人事

チューイチ

人事の正社員/契約社員の求人情報

人事の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。人事の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    人事関係の正社員の仕事というと、「採用に携わる部署」というイメージが強いかもしれません。しかし、実際には多くの業務を行っているのです。そもそも、人事の仕事は雇用している従業員をどの部署に配属するかという人事企画を考えるところから始まります。従業員それぞれの能力や個人的な事情などを配慮したうえで計画を練りますが、それには短期的な目線だけでなく将来的な目線で検討することがポイントです。人事企画を行った結果、人材が不足していたり、現在は問題ないが長期的にみて人材不足が発生しそうだと判断したりしたら採用を行うという流れになります。ただし、採用を行った後にも人事の行う仕事は残されています。それは、雇用した従業員の教育や研修を行わなければならないからです。人事が行う教育や研修の内容は社会人の基本となるマナーなどが主で、実践に役立つスキルなどは各課が必要に応じて行うことになります。また、その他にも雇用している従業員の人事評価や成果に見合った給与体系とするための報酬制度なども必要に応じて作成することがあります。さらに従業員の健康面や福利厚生など、快適に働けるような環境を整えることも仕事の1つです。特に比較的小規模な会社では総務の役割も兼務して行うことがあり、人事総務と一体となっていることもあります。

面接の対策と心構え

人事関係を希望して面接を受ける場合、総務と人事の違いをよく理解しておくようにしましょう。中小企業のように総務と人事が一緒の部署になっている場合にはそれほど問題ありませんが、明確に線引きされている企業の場合「なぜ、人事を希望するのか」ということが面接時に質問されることがあります。総務が会社で働いている従業員全体のサポートをする部署であるのに対して、人事は「人材を上手く活用して、会社に対して最大限の効果を発揮させること」を目的としています。できれば、「高校の部活で後輩を指導した結果、大きく成長する姿を見て感動した。」というような過去の経験を踏まえて語るようにしましょう。 また、人事に求められる能力はコミュニケーション能力です。もちろん「人を見抜く力」は求められますが、会社によって求められる能力は異なりますので、そのような力は何年もその企業に勤めないと身につくものではありません。アルバイトなどで採用担当を経験したことがある方が有利になることもありますが、未経験者だからといって不利になることは少ないです。それよりも、初対面の人と積極的にコミュニケーションをとれる能力が大切になりますので、履歴書の志望動機や自己PR欄には「学校生活では、みんなと意見を交換して1つの目標に進むことが楽しかった」とか「先輩や後輩とも分け隔てなくコミュニケーションをとれることが強みです」のように書くとよいでしょう。また、会社では幅広い年代の人とコミュニケーションをとる必要があります。その点を意識して書くこともポイントです。

ページトップへ