経理・簿記

チューイチ

経理・簿記の正社員/契約社員の求人情報

経理・簿記の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。看護師の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    経理の正社員の仕事内容として、代表的な3つを紹介します。1つ目は、会社の活動を金額で記録するために行う帳簿作成作業と決算書作成作業です。税務処理を税理士に依頼していない場合は、法人税や消費税の申告書作成業務が含まれることもあります。経理処理を行うためには、一定の専門知識が必要になりますので、簿記の資格があった方が好ましいといわれていますが、経理処理のパッケージソフトなどが導入されている場合は、必ずしも専門的な知識がなくても対応できる場合もあります。 2つ目は、決算書の分析と報告です。決算書の分析は、その会社の業務内容によって大きく異なってきますが、主に予算に対する実績の確認と差異分析や費目別の前期比較分析などを行って事業計画や前期に対する利益変動の原因を特定します。またその分析内容を報告することも経理の仕事です。経営者に対する報告はもちろん、各部門責任者への報告や全社員に対する報告に関する資料を作成します。 3つ目は、利益を改善するために行動することです。決算分析によって明らかになった利益変動要因を関連部門に説明し、各部門の活動が利益の増加につながるように経営責任者や部門責任者などに働きかけを行います。場合によっては部門間の調整などを行う場合もあります。 企業によりますが、この他にも、入出金の管理や経理ルールの作成・改善、収支バランスの管理などの仕事もあります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    経理・簿記の正社員は、企業経営に密接にかかわることのできる仕事です。例えば、コスト、売り上げ、利益など、会社全体のお金の流れも把握することができ、会社が円滑に動いていくための「重要な仕事」としてのやりがいも持てます。会社のさまざまな部門との関係も大事になるので、コミュニケーション能力の重要性、コミュニケーションの大切さを知ることもできるでしょう。決算時期には多忙になりますが、それ以外の時期は残業がそれほど多くはないのが一般的です。定時に退社して、仕事以外の時間を有効に活用することもできます。もし、すでに簿記などの資格の保有者であれば、自分の持っている簿記検定のさらに上の級を目指すことや公認会計士、税理士の資格取得へとキャリアアップを目指すことも可能です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    経理・簿記の正社員は、会社の総務部門や経理部門などの社員として働くスタイルと、経理業務に特化したアウトソーシング会社に勤めるスタイルがあります。いずれの場合も、経験やスキル、資格によっても異なりますが、総じて高い給与が期待できる仕事といえるでしょう。実務経験を積むことでさらなる給与アップも可能です。経理・簿記の仕事は会社の営業時間内に終了することが多く、決算時期を除いては残業も少ないのが一般的です。仕事の時間や仕事内容がある程度決められている中で、きちんと仕事をこなしていくことになります。また、働いている人は性別を問わず、年齢層も幅広い傾向にあります。資格やスキルがあれば長く続けられる仕事といえます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    経理・簿記の正社員は、勤務先が導入している会計ソフトなどを使用して仕事をするケースがほとんどです。そのため、基本的なパソコンスキルが必要で、特にExcelの資格があると有利でしょう。また、求人に際し、簿記検定の有無を応募条件にしている企業も多くあります。簿記のスキルがあると役に立つでしょう。日本商工会議所、各地商工会議所主催の簿記検定試験は1級から4級に分かれていますが、中小企業の経理事務を行うには、最低限の知識が得られる3級があるといいでしょう。2級より上の検定を取得していると即戦力として評価されるケースが多いようです。3級を持っていない場合でも資格取得のために勉強をしている人はアピールしたほうがいいでしょう。

面接の対策と心構え

経理事務社員として登用されるためには、面接を突破することが重要です。面接をクリアするための対策にはさまざまなポイントがありますが、その中でも重要になるポイントは志望動機です。面接では必ず志望動機を確認されます。面接当日に慌てることがないよう、事前に志望動機を整理しておくことが重要になります。志望動機を整理するにあたっては、なぜ応募した会社に入りたいかという点と、経理として自分の能力を発揮したいという熱意を示すという点が大切です。これらを面接官に伝えるためには、具体的なエピソードを用意しておくことをオススメします。会社を選んだ理由や熱意がより伝わりやすくなるはずです。また、面接に臨むにあたっての心構えも重要です。社員登用の面接においてアピールできる客観的なスキルの証明になりますので、一般的には簿記などの資格があった方が有利といわれています。しかし、資格がなくても勉強中であることをアピールするとか、経理の仕事が未経験であってもやる気はあることをしっかりアピールすることで正社員として採用される確率を上げることができるでしょう。最後まであきらめずにアピールすることが面接における心構えとして大切です。

経理・簿記のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ