データ入力、タイピング(PC・パソコン・インターネット)

チューイチ

データ入力、タイピング(PC・パソコン・インターネット)の正社員/契約社員の求人情報

データ入力、タイピング(PC・パソコン・インターネット)の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。看護師の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    データ入力は、パソコンを使用して各種データを打ち込む作業がメインとなる仕事です。打ち込むデータはその企業により異なり、受発注データや手書きの書類など、多岐に渡ります。なかにはテレビのテロップを作成するなど専門的な業務もあります。入力するデータは数字や和文、英文などさまざまです。どのデータにおいても、正確かつスピーディに処理する能力が求められます。そのため決められたルールに従い、慎重かつ迅速に行動できる人が向いている仕事でしょう。この業務は必須となる資格がなく、未経験でも採用してもらえる可能性があります。企業独自のソフトへ入力することもありますが、WordやExcelといったソフトへの打ち込み作業を取り入れているケースも存在します。そのため基本的なOfficeソフトの操作をマスターしておくと、採用面接で強みとしてアピールできるでしょう。AccessやPowerPointも同時にマスターしておくと、仕事をしていくうえで業務の幅を広げることができるかもしれません。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    データ入力、タイピング(PC・パソコン・インターネット)の仕事は、入力ミスをしないように気をつけることが求められるので、慎重さと正確さが身につくでしょう。同時にタイピングスキルもアップします。デスクワークで単調な作業が続くことも多いので、根気よくコツコツと作業するのが得意な人にはオススメです。基本的にオフィスワークなので体の負担は少なく、年配の人や女性でも働きやすい利点があります。一度スキルを習得してしまえば再就職や転職の際も便利なので、ブランクがあっても問題ないでしょう。働きながら日商簿記検定や文書情報管理士、秘書検定などの資格を取ることで、将来のキャリアアップも見えてきます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    データ入力、タイピング(PC・パソコン・インターネット)の仕事は、社内で働く場合と在宅で働く場合があります。在宅の場合は、自分で時間を調整できるので主婦・主夫、育児とも両立も可能です。会社勤務の場合は、データの入力作業だけでなくほかの業務を行いながら働くケースが多く、伝票処理・書類作成や電話などの一般事務の対応を行うこともあります。また、ホームページの更新や修正、PowerPointを使用してプレゼンテーションの資料作成の仕事を行うこともあります。データ入力の際には、会社のデータベースや個人情報など重要なデータを取り扱うことになるので、責任が伴います。幅広い世代ができる活躍できる職種です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    データ入力、タイピング(PC・パソコン・インターネット)の仕事は、未経験からでもはじめることができます。ただ、仕事でPCを使うので基本的なスキルは必要です。企業独自のソフトの場合もありますが、ExcelやWordは使用頻度が高いので、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を保持していると優遇されます。過去に事務職の経験がある人はより高いアピールポイントとなるでしょう。大量のデータを入力するので正確さはもちろん速度も求められます。単純作業ですが、長い時間ミスなく作業を続ける集中力が必要です。キーボードを見ずに指先の感覚で入力をするタッチタイピングができるとスムーズに仕事を進めることができます。

志望動機の書き方・話し方

データ入力の仕事は企業内で働く、または在宅勤務で働くといったパターンがあります。初めから正社員として採用されるケースもあれば、社員登用ありの求人に応募し、社員にステップアップできるケースなどさまざまです。採用面接ではデータ入力の仕事を選んだ理由を問われるケースが多く、明確に志望動機を伝えられるようにしておくことが重要です。パソコンの打ち込みスピードに自信がある、Officeソフトの取り扱いに慣れているなど、業務に関連するアピールポイントを整理しておくと良いでしょう。WordやExcelの扱いが得意な場合には表計算ができる、文書作成やデータのグラフ化ができるなど、具体的なスキルを説明できると採用に有利になるかもしれません。タイピングスピードを測定しておき、1分間に何文字程度打ち込みができるか伝えるのも良いアピールになります。具体的に数字化することで、採用担当者に自身の魅力を伝えやすくなるでしょう。在宅勤務の場合は、コツコツと仕事に取り組む集中力や持続性について説明すると採用担当者の好感を得やすくなります。在宅勤務は黙々と、粘り強く業務に取り組める人材を求める傾向にあります。活かせるスキルや我慢強い性格を上手くアピールすることで、採用に繋げることができるかもしれません。面接ではハキハキと笑顔で受け答えのできる人が好印象になりやすいといわれています。採用面接を受けるときは広角を上げ、明るいトーンで話すことを意識すると良いでしょう。

データ入力、タイピング(PC・パソコン・インターネット)のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ