会計事務所

チューイチ

会計事務所のバイト・アルバイト・パートの求人情報

会計事務所のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    会計事務所でバイトやパートをする場合の仕事内容は経験や能力によって大きく変わります。一般的な仕事としては、会計ソフトを使って領収書を入力したり、備品の発注をしたり、会計事務所全体の雑務全体を任されたりというものです。会計ソフトの使い方がわかれば、数字を入力するだけの作業になるので、専門的な会計知識は必要ないことも多いです。事務所によっては、お茶入れや伝票入力などから仕事をはじめ、努力を認められたことで、決算業務に携わるというケースもあります。そのため、未経験でも事務スタッフとして採用される可能性はあります。バイトやパートをする人のなかには、税理士資格受験のために時間を短縮して働いているという人がいます。会計士としてのキャリアを持ちながら出産を経て、パート勤務しているというケースもあるでしょう。ある程度業務経験のある人なら会計士業務に準ずるような仕事を任されているケースもあります。その場合、クライアントの経営補助資料の作成やクライアントの相談業務、業務全体の打ち合わせなど、専門的な知識や経験を要します。このように、会計事務所ではキャリアや能力によって仕事内容に違いがあります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    会計事務所のアルバイトは、パソコン入力などの事務作業だけでなくコミュニケーションも大切です。お客様からの信頼を得られるよう、相手が納得できるような話し方が必要なため、コミュニケーション能力の向上が必要です。年末や年度末は特に忙しい時期で、効率よく作業をこなす必要があるので、集中力が身につきます。会計についての知識が得られますので、自宅で家計簿をつける際にも役に立ちます。公認会計士、税理士の資格を取得したい人は、仕事をしながら知識と経験が身につくのでとても有利です。実際に、アルバイトで働きながら予備校に通って資格取得を目指す人も多い世界です。朝から夕方までの勤務が多いので、家庭と仕事を両立したい人にもオススメです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    会計事務所での仕事は、基本的にはデスクワークが中心で静かな環境です。チームで仕事をするというよりは、1人で黙々と業務に向かいますが、書類を作る際はほかのスタッフの力を借りることがありますので連携は必要です。年齢層は20代から50代で、男女比も同じくらいです。力仕事はほとんどなく働きやすい環境ですし、一度スキルを習得してしまえばブランクがあっても復職しやすい仕事です。勤務時間は平日の朝から夕方までが多く、時間がきっちりと決まっていますので予定が立てやすく、家庭を持っている人でも無理せず働けます。服装は私服の場合と制服の場合とありますが、私服の場合は清潔感のあるきちっとしたオフィスカジュアルを求められます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    会計事務所のアルバイトは、簡単な入力作業や備品の発注、お茶出し、電話対応などの雑務を担当する場合は、パソコンを使える人であれば未経験でも採用している事務所が多いです。会計伝票の入力、クライアントの経営資料の作成、相談業務、給与計算といった業務の場合は、簿記やWord、Excelの資格を持っている人、またはスムーズに使いこなせる人が採用される可能性が高くなります。資格を持っていない場合でも、資格取得のための勉強をしている人はアピールするとよいでしょう。細かい作業が得意な人や几帳面な人、計算が得意な人は向いている仕事ですので、面接時にアピールすることがオススメです。お客様とのコミュニケーションも大事ですので接客が得意だと好印象です。

未経験から会計事務所の仕事につくには

未経験から会計事務所でのバイトやパートを目指すなら、事務スタッフを募集している求人に応募すると良いでしょう。伝票記録や簡単な総務事務、電話・来客対応など一般事務職とあまり変わらない仕事内容なら、未経験でも応募できる求人があります。担当会計士の指示のもと事務サポートを行う仕事の場合、会計の専門知識を必要としないケースもあります。事務職の経験や、一般企業で経理や給与計算などの業務を経験している人なら優遇されることがあるでしょう。また、事務経験がなくてもパソコン能力や簿記などの能力が高ければ、採用される可能性があります。実際、採用条件欄には「Word」「Excel」「簿記2級以上の有資格者」などと明記されている求人も少なくありません。そのため将来的に、会計事務所での仕事を希望する場合は、パソコンや簿記のスキルを身に付けておくのもひとつの方法です。もし、税理士を目指しながらアルバイトとして会計事務所で働きたいという場合、科目資格合格者であれば、給料の面でも優遇されることがあります。すでに資格を持っている人なら独立を目指せる事務所もあります。将来的なキャリアプランを立てたうえで応募条件を確認し慎重に求職活動を行う必要があります。

志望動機の書き方・話し方

志望動機の内容では、具体的な就業意欲やその根拠をわかりやすく伝える必要があります。会計事務所のホームページやパンフレットを通して、その事務所の強みや特徴を知りましょう。会社の実績を知り、どうしてこの会計事務所で働きたいのかという理由を考えやすいです。その上で履歴書の志望動機欄には、「数ある会計事務所のなかでなぜこの事務所を選んだのか」という点を考えた上で記入します。また、自分自身のスキルや資格を使ってどのように活躍できるのかという点も示しましょう。「几帳面な性格でミスなくスピーディーに事務作業が可能です」「パソコン能力の高さには自信があり、仕分けや入力作業などいち早くこなすことができます」など具体的に表現することが大事です。それによって、採用側にこの人なら十分役に立ってくれると判断されれば、採用される可能性は高くなります。会計事務所のなかには、繁忙期などに残業が多くあり人材が定着しにくいというケースがあります。ある程度仕事を覚えた人がすぐに辞めてしまうことは事務所にとって大きなダメージです。そのため、バイトをする以上できるだけ長く働きたいという点や積極的に仕事をマスターしたいという意欲をしっかり示すようにしましょう。

税理士事務所・司法書士・会計・法律事務所の社員・正社員の求人情報
ページトップへ