花屋(フラワーショップ)

チューイチ

花屋(フラワーショップ)のバイト・アルバイト・パートの求人情報

花屋(フラワーショップ)のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    花屋の主な仕事内容には、お客様対応や販売する花の管理・企画、広告・営業などの業務があります。具体的には、接客業務では花を購入しに来店したお客様の要望に応じて花を選びます。自宅用をはじめ、お見舞いやお祝いなどお客様の目的や用途を考慮してブーケなどを作成するには、フラワーアレンジメントなどの知識やセンス、お客様とのコミュニケーション能力が必要です。花の管理では、買い付けた花の鮮度を保つための「水揚げ」作業を行います。また、企画では季節やイベントに応じた販売する花の種類や数などを考えます。特に花屋の商品である花は鮮度管理が必要なため、仕入れが多すぎないよう注意する必要があります。そして花屋の広告・営業では、店内のディスプレイを変えたり、POPやチラシを作成したりします。それ以外にも、花の水かえや温度管理などの手入れ、枯れかけた花を処分する「見切り」作業、店内清掃なども大切な業務の1つとなります。この仕事ではお客様から花の種類の質問をされることも多いため、花の基本的知識は絶対不可欠です。そして、花の勉強以外にも美的センスを磨くために、最新のトレンドを知るなど普段からアンテナを張っておくことが大切です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    花屋(フラワーショップ)のアルバイトは、花々の美しい色、やさしい香りに包み込まれる仕事です。アルバイトを通して花に関する知識を習得できます。店舗には数多くの花があり、最初は覚えるのに苦労するかもしれませんが、寄せ植えや花束を作れるようになるとやりがいがあるでしょう。お客様の好みや贈る相手を聞き出して、オーダーの花束を作ることもありますので、会話力や感性も磨かれます。お客様に「素敵な花束ですね」「ありがとう」と感謝されたときは、言葉では言い表せないような達成感が得られます。将来花に関する仕事に就きたい人や自分でお店を持ちたい人、花屋に憧れを持っている人は、まずアルバイトからはじめてみることがオススメです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    花屋(フラワーショップ)は、朝早くから開店する店舗や土日も営業する店舗などさまざまで、シフト制の勤務が多いです。仕入れた花々を店頭に並べ、花への水あげや、きれいに見えるよう葉を拭いたりと、開店前の準備にもさまざまな業務があります。勤務するスタッフは20代〜50代の女性が多く、主婦・主夫が空いた時間を利用したり、生活スタイルに合わせて希望の時間に働いたりすることもできます。好きなことを活かして働ける環境です。制服はなく、私服の上に貸与されたエプロン着用の店舗が多いです。パンツスタイルなど、動きやすい服装が望まれます。配達業務もしている店舗は、お客様のところに出向いたり、イベント会場に出張したりすることもあります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    花屋(フラワーショップ)のアルバイトに必要な資格はありませんが、フラワーアレンジメントの資格があると採用に有利です。花に関する知識はある程度必要で、贈答用、お見舞い用、お祝い用、プレゼント用、自分用などさまざまなお客様の要望に合った花を選ぶ仕事です。また、花の上手な手入れの方法、長持ちさせる水あげの仕方、温度管理などの知識もあると役に立つでしょう。植物に関する知識だけでなく、センスを磨けるように新しいトレンドを意識して取り組むこともオススメです。基本的には接客業ですので、お客様への丁寧な応対ができる人はもちろん、お花が好きな人、美的センスのある人が向いています。

短期の仕事の特徴

花屋の長期のバイトやパートは求人サイトでも多く掲載されていますが、特に母の日やクリスマスなどの物日といわれるイベント日には短期の募集があります。花屋の短期の仕事では、実務経験なしでも働ける可能性があります。そのため、将来花屋で働きたいと考えている場合には実務経験できるチャンスとなります。一般的に短期の仕事の場合にいきなりブーケの作成などは任されません。店内清掃や花の水かえ作業、鉢物の葉をきれいに拭く作業など、いわゆる裏方の仕事がメインとなります。業務に慣れてくれば、お客様との接客対応も任されるケースもあります。接客対応は年齢層に応じたお客様の好みを知る勉強にもなり、コミュニケーション能力を伸ばす上でも貴重な実務経験です。そして、社員の方が作成するブーケの種類や方法などを近くで日々見ることもできます。その他にも店舗によっては、レジ打ちや仕入れ作業なども任される場合もあります。短期のバイトであっても自分で業務範囲を決めつけず、社員の方と積極的にコミュニケーションを取りながら仕事に取り組む姿勢が大切です。

志望動機の書き方・話し方

将来「花屋で働きたい」、あるいは「店舗を持ちたい」と考えている多くの人が「花が好き」といった憧れを持っている傾向です。志望動機を書く場合には、より具体的かつ説得力ある内容を考え、記載することが必要です。例えば、自分が花についてこれまでに勉強してきたことや現在勉強中のこと、花と関わる仕事に就きたい理由、子どものころの花のエピソードなどを書くと良いでしょう。合わせて、将来的な自分のプランなども書いておくことも効果的です。また、花屋は実務経験者が優遇される傾向にある職種の1つです。そのため未経験者の場合には花屋で働きたい熱意などを前述した志望動機と合わせて書き、人事担当者へアピールすることが大切です。そして、面接時には明るく大きな声で話すように意識しましょう。笑顔で相手の目を見ながら話すことも重要です。人事担当者は実際に働き始めて業務が忙しいときでも、お客様に笑顔で接客できるような人材を採用したいと考えています。明るくといっても威圧感を与えずに、お客様が来店した際にリラックスできるよう、早口にならないような話し方を意識しましょう。

花屋(フラワーショップ)の社員・正社員の求人情報
ページトップへ