コンビニのバイト・アルバイト・パートの求人情報

コンビニのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。
コンビニの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

コンビニバイトのアンケート調査

  • images

    Q1.家からどれくらいの時間で行けるコンビニで働いていましたか?

    「10分未満」より「10~30分未満」が多いという意外な結果となりました。 自宅近くをバイト先に選ぶ前者に対して、なぜ後者が約半数も占めているのでしょうか。 自宅近くのバイト先は確かに便利ですが、「10分未満」のような近さだと家族や友人が客として訪れる可能性も高く、人によっては気まずいと思うこともあるでしょう。一方「10~30分未満」だと家からも通いやすいうえ、知り合いが訪れる可能性も低くなります。家から「1時間未満」・「1時間以上」かかる人は、学校や職場から近いという理由でバイト先を選んだのでしょう。自分のライフスタイルに合ったコンビニでバイトすることをおすすめします。

  • images

    Q2.コンビニで楽な仕事はなんでしたか?

    1位に「接客・レジ」、2位に「陳列」、3位に「清掃」という納得の結果となりました。

    これらの業務の魅力は何なのでしょう?各業務に対する経験者のエピソードをちょっとだけご紹介します。

    • ・「接客・レジ」:会社近くのコンビニで、ランチの時間になると長蛇の列が。最初は戸惑い失敗もしていたが、自分なりに工夫して1か月後にはさばけるようになった。(19歳大学生)
    • ・「陳列」:陳列していると、新商品や意外な商品を知ることができたので楽しかった。(23歳女性)
    • ・「清掃」:ある時「お店が綺麗でなければお客さんは減ってしまう」ということに気づいた。そこから力を入れて清掃するようになり、自然と好きになった(22歳大学生)

    これらの業務はどれも難しいものではありません。しかしこれらの業務はお店を回す上で重要です。どれか一つが欠けたら回らなくなってしまいます。お店の一員であることを常に意識して働けることが、コンビニバイトのメリットの一つです。

コンビニバイトの豆知識&あるある

意外とマニアック!コンビニバイトの専門用語

意外とマニアック!コンビニバイトの専門用語 イメージ画像
あがる
退勤すること
揚げます
トイレに行きます(※横浜、4番、5分、9番、10番とも言うことも)
1番です
万引き
CG
レジのお金を金庫に移す
セット
清掃すること
ゼンチン
商品の顔をしっかり表にむけて陳列。日付順に陳列する
チェンジ
バイトの交代
7番
休憩(※8番とも言うことも)
フェイスアップ
商品が綺麗に見えるように陳列
向こう
すぐ側にあった交番。問題が発生した際に連絡を取る場所
面出し
商品のパッケージの表側をよく見えるように並べる
  • あるある

    • あるあるインタビュー1イメージ
      現役アルバイター大学生(20代女性)

      すっぴんでもバイトができることに魅力を感じてコンビニバイトをスタート。友達からは「気楽そうで羨ましい」とよく言われるが、バイト帰りに急な予定が入ることもしばしば。そんなときはコンビニが解決してくれる。香水・爪切り・化粧品が揃っているから、電車を逃して友達の家に泊まることになっても安心。私も最近お世話になりっぱなしだ。

      あるあるインタビュー2イメージ
      元アルバイター大学生(20代男性)

      海の近くのコンビニで飛ぶように売れたもの…それはお酒や食べ物ではなく、水着と浮き輪でした。雑貨屋さんと同様に、コンビニも場所によって売れるものがさまざまでした。大学近くのコンビニは購買部のように文房具が豊富だったり、山の近くのコンビニでは夏になると虫取り網がよく売れるという話を聞くこともあります。

    • あるあるインタビュー3イメージ
      コンビニユーザ会社員(20代女性)

      私は会社から帰るのが遅いOLです。健康管理を気にして最近自炊を始めました。コンビニは生鮮食品からお肉、お米までそろっているのでとても便利なんです。調味料もいろいろあって、料理のレパートリーも増えてきました。疲れて作るのが面倒になった時は、お惣菜や缶詰を買うなど、無理なく自炊生活ができることもコンビニならではだと思います。

      あるあるインタビュー4イメージ
      コンビニユーザ会社員(20代男性)

      新社会人で営業マンとなって数か月。コンビニがあってよかったなあと思う時は深夜。まだ不慣れで終電を逃してしまいがちな僕ですが、社会人として翌日も同じ格好で仕事をすることは考えられない。そんなときこそコンビニへ。インナーや靴下はコンビニで買えるから、清潔を保つことができる。学生時代は誰がこんなのを買うのか不思議だったが、社会人になってからはなくてはならない存在となっている。

      ※2014年7月バイトルアンケート調査(※15歳~39歳/330名調査結果)

ページトップへ