舞台・劇場スタッフ

チューイチ

舞台・劇場スタッフの正社員/契約社員の求人・募集情報

舞台・劇場スタッフの社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。舞台・劇場スタッフの仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    舞台・劇場スタッフは、演劇や歌舞伎をはじめコンサート、リサイタル、オペラ、オーケストラなどの制作・管理・運営すべてを行います。運営・管理は公演の企画や公演スケジュール管理をはじめ、広報・総務・会計などの事務作業になり、公演に向けて広告・宣伝やチケット販売など業務も担当します。制作の仕事は、舞台の設営、照明・音響などさまざまな機材の運搬・設置・点検などの業務です。照明技術者や音響技術者といった仕事は、専門の技術者が担当しますので知識と経験が必要です。当日の物販や会場整理はスタッフが行う場合もありますが、劇場の規模によってアルバイトや派遣を雇うなど配置する人数も変わります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    舞台・劇場の仕事は、未経験でもはじめられるメリットがあります。自分が企画して携わった舞台を見てくれたお客様に喜んでもらえたときは感動を得ることができます。また経験を積んで責任のある業務をまかされるようになるとやりがいにつながるでしょう。1つの作品を作るために多くの人が動くので、協調性も身につき仲間意識も芽生えてくるでしょう。舞台監督や技術スタッフ、出演者など各分野のスペシャリストからさまざまなことを学ぶチャンスがあるので、将来は独立して、フリーランスで仕事を受けることも可能です。ディレクションからプロモーションまでさまざまな過程があり、自分の将来の可能性を感じることができる仕事でしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    勤務先はイベント制作会社や演劇専門の制作会社などがあります。公演間近の期間は点検や最終リハーサルなどが長時間にわたることもあり、それに伴い勤務時間も増えます。公演期間中も夕方から夜にかけて上演されるケースが多く、出勤時間は遅めですが、公演終了後の片付けや次の日の準備などがあり、帰宅は遅くなることが多いです。土曜日・日曜日は公演がほとんどの日にあるので、現場に出る場合はシフト制になることもあります。服装は自由ですが、営業部門であれば、ビジネスマナーに則ったスーツ着用が望まれますが、現場スタッフは動きやすい服装が望まれます。人が多く集まる場所なので、駅から近くの場所にあったり、多少駅から遠い場合は駐車場があったりと、比較的通勤には便利です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    舞台・劇場スタッフになるための資格は必要ないので、未経験でもはじめられます。しかし、照明や音響技術者になるためには資格や技術力が必要なので、専門学校や大学を出ている人、実務経験のある人が優遇されます。舞台セットを作る仕事は、大道具から小道具まで、公演内容に合わせてさまざまな舞台演出を行うためのセットを作ります。創造性、表現力などのデザイン的センスも求められ、図面を描く技術も必要です。美術系の大学や専門学校で学んでいると有利ですが、最初はアシスタントをしながら知識と経験を積んで、1人前に成長していきます。舞台や演劇が好きな人、常にクオリティの高いものを生み出す努力ができる人が向いているでしょう。
舞台・劇場スタッフのバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ