ワークネット株式会社

業種:
人材派遣業
職種:
軽作業・物流、工場・製造
エリア:
関西圏
URL:
https://e-worknet.jp/

地元のビジネス事情を支援する「地域貢献」にも通じる、気配りの行き届いたサポートサービスを念頭に、関西圏エリアを対象に、地域密着の人材派遣サービスを展開されているワークネット株式会社様。「HRコボットfor応募対応」を導入し、応募対応の自動化とWEB面談環境を整備されました。結果的に、応募対応工数の削減と、応募数増加に繋がりました。さらに、テレアポ代行サービス「HRコボットforアポ獲得支援」も活用し、取引先増加に繋げた事例についてインタビューしました。

課題

応募数・登録者数増加

新型コロナから経済が回復しつつあり、人材を必要としているお客様が増えており「とにかく今は登録スタッフを増やしたい」という目的があった。
結果

WEB面談が求職者にとってメリットとなり応募数増

面談をWEBで気軽に行えるようになったことで応募数・面談数が増え、登録者増加に繋がった。応募対応工数の削減にも繋がっている。
お問い合わせはコチラ

コロナ禍だからこそ、求職者思考に合わせてWEB面談機能を導入

「HRコボット for 応募対応」の導入にいたった背景をお聞かせいただけますか?

人材を必要としているお客様が増えており、「とにかく今は集客したい」という目的がありました。コロナだからこそ対面を避けたい方も多いと思いますし、HRコボットfor応募対応のWEB面談機能を使うことで、求職者に価値提供を行いたいと思い、導入に至りました。

WEB面談が出来るようになったことは会社として大きな進化となりました。家に居ながらでも面談ができるようになったので求職者としてもメリットとなりました。

「HRコボット for 応募対応」の操作性や使用難易度はいかがでしたか?

難しさは一切無いです。デジタルに疎い私でもできるので、利用難易度は低いと思います。コボット上で、応募者にメールが送信できたり、システム内で応募対応が完結するので、使い勝手が良いです。今までの応募者対応方法だったら、各求人サイトの管理画面に行って、1人ずつ電話して…というような対応をしていました。今では、コボットから「履歴書・経歴書を送ってください」といったような連絡を入れるだけで、応募者の対応ができるようになりました。

求職者にWEB面談がメリットとなり、応募数が増加

実際の業務で「HRコボット for 応募対応」を導入して変化したところを教えてください。

応募数・面談数は増加しましたが、その反面でWEB面談の気軽さの影響で、面談のキャンセル率は上がってしまいました。しかし、対面しなくても面談ができることは、求職者にとっては大きなメリットになっており、結果的に登録者の増加に繋がっております。

今後は、新型コロナ影響で一時的に減っている派遣先現場数を戻し、増えた登録者をしっかりマッチングさせ、売上に繋げていくということが今後の課題となっています。

「HRコボット for 応募対応」のWEB面談機能使い勝手はいかがでしょうか?

面談を対面かWEBで行うか選択肢として、選べるようになったことはとても良いと思います。コロナだからこそ対面を避けたい方も多いと思いますし、ネット上のコミュニケーションが得意な方が40~50代でも多くなっています。

その為、若年層もミドル層もWEB面談を選択する方が増えているように感じます。WEBであれば、在宅で面談することもできるので、とても良いと思います。

コロナ禍で飛び込み営業ができなくなった分を「forアポ獲得支援」でカバー

次に合わせてご利用頂いている「HRコボットforアポ獲得支援」に関して、導入後の変化を教えてください。

現時点では「HRコボットforアポ獲得支援」を利用して8社取引先が増加しました。

今まで新規営業として行っていた飛び込み営業が新型コロナ拡大により、できなくなってしまいました。その分を「HRコボットforアポ獲得支援」を利用し、新規コールを代行してもらうことで、新規営業数を担保できるようになりました。

結果的に、商談数も増え、取引社数増加に繋がりましたが、どうしても飛び込み営業よりは受注率は低くなってしまいます。そこに関しては、商談数を増やすことでカバーしていきたいと考えております。コロナ情勢も徐々に回復傾向にあるので「HRコボットforアポ獲得支援」を利用して、取引社数もコロナ以前の状況に戻していきたいと思っています。

今後のビジョンを教えてください。

世界情勢・コロナ・円安による原料価格の高騰の影響を受け、派遣先となるお客様の業界の生産ラインがストップしてしまっています。もちろん、いち早く経済正常化して売上が回復していくことが一番です。ただすぐに叶う話ではないので、私たちの事業の根幹である「働きたい方と働き手が必要な企業をマッチングさせる」をしっかりやっていきたいと思っています。

お問い合わせはコチラ

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP