貿易事務

チューイチ

貿易事務のバイト・アルバイト・パートの求人情報

貿易事務のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。貿易事務の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容(バイト内容)
    貿易事務とは、商社やメーカーなど海外の取引先とやりとりがある会社での事務の仕事です。商品や原料、素材の輸出入に関わる業務で、輸出入の際の煩雑な事務手続きを行います。大きく分けて「輸出業務」と「輸入業務」があり、それぞれ業務内容が異なります。たとえば輸出の場合には輸出通関手配のほかに通関書類の作成や運送便の手配、輸入の場合には輸入通関手配と関税・消費税の納付などです。扱っている商品などによって業務内容は変わるため、会社ごとに求められる知識やスキルは変わります。しかしどの職場でも基本的な事務処理能力とコミュニケーション能力は求められるでしょう。貿易事務の仕事は輸出入に関わる情報の伝達や各種の調整など、社内・社外問わず人との接触が多い仕事だからです。海外の人とやりとりをしなければならないため、言葉だけでなくその国の文化や習慣、一般常識などを知っておく必要があります。国際情勢に影響されることもあるので、常にアンテナを張り、状況に応じて臨機応変に対応できる人が向いているといえます。未経験の人にはチャレンジしづらい仕事かもしれませんが、パートやバイトから始めて徐々にキャリアアップしていく人もいます。

求められる語学力について

食品や雑貨、ワイン、花、ときにはアパレル商材など貿易事務で取り扱う商品は多岐にわたります。扱うものによって業務内容は多少変わりますが、どの職場においても英語力が求められるでしょう。メール、電話、書類作成など、あらゆる場面で英語を使う機会がありますので、英語に親しんでおいたほうがいいでしょう。どの程度の英語力が必要なのかは会社によって変わってきます。読み書きだけできればOK、というところもあれば、取引先の人と実際に会って話さなければならないこともあります。そのため採用試験を受けるときには、TOEICなどの英語のスキルを証明できるものがアピールにつながります。しかし貿易事務で使用する英語にはパターンがあり、簡潔でわかりやすい文章になっていることが多いです。毎日同じような英文を見たり聞いたりしていけば徐々に慣れていくこともできますので、英語力に自信がない人でもチャレンジはしやすいでしょう。また取引先によっては中国語、スペイン語、ロシア語など、英語以外の言語が役に立つこともあります。基本的な読み書き能力、日常レベルの会話ができれば未経験でも受け入れている会社はありますので、自分の持っているスキルを存分に活かすことができるのではないでしょうか。

貿易事務の社員・正社員の求人情報
ページトップへ