有限会社マヤ化粧品店

業種:
販売
職種:
化粧品・コスメ販売
エリア:
横浜市洋光台
従業員数:
正社員3名 / アルバイト2名 2020年時点

お店の魅力の深堀。意欲の高い経験者の採用に成功。資生堂化粧品専門店として化粧品・サプリのカウセリング・提案・販売や施術、アフターフォローまでトータルでサポートしている有限会社マヤ化粧品店様。バイトルNEXTのサービスを利用してどのように採用を成功させることができたのか、活用事例をご紹介します。

課題

個人店だからこその“こだわり”を受け継げる人を採用したい。

地域に愛される化粧品店。大切にしてきたこだわりを受け継ぎ、お店の顔として接客・販売を任せられる人を採用したかった。しかし、“このお店だから働きたい”という人からの応募を獲得できていなかった。
結果

お店の魅力の深堀。意欲の高い経験者の採用に成功した。

エリア特性・応募状況に合わせて原稿を都度ブラッシュアップ。化粧品の販売経験がある人の採用に成功した。入社後すぐに常連さんとも打ち解け、お店の雰囲気づくりに貢献してくれている。
お問い合わせはコチラ

導入前の課題

大切にしてきた“らしさ”を受け継いでくれる人を採用したい。

創業以来50年間、母と二人三脚でお店を切り盛りしてきました。母も高齢になり私一人で経営と接客・販売を両立していくのには少し不安が。私が経営に専念するために接客・販売の業務を任せられる人材を探していました。

弊社は人口2万人の町の商店街に位置し、お客様は、常連の方や地元の方がほとんど。人見知りな方も多いため、サービスを通じて、やさしさや温かさをお届けし「また来たい」と笑顔になってもらう。そして自然とお客様で賑わう場所になっていく。私たちがめざしているのはそんなお店です。だからこそ、手間ひまやこだわり、気づかいをとても大切にしていますし、絶対になくしてはならない“らしさ”だと思っています。

一緒に働きたいのはマヤ化粧品店らしさを体現できる人、こだわりを伝えていける人。そのため、採用においても、たくさん応募を集め、そこから選ぶのではなく、求人情報で可能な限り自社のことを伝えきり、考え方に共感して応募してくれる人を採用するスタイルを取っていきたいと考えていました。

比較・検討

ミスマッチの抑止しながら、応募者対応にかかる時間も削減できるか。

以前、他媒体で掲載をしていた際は、“マヤ化粧品店で働きたい”ではなく、“化粧品店で働きたい”が志望動機の方が多く、応募段階でのミスマッチが多かったように思います。もちろん応募があるのはありがたいことなのですが、応募が増えると必然的に対応する時間も増えます。何とか空き時間を見つけ連絡をしても、応募者の方とタイミングが合うことは少なかったですし、その後、ご連絡をいただけないこともありました。そうこうしている間に弊社への興味を失ってしまったり、他社で決まったので辞退されたり。採用したいという想いに反して、求職者の方へご連絡する時間ばかりが増えているのも課題でした。

そのような折、バイトルNEXTの担当者からご連絡をいただきました。契約前にも関わらず、「やりがいを持って働いてもらえる人を獲得するために経験者・未経験者の両面からアプローチしていきましょう」「バイトルNEXTは若年層の未経験者に強い媒体。逆にはたらこねっとは経験者に強い媒体。両媒体を使い求人原稿を書き分けることでターゲットの幅も広がります」と多角的に提案してくれました。エリアの特性や、応募状況をしっかり分析し、応募の獲得が見込めると“偽りのない情報”を教えてくれることに好感が持てましたね。

たびたび店舗に足を運んでくださり、その度に一連の提案に納得感が増していき、掲載を「やってみよう」という気持ちにつながりました。応募者対応がスマホ1台で完結できることも、私自身の業務を圧迫されないのでは、という期待感にもつながりましたね。

提案内容

こだわりを伝えながらも、応募のハードルが上がりすぎない工夫を。

弊社の採用において募集時のメッセージはとても大切だと考えていました。バイトルNEXTの担当者は、その意をくみ取り、何を打ち出すのか、どんな表現で伝えるのか、細部にこだわりを重ねてくれました。「どんな人が働いているのか」「どんな想いで働いているのか」「どんな価値観で店舗の経営がされているのか」マヤ化粧品店に宿る“人柄”のような部分まで伝わるよう工夫しました。

動画を用いて、“弊社ならではのお客様とのやり取り”など働きがいをシーンとともに伝え、お店の空気感が伝わるよう工夫をしましたし、仕事内容についても、単に仕事内容を書くにとどまらず入社後の流れや仕事をするうえで大切にしてほしい理念も盛り込みました。また、求めている人物像についても、「こんな人と一緒に働きたい」から「選考基準」までを詳細に伝えました。「お客様との具体的なエピソードを、原稿にも盛り込みましょう」「従業員の皆さんの集合写真をトップに入れましょう」など私一人では気づけない部分にもたくさんアドバイスをいただき心強かったです。

このように、小さな積み重ねですが、求職者の方が感じる“不安要素”を少しずつ取り除くことができたことで、安心して応募していただける求人原稿に近づくことができたように思います。応募前の段階で、フィルタリングができているからか、応募後の連絡もつきやすくなったように感じましたね。

結果

求人原稿~面接で企業理解を促進。本気度の高い経験者の採用に成功。

採用活動全体を通じて「一緒に働きたいのはどんな人なのか」「マヤ化粧品店がどのようなお店なのか」を求職者の方に伝えることができたように思います。本当に弊社に合う人を採用したいため、弊社ではもともと3次面接まで行っておりました。採用までに時間がかかるため、面接の途中で辞退をされる方も以前は多くおられました。しかし、今回の掲載では、応募の段階から”お客様とどういう関係を築いてほしいのか”、”どういう働き方を叶えてあげられるのか”を伝えた上で面接に臨んでいただくことができたように感じます。

ターゲット通りの方と面接の機会を増やせたため、単に志望動機を聞くのではなく、応募してくださった方の人柄までを理解しながら、“自分らしく働けそうか“、“理想とするキャリアを描いていけそうか”まで、面接で一緒に話し合うことができましたね。

今回採用させていただいた方は、もともと百貨店で化粧品を販売をされていた方。表情や声のトーンも弊社にぴったり。入社して1ヶ月ですが、すでに常連さんと打ち解けて、お店のいい雰囲気づくりに貢献してくれています。

評価

豊富な採用ノウハウに裏打ちされたきめ細やかな対応が魅力。

担当者の方にある程度の要望しか伝えていないにも関わらず、こちらの意図を汲み取って求人原稿を仕上げてくださったことに、まず驚きました。掲載開始後も、応募がきている他社企業と弊社の違いや、競合と比較した弊社ならではのメリットを考え、文言や画像のブラッシュアップを都度行ってくれましたね。

思うように反響が得られないときも「次はこういう風に変えてみませんか?」「応募者の方と電話連絡がつきにくい場合は、SMSなどのメッセージを同時に送りましょう」など、応募獲得から応募者対応まで先回りをして、提案や改善案を示していただけるので、任せておけば大丈夫かなという安心感につながっていきました。

お問い合わせはコチラ

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP