株式会社ネオキャリア

営業と協力しながらバイトル、
はたらこねっとを利用して稼働UP目指す

2022.8.15

株式会社ネオキャリア

業種
総合人材サービス
エリア
全国
従業員数
約3,400名
URL
https://www.neo-career.co.jp/

人材派遣業を中心に、新卒・中途・アルバイトまで、様々な人材の採用を一手に担う株式会社ネオキャリア様。約20年という長期に渡り、「バイトル」「はたらこねっと」をご利用いただいています。派遣業という常に人材を獲得し続けなければならない業種で、いかにして高い採用を維持しているのかを伺いました。

課題
常に高い集客力が求められる
派遣業は人材のデータベース充実を求められる。そのため、常に高い集客を必要とする。
結果
dipのサービス併用で機会損失を最小に
バイトルとはたらこねっと、2つのサービスを併用した「いいとこどり」で求人効果を最大化させ、人材確保の機会損失を最小限に抑える。
\ お気軽にご相談ください /問い合わせる
\ dipサービスの詳細が分かる /資料請求する

バイトル、はたらこねっと導入のきっかけを教えてください。

スタッフィング事業本部 集客企画部 部長 川上悟郎 様(以下・川上様)私自身が派遣業に携わって約20年ですが、ちょうどその頃にdipのはたらこねっとがスタートしました。当時は紙媒体の求人が当たり前だったのですが、インターネットで派遣だけを集めた求人情報の提供は、はたらこねっとだけで、派遣に理解があるなら人材が獲得しやすいと考え、導入しました。 数年後にバイトルがサービスを開始しましたが、派遣もアルバイト・パートも仕事を探していることに変わりはないと考え、併用することになりました。

バイトル、はたらこねっと導入のきっかけについて話す株式会社ネオキャリア担当者様

他社サービスと比べて面接率や採用率などの数字に違いはありますか。

川上様:正直、求職者さんがエントリーした後は、そんなに大きな違いはありません。求職者さんは希望のエリアで仕事を探しているので、様々なポータルサイトからダブル・トリプルエントリーすることも多いからです。 ただ、入り口の規模を比較すると、dipさんはユーザー数が多いので、それと比例して応募効果も非常に良いです。

当社のサービスは職種によって事業が分かれていて、応募単価が安い時が評価される場合もあれば、稼働単価が重要視されるケースもあります。例えば、コールセンターや製造などの動員型の場合は、とにかく人数が必要なので応募単価が安い方がありがたい。一方、保育士や介護士など専門的な仕事になると、資格や経験など様々なフィルダーがかかるので、採用・稼働に至ることが重要になってきます。

dipさんはそういった求める人材の違いによって求人方法を使い分けることができて、とても助かっています。

バイトル、はたらこねっとの利用で工夫されていることはありますか。

川上様:バイトルとはたらこねっと、両方使うことで、両者のいいとこどりをしています。 マーケットにはトレンドがあるので、媒体の調子がいい時もあれば悪い時もあります。それはdipさんも同じこと。しかし、バイトルとはたらこねっとという2軸が並走してくれることで、逃げ道が生まれます。両方を使うことで、効果を最大化させることができるサービスは、dipさんの唯一無二の強みだと思います。

採用について話す株式会社ネオキャリア担当者様

バイトル、はたらこねっとの利用で、十分な数の採用を行えていますでしょうか。

川上様:計画値で言えば、許容内です。しかし、十分という言葉は使うことはできないんです。

我々の仕事では、いかに人材のデータベースを充実させるか、が大切です。なので、採用者が多すぎても困ることはありません。 しかし、恒久的に利用しているということは、期待を裏切られていない、ということですよね。

dip社からのフォローや支援で助かっていると感じる部分はありますか。

川上様:スピード感があるところですね。

我々の仕事は、鮮度が重要です。クライアント先で欠員が出た時に、すぐに働ける人をいち早く応募させる。そんな時に応募効果をすぐに発生させるには、広告の鮮度も高めなければいけません。dipさんはそれが非常に速くて、即連絡・即時対応してくれます。求職者を集めるための機会損失を最小限にしてくれるのは、本当に助かっています。

今後dip社に期待することは何ですか?

川上様:集客率を引き続き高めることです。

最近は自社サイトで求人する会社も増え、ペイドメディアで求職者を集めることが難しくなってきましたよね。しかし自社サイトでの求人が主流になってしまうと、顕在層と潜在層が混在してしまい、結果、入口は大きくても出口までスマートにいかず、手間ばかりがかかってしまいます。dipさんは現在でも求職者さんが希望している案件をきちんと見つけられるよう様々な工夫をしてくれていますが、もっとマッチング力を高めて我々と応募者さんとの接続がよりうまくできるようにして欲しいです。それが集客率アップにつながるはずですから。

dipの「p」の由来でもある「passion」を持ち続けて、これからも求人効果の維持を期待したいですね。

\ お気軽にご相談ください /問い合わせる
\ dipサービスの詳細が分かる /資料請求する

株式会社ネオキャリア 様と同じ課題の導入事例を見る。

株式会社ネオキャリア 様にご利用いただいたサービスの詳細を見る。

TOP