受付

チューイチ

受付のバイト・アルバイト・パートの求人情報

受付のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    受付けのアルバイトの主な仕事内容は、来訪者と担当部署、担当者の間の橋渡しです。勤務先は企業や病院、商業施設などさまざまですが、来訪者の案内をするという意味では大きな差はありません。勤務先の企業や施設の顔として、来訪者の接客をし、スムーズに目的の場所まで案内するという役割を担います。ただし、付随する業務内容には大きな違いがある場合があります。単純に電話で担当部署・担当者を呼び出すだけという職場もあるのですが、病院での勤務では会計業務を担当する可能性もあるでしょう。商業施設の受付けをする場合は、お客様の案内に多くの時間を割かれるかもしれません。また、最近では来訪者、担当者、会議室などの予定をパソコンで管理している企業が多いので、パソコン操作も業務について回ります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    受付けのアルバイトをすることの大きなメリットは、業務を通じて高い水準のビジネスマナーや正しい言葉づかい、接客スキルを身につけられることです。これらのスキルはポータブルスキルと呼ばれ、あらゆる職種で活かすことができます。受付けの仕事で培った経験やスキルは将来のキャリアを大きく広げてくれることでしょう。また、仕事を通じてさまざまな人と出会えることもこの仕事の魅力の1つです。他の職種では接することができないような人と、言葉を交わすケースもしばしばあります。直接、「ありがとう」という感謝の言葉をかけてもらえることが多く、刺激的でやりがいのある毎日を過ごすことができます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    職場によって異なりますが、受付アルバイトの時給は若干他職種よりも高めに設定されていることがあるようです。勤務時間は企業や施設の営業時間がベースとなり、トラブルや残務がなければ定時で退社できるのが基本です。勤務時間中は、会社の顔として外部と常に接していることになります。笑顔や美しい姿勢、気配りなどを維持しなければならないという面があり、緊張感を強いられる職場環境ともいえます。服装や髪形は来訪者に不快感を与えない清潔感が重要です。制服が支給される職場が多いのですが、私服勤務の場合はいわゆる「オフィスカジュアル」がオススメです。時間帯や曜日によって来訪者の数、仕事量は異なるので、各時間帯、曜日に応じた心構えや準備が大切です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    受付業務のアルバイト求人で、資格の有無を問われることは少ないでしょう。受付けは会社や施設の顔。資格ではなく、明るく手際の良い対応、洗練された言葉づかい、ビジネスマナーといったスキルが求められるケースが多いはずです。ただし、外国のお客様の来訪が予想される企業や施設では、語学力はもちろん、英検、TOEICといった外国語に関するスキルがあると採用時に有利に働く可能性があります。また、勤務先よっては、1日に100人、1000人と多数の方が来訪することも予想されます。来訪者が多くなれば、予想外の出来事に遭遇することも増えるはずです。イレギュラーな出来事にも冷静に対処できる力も必要です。

受付の仕事について

受付はお客様を案内したり、代金や入場料を徴収したりすることが主な仕事です。受付事務として募集されていたとしても基本的には接客業であるため、事務方の仕事が得意な人だけではなく、人と接するのが好きな人にも向いている仕事といえます。受付業務はこれ以外にも、もうひとつ大切な役割があります。受付は企業やイベントなどの顔となるため、所属先に対する看板の役割を果たすということです。受付業務はお客様が企業やイベントと接する入り口となります。受付の態度や対応の仕方によってお客様が受ける所属先への印象は異なるので、受付業務に就く人に対してはきちんとした振る舞いを求められます。受付といっても、従事する場所の選択肢はかなり広いです。企業や病院の受付事務のこともあれば、イベントなど期間限定の受付業務もあります。また、デパートなど大型商業施設での仕事がある一方、町の小さな博物館の受付もあります。受付業務の仕事はさまざまな場所で募集されていますが、所属先によって仕事内容や忙しさは変わってくるので、どの企業やイベントの受付業務につくかは事前によく調べておく必要があるでしょう。自分に合った受付業務を見つけることで、より生き生きと充実して働くことができるでしょう。

志望動機の書き方・話し方

受付業務に就きたい人にとって、志望動機の書き方や話し方はとても重要になってきます。受付の仕事は接客業であるため、人にものを伝えるのが上手な人が基本的に向いているからです。説明が上手だったり、話を相手に上手に伝えられたりできるかは、志望動機の書き方や話し方から推測することができます。志望動機には、なぜ受付業務に就きたいのかを伝えるとともに、自己PRも織り交ぜると良いでしょう。「人と接することが好き」「明るい性格で人見知りすることはない」などの言葉は、面接ではプラスに働きます。また、学生時代に行った留学経験やボランティア活動もあれば、積極的に書いたり話したりしておくと良いでしょう。「人見知りをせず活動的」といった自己PRに、説得力を持たせることができます。受付業務の面接では、面接者の話し方や聞く態度はとても重要な判断材料となります。正しい敬語を使うとともに、大きな声ではきはきとしゃべることで、面接官に好印象を与えられるでしょう。もうひとつ忘れてはならない大切なことは、履歴書は丁寧で読みやすい字を心がけて書くことです。受付業務ではメモを書いてお客様に渡すことがあります。

ページトップへ