画、コマーシャルなどで活躍したりします。多くは芸能プロダクションや劇団に所属して働きます。エキストラの仕事は、テレビドラマや映画で役者の後ろに写っている背景として、通行人や買い物客など、セリフのない役を演じます。そのため、自然に背景として溶け込む演技をします。撮影時間は長く、その日の天気や役者のコンディションなど、現場によっては1日中待機といったこともあるようです。そのため、待つことも仕事の1つと考えられている仕事です。なかにはエキストラなどで下積みをして、役者になる人もいるようです。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    役者の世界は実力が重視されるので、常にアンテナを張って先輩の演技を見て多くを学ばなくてはなりません。経験を積み、有名な役者ともなれば、対談番組や司会、クイズなどのバラエティー番組まで、その活躍する場は多岐にわたります。自分の出演した作品がヒットしたり、有名になったときは達成感と満足感を得ることができるでしょう。また、主役や主役級の役者ともなれば、高い給与を得ることができます。エキストラはあこがれの有名な役者を目の前で見ることができるので、役者を目指している人は勉強になります。役者は上下関係が厳しい世界といわれているので、目上の人に対しての礼儀やマナーが身につくでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    役者・エキストラは、芸能プロダクションや芸能事務所や劇団に所属するのが大半です。映画やドラマの撮影は、早朝から深夜にわたることも多く、暑い時期や寒い時期も関係なく屋外の撮影もあります。休日も不定期なことがあるので体調管理に気をつけることは重要です。役者・エキストラとも服装は比較的自由です。役者の場合はほとんど、その役柄に合わせて衣装がありますので、私服での出演はあまりないでしょう。エキストラは現代劇の場合は基本的には私服で出演するケースがほとんどですが、時代劇などはカツラや衣装など用意されます。役者は赤ちゃんから年配の人まで幅広い年齢層がいて、定年がある職業ではないので続けたいと思う限りは歳を重ねてもできる仕事です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    役者・エキストラになるために資格は必要ありませんが、役者の養成所や演劇スクールに通って演技や発声の勉強をする人が多いです。舞台や映画、ドラマに出演するためにはオーディションを勝ち抜かなくてはなりません。オーディションに合格してもはじめのうちは端役が多く、その道程は険しいといえます。演技力を磨き、徐々に重要な役柄をもらうことができれば役者の道が開けていきます。最初は先輩の付き人からはじまることも多いですが、役者として大成したいという強い気持ちを持ち続け、忍耐強く常に努力をできる人は向いているでしょう。撮影までの待ち時間や空いた時間など先輩役者を含め、監督、脚本、撮影スタッフなどからさまざまな知識と情報を得ることが必要です。
役者・エキストラのバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ