翻訳・通訳

チューイチ

翻訳・通訳の正社員/契約社員の求人・募集情報

翻訳・通訳の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。翻訳・通訳の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    翻訳の仕事は大きく分けて3つあります。1つは海外の文芸作品や雑誌などの翻訳を手がける文芸翻訳です。文芸作品は直訳してしまうと読者が理解できないこともあるため、読者に違和感なく伝わるような日本語に訳す必要があります。2つ目はマニュアルや契約書、ビジネス文書などの実務翻訳です。正確に分かりやすく翻訳することが求められます。3つ目は海外の映画やドラマを翻訳するメディア翻訳です。限られた文字数で端的に表現しなければなりません。通訳には、話者の話を聞くと同時に訳す同時通訳と、ある程度話を聞いた上でまとめて訳す逐次通訳があります。英語の需要がもっとも多いですが、中国語など新たな需要が出ることもあります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    言葉が異なる人同士のコミュニケーションを円滑にする通訳は、人と人との橋渡しができることに喜びややりがいが感じられる仕事でしょう。日常会話から専門的な会話まで経験を積むことで、専門分野の知識やグローバルな知識を身につけることができるでしょう。海外で仕事をする機会もあるかもしれません。企業のグローバル化や外国人観光客の増加にともない、通訳に対する需要は今後ますます増えるでしょう。翻訳も、契約書やマニュアル、ビジネス文書などの実務翻訳が増加する傾向があります。通訳と翻訳いずれも、働きながら語学力の向上が見込めるほか、国際的なビジネスマナーが習得できるというメリットがあるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    翻訳と通訳の職場は、専門会社のほかに一般企業や政府、地方自治体などがあり、活躍の場は広いです。勤務時間は日中勤務で週休2日制が多く、通訳は海外出張の機会もあります。服装や髪型は、翻訳の場合作業中は人と接することがないため比較的自由ですが、打ち合わせなどでは清潔感のある服装を心がけましょう。一方通訳は、人と常に接する仕事なので、ビジネスマナーに則ってスーツを着用する人が多いようです。会社に所属しないフリーランスの人もいますが、仕事は不定期になりがちです。知識や経験を積んだ人が優遇されやすい実力主義の職業でもあるので、自分のスキルを磨くことで外交会議など大舞台で活躍できる可能性も広がるでしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    通訳や翻訳の仕事は資格を持っていなくてもできますが、取得していると有利な資格はあります。たとえば国家資格の「通訳案内士」は、訪日外国人に観光案内などができる資格です。そのほか、民間の通訳検定などもあります。翻訳の場合は、目安として英検1級、TOEIC900点以上の英語力が必要とされるケースが多いでしょう。翻訳家を目指して、大学で英語を専門的に学んだり、翻訳の専門学校に通う人もいます。文章の内容を正しく把握してふさわしい言葉を選び、読者が分かりやすい文章に直す必要があるため、外国語の能力だけでは不十分で、日本語の高い能力も求められます。語学に興味がある人や、高い集中力を持続できる人などが向いているといえるでしょう。
翻訳・通訳のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ