コールセンター

チューイチ

コールセンターの正社員/契約社員の求人情報

コールセンターの社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。コールセンターの仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    コールセンターの正社員の仕事内容は、一般的に2つの分類方法があります。1つは、コールセンターの業務内容による分類です。コールセンターの仕事の特徴は、電話を利用して業務を行うことですが、かかってきた電話に対する業務をインバウンド、電話をかける業務をアウトバンドと呼んで区別しています。インバウンドについては、製品やサービスに関する使用方法や苦情などに関する問合わせの対応が中心です。アウトバウンドについては、お客様名簿を使った製品の案内やアトランダムに電話をかけて行うアンケート調査などが主な業務内容です。 コールセンターの仕事のもう1つは、管理者か否かというもので、オペレーターとマネージャーに分けられます。マネージャーはスーパーバイザーなどと呼ばれることもあります。実際にかかってきた電話をとって対応したり、名簿などに基づいて電話をかけたりする業務を行う人をオペレーターと呼び、オペレーターを管理したり教育したりする立場の人をマネージャーと呼びます。コールセンターの募集内容を確認する場合は、オペレーターの募集なのかマネージャーの募集なのかをよく確認することが必要でしょう。オペレーターの実務経験を積み重ねることによってマネージャーに昇格できる場合があります。コールセンター業務はアウトソーシングされることが多く、1人のオペレーターが複数の会社に対する問い合わせに対応することも珍しくありません。

志望動機の書き方・話し方

コールセンターの正社員として社員登用されるためには、書類審査や面接をクリアする必要があります。履歴書や職務経歴書の書類選考や面接にあたっては、志望動機をどのようにアピールするかがポイントになるでしょう。選考のために提出する書類を作成する前にしっかり志望動機を整理し、面接の前にも志望動機に関する質問を想定して回答を準備しておく心構えが必要でしょう。志望動機を書いたり話したりする場合のポイントは、応募先の企業の採用担当者が好感を持てる内容にすることです。例えば、コールセンターの業務の中心となる「人と話すこと」が得意であることをアピールするのも効果的ですし、声が良いといわれるといったことも良い印象を与える効果が期待できるでしょう。そういった自分の特徴などを活かして仕事をしたいと訴えることが大切です。また、数あるコールセンターの中からなぜ応募先の会社を選んだのかということも志望動機の重要なポイントです。面接官などに良い印象が残るような具体的なエピソードを入れることで、採用担当者により強いインパクトを与えることができるでしょう。書類に記載する場合は長くなりすぎずにコンパクトにまとめ、面接においては直接話をすることになりますので熱意をアピールことをオススメします。

ページトップへ