コールセンター

チューイチ

コールセンターのバイト・アルバイト・パートの求人情報

コールセンターのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。コールセンターの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

コールセンターのお仕事とは

コールセンターの仕事は大きく分けて2つあり、受信業務の「インバウンド」と発信業務の「アウトバウンド」です。インバウンドでは、テレフォンショッピングなど、商品の注文を受けたりする仕事やカスタマーサービスなどでの商品の使い方を説明するといった対応が多く、お客さまからの電話を受けて対応する仕事になります。着信数に対してこれくらいの応答をこなすというノルマが課せられることもありますが、仕事内容は営業色の強いものではありません。マニュアルに沿って適切な受け答えをして応答内容をパソコンに入力します。そのためパソコンのスキルも求められる傾向です。アウトバウンドは、オペレーターが個人や企業に電話をかけて新しい商品の紹介やアンケート、市場調査などを行います。テレアポと同じような仕事内容で営業色が強いため、ノルマが発生することもあります。インバウンドとアウトバウンドのどちらにも求められるのがコミュニケーションスキルです。丁寧な受け答えと適切で明るい対応が必要とされます。ヒアリング能力も重要とされ、相手の言葉を正確に聞き取ることや、失礼のないように聞き返せるテクニックが重要となるため、事前の研修などでしっかり身に付けておく必要があるでしょう。

短期のお仕事内容

コールセンターの仕事はマニュアルや研修なども多く、仕事を覚えるまでに時間がかかるイメージをもたれることが多くあります。長期のパートやバイトでしか求人がないと思われがちですが、短期でも多くのコールセンターで募集が見られています。コールセンターで働くには特別な経験やスキルも必要としていないため、未経験者でも気軽に始められるのが魅力です。夏休みや冬休みなどを利用して働くことも可能なので、学生にも人気のバイトといえます。コールセンターでのメイン業務のひとつであるテレアポでは、電話をかけたお客さまから断られることもあります。その反面、時給が高いのがポイントかつ魅力的な仕事です。ノルマをこなすことでさらなる賞与が与えられることもありますので、やりがいは十分に感じられます。最初は短期のつもりで始めても、仕事が自分に合っていれば長期のバイトに切り替えることも可能なので、継続性も十分にある仕事です。

深夜のお仕事内容

24時間稼働していることが多いコールセンターでは深夜のパートやバイトも募集しています。平日の昼間に別の仕事をしている人のダブルワークとしても人気で学業に忙しい学生にもぴったりの働き方でしょう。深夜という時間帯からフリーターにも人気の仕事です。企業や個人が活動していない時間帯の仕事であるため通販会社や警備会社、ロードサービスなど24時間の対応が必要な現場での求人が多い傾向といえます。一般的なバイトと同じように深夜の時給は高く設定されています。労働基準法上、昼間の時給に対して1.25倍の時給に設定されているためです。昼間ほど対応する電話件数も少ないことから割のいい仕事であるといえるでしょう。建物も昼間に比べて静かですので、静かな環境の中で仕事をしたい人にはぴったりです。コールセンターの場合は建物の中での仕事ですので防犯面でも心配はいりません。深夜だけのコールセンターの仕事というのは長い期間で働き続けるのは体力的にも難しいため通常は日勤と夜勤でシフトが組まれることが多い傾向です

面接の対策と心構え

コールセンターでの仕事はお客さまと直接会話をするため、言葉遣いの丁寧さやコミュニケーション能力が必要です。面接においても丁寧な言葉遣いを心がけ、面接官との適度なコミュニケーションを大切にしましょう。お客さまにどのような態度で対応できるのかをアピールするいいチャンスですので終始笑顔を心がけ、言葉遣いに気を付けて話します。コールセンターでの仕事が初めての場合には正直に初めてである旨を伝えましょう。未経験者でも研修制度が整っているところが多いため、初めて仕事をすることはあまり問題にされません。研修があるので安心して仕事が始められるという考えを面接官に伝えるのも好印象です。コールセンターでの仕事の経験がある場合には、どのようなサービスを行っていたのかということや扱っていた商材なども伝えると、使える人材であることがアピールできます。企業としては交通費はできるだけおさえたいので、通勤するのに便利なことも好感度が上がるでしょう。面接ではシフトの希望や、仕事を始められるタイミングなども質問されます。予想外の質問に焦らないようにあらかじめいくつかの質問を予想してきちんと考えてから面接に臨みましょう。

面接時の服装について

面接では社会人としてのマナーや、仕事に対する意気込みも判断されます。そのため面接時にはカジュアルすぎる服装や髪形を避け、きちんとした服装を心がけましょう。しかし必ずしもスーツやジャケットである必要はなく、オフィスにふさわしい服装であれば問題ないでしょう。男性の場合には襟付きのシャツを着ることで、きちんとした印象を与えます。チノパンやスラックスにきれい目の靴を合わせると、さらに印象はよくなるでしょう。女性の場合には清楚さと上品さが求められます。ブラウスなど女性らしく映るものが良いでしょう。きちんとした印象が保てるのであればニットやカットソーでもかまいません。パンツスタイルでも問題はありませんが、スカートを履く場合には膝が隠れるくらいの長さがおすすめです。足元はサンダルやスニーカーを避け髪もきちんと整えましょう。メイクもアクセサリーも控めが好まれ、ネイルもできるだけ避けるのがベターです。面接ではビジネスの現場において不自然でない格好をするのが重要であるといえるでしょう。服装でのマナーが守れる人は仕事もきちんとこなせる人であると判断されるのです。

コールセンターの社員・正社員の求人情報
ページトップへ