株式会社エイアンドエフ

業種:
販売
職種:
販売スタッフ
エリア:
新宿
従業員数:
230名 2020年時点
URL:
https://aandf.co.jp/

1店舗に20件以上の応募。採用コストを1/2以下に削減。「自然と人、人とギアの共存」を目指し、「A&Fカントリー」を中心にアウトドア・キャンプ用品の輸入販売を行う株式会社エイアンドエフ。バイトルのサービスを利用してどのように採用成功と採用コストの削減を実現できたのか、活用事例をご紹介します。

課題

採用コストの上昇

新店舗オープン等の店舗人員を満たすため派遣会社を長年利用。派遣スタッフを雇用することにより発生するランニングコストが課題にあがっていた。
結果

従来の1/2以下のコストに

名古屋エリアのオープニング募集店舗では、1ヵ月に20件以上の応募を獲得。直雇用中心の採用へと方向転換したことで、コストを従来の1/2以下へと大幅削減に成功した。
お問い合わせはコチラ

導入前の課題

新店オープンの人員確保のため、派遣会社を利用。採用コストが上昇。

定期的な新規出店計画があるA&Fカントリーでは、常に人手が必要でしたが、社内担当者のリソース不足により、採用活動にあまり時間を割くことができませんでした。そこで新店舗のオープンに間に合わせる手段として、派遣会社から人材紹介という形でスタッフを雇用していました。

店舗スタッフの9割を派遣会社からの紹介、残り1割を求人媒体から採用するイメージです。しかし派遣スタッフを雇うと、ランニングコストが常に発生し、採用費増加の原因にもなっていました。求人媒体もただ掲載しているだけでは満足な採用もできず…という状況でした。

提案内容

個性ある提案と過去の実績を信頼。着実に応募が増えはじめた。

A&Fカントリーは、オーナーがセレクトした複数のブランドを取り扱っています。ですので、いわゆる”ブランドのファン”と呼ばれる層は集まりにくい。バイトルの担当者は、そこまで理解してくれた上で、「ブランドではなく、アウトドア全体に興味のある方向けに、”しごと体験”を導入してみませんか?」という提案をしてくれました。

正直なところ「それで本当に応募がくるのか」と半信半疑でしたが、過去の実績を見ていく中で試してみる価値はありそうだと判断しました。はじめは接客等の業務を体験してもらっていましたが、”A&Fカントリーらしさ”を出そうということで、テントの設営体験も組み込んでいくことに。すると、面接の前に体験をすることで理解や共感も深まったのか、採用できる人数も増えました。

その他にも、「バイトルから応募してくれた方には面接で割引クーポンを渡し、店舗としての集客と採用を両立しましょう」「求職者に自動でダイレクトメールを送れる機能(iアプローチ)で刺さりそうなメッセージを複数案考えてきたので、検証していきましょう」など、個性のある提案を数多くいただきました。もちろん当たり外れもありましたが、仮説立てと検証を繰り返し、原稿内容を何度も書き換えてもらう中で、応募総数は着実に伸びていきました。

結果

1店舗で最大20件以上の応募も。採用コストは半分以下に。

一番インパクトが大きかったのは、名古屋の笹島にある商業施設に入った店舗の事例です。

名古屋は再開発により進出する企業が増加、採用難地域として有名でした。求人媒体各社から出される応募数のシミュレーションも低く設定されており、期待値は低かった。

しかし、バイトルは同業種の近隣エリアで応募が集まっている案件をロジカルに分析し共通点を精査。応募者がよく見ているエリアに対して出稿(エリアリスティング)する提案をして、定説を覆してくれました。その結果、オープニング採用で1ヵ月のうちに22件の応募を獲得し、余裕をもって開店準備をすることができました。

これだけの効果と実績を出せれば安心だと思い、現在は派遣会社からの採用は1割程度で済んでいます。そのおかげで派遣スタッフを雇用するランニングコストも大幅に減少し、当時と比較すると採用コストを1/2以下に抑えることができました。

評価

契約してからが本スタート。営業の伴走体制と採用ノウハウが心強い。

実は応募が増えた後に、本社と店舗でのタイムラグが発生し、せっかくの応募を採り逃すこともありました。その際には、応募者対応のスピードや面接の大切さを伝えてくれました。また電話対応時の台本を作成し、社内の共有掲示板に流す提案までいただきました。

直雇用でのアルバイト採用経験が少なかった私たちにとっては、集客・応募者対応・面接・フォローなど採用のプロセスごとにしっかりとサポートしてくれる体制が、非常に助かりました。これからも面白い提案を期待しています。

お問い合わせはコチラ

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP