貿易事務

チューイチ

貿易事務の正社員/契約社員の求人・募集情報

貿易事務の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。貿易事務の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    貿易事務の仕事では、海外から商品を輸入したり海外へ商品を輸出する際の手続きをおもに主に担当します。手続きでは大量の書類を扱います。専門性が高く複雑で、英語で書かれていることが多い書類を、速く正確に処理する必要があります。輸出関連の仕事は、通関や運送、倉庫などの手配で、輸入関連の仕事は通関の手配や関税および消費税の納付、商品管理などです。電子Eメールや電話で関係者へ連絡して日程の調整を行うほか、通関業者や海貨業者、倉庫会社など関連会社との交渉や調整などを担当する場合もあります。輸出入における物流のコーディネーターといえる仕事でしょう。未経験でも働くことは可能で、その場合は書類チェックや倉庫での管理事務など比較的簡単な業務からスタートすることになります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    貿易事務の仕事ではさまざまな国を相手にするため、取引先の国々の気候や文化、世界情勢、為替の変動、原油価格などグローバルな知識を蓄えることができるでしょう。お客様とやり取りする機会も多く、語学力や対応力、予定の調整や管理をこなす能力が身につけられるでしょう。外国人を採用している企業も多く、職場でグローバルな交流ができるのもメリットでしょう。採用に当たっては英語の能力が有利に働くことが多く、英語の会話力や文章力を持つ人は未経験であっても、書類作成などある一定の事務スキルがあれば採用される可能性が高いです。英語を活かして世界で活躍したいと思っている人に向いている仕事でしょう。また、語学力と専門知識を要する仕事なので、ブランクがあっても採用されやすいです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    貿易事務の就職先は商社やメーカー、物流系企業、船舶会社、海運貨物取扱業者などで、週休2日制の規則正しい職場が多い傾向があります。しかし海外との取引が主となるため、時差の関係で勤務時間外に相手先と連絡を取らなくてはならないケースもあります。また、企業規模によって業務内容が異なる場合があります、大手企業では輸入と輸出が分けられているので、兼務することは少ないようです。一方、中小の専門商社やメーカーは大手に比べて業務内容が広く、輸出から輸入まで1人で担当する場合もあります。覚えることは多くなりますが、その分経験を積むことができます。語学力や専門知識が必要な仕事なので、給与も能力に見合った額をもらえます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    貿易事務の仕事では、英語のスキルを持っていると有利な場合があります。海外のクライアントとのやり取りでは英語を使用することが多く、英語の会話力や文章力が必要になるケースがあります。ため、英語によるコミュニケーション能力を検定するTOEICを受けておくといいでしょう。しかし、必ずしも英語が有効とは限りません。取引相手が英語が不得意なケースもあります。そういった相手ときちんと意思疎通がはかれないと、大きな損失につながるおそれもあるため、状況に応じて臨機応変に対応できるスキルも求められます。加えて、オフィスソフトが使えると書類作成がスムーズに行えるので有利です。こうした英語力やコミュニケーション力、業務への対応力などのほか、貿易に関する専門知識も求められます。とくに通関士の資格を持っていると、貿易事務では有利です。
貿易事務のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ