インテリア

チューイチ

インテリアのバイト・アルバイト・パートの求人情報

インテリアのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    インテリア業界のアルバイトには、インテリアショップや雑貨ショップ、インテリアメーカーのほか、インテリアコーディネーターの仕事があります。インテリアや雑貨ショップでは、お客様への接客のほか、品出しや在庫管理、商品のディスプレイ、POPの作成などを行います。インテリアメーカーでは商品の製造や配送業務などが仕事になります。インテリアコーディネーターは、お客様の要望をもとにインテリア全体の計画を立て、内装や家具を提案する仕事です。提案に納得してもらったあとは、商品や素材の発注を行ったうえで、セッティングまでトータルに請け負います。アフターフォローとして不具合への対応を行うこともあるでしょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    インテリア業界でアルバイトをするメリットは、インテリアや雑貨に対する知識が深まることでしょう。インテリア、雑貨のショップには常に新商品が入荷されてきます。新しいトレンドに触れ続けることでセンスが磨かれ、お客様だけでなく自分自身の生活を彩ることにもつながるはずです。インテリアコーディネーターとして働くのであれば収納や間取り、健康重視の内装といった、幅広い知識も身につけることができます。また、お客様への提案・交渉を行うことでコミュニケーションやプレゼンテーションの実力もアップしていくことでしょう。自分のアドバイスに納得してもらったり、提案した企画が採用されたりすれば、お客様の役に立てたことにやりがいを感じられます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    インテリア業界のアルバイトの給与形態は、仕事場となる店舗、会社、さらには地域によってさまざまです。インテリアショップや雑貨ショップで働く場合は時給900円前後からのスタートになることが多いでしょう。勤務時間は店舗によりますが、10時から20時までの間で設定されているのが一般的です。インテリアコーディネーターの場合、提案が受注につながると成果報酬が得られる職場もあるため、頑張り次第で大きく稼ぐこともできるかもしれません。仕事を通じて接することになるのは、住居や店舗、施設のオーナー、設計・施工業者、資材の仕入れ先担当者と多岐にわたります。仕事を請け負った施設の現場や打ち合わせ場所まで足を運ぶこともあるでしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    インテリア、雑貨ショップで働く場合は、接客が仕事のメインとなります。明るく挨拶ができる、丁寧な応対ができる、身だしなみに配慮できるといった、接客マナーが求められます。そのうえで、インテリアが好きで、インテリアや雑貨に関する知識があり、これからも身につける意欲があることをアピールできるといいでしょう。インテリアコーディネーターには、お客様の要望をヒアリングし、適切な提案をするための、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が求められます。民間の資格があるのでチャレンジしてみてもいいかもしれません。実力重視の仕事ではあるのですが、一定のスキルを持っていることの裏付けにはなるはずです。

インテリア関係の仕事について

インテリア関係の仕事で花形とされるのがインテリアコーディネーターです。インテリアに関するさまざまな商品知識に明るく、インテリアの配置や商品のセレクトで住む人に快適な住環境を提案します。 インテリアコーディネーターが任される業務は職場ごとに違いがあります。住宅設備機器メーカーや家具ショップに務める場合は、自社の商品すべてについて理解しそのアイテムを中心として部屋のトータルコーディネートを組み立てます。扱う商材は壁紙やカーテン、家具、照明、小物などそれぞれに多くの種類があり、新製品も次々と登場します。日々の学びが仕事への自信を育てます。大手ハウスメーカーなどでは設計士が書いた部屋の平面図をもとにインテリアコーディネーターがプランニングしていきます。インテリアコーディネーターは単純に色や柄、デザインのテイストを組み合わせるだけではなく、お客様がその部屋でどのような暮らしをしたいのかということまで思いを馳せなければなりません。見た目だけでなく生活スタイルまで想像しインテリアを組み合わせることが求められます。

志望動機の書き方・話し方

お客様のインテリアへの要望を叶えるためには、普段から住まいについて実体験を持ち興味関心を寄せていることが役立ちます。アルバイトやパートの面接で、これまで未経験だったとしても実生活の中で仕事に活かせることもたくさんあります。志望動機にはそうしたインテリアへの実体験を盛り込みましょう。仕事をする際にはお客様に専門的な用語を交えながら細かなテイストの違いなどを言葉で伝える必要があります。専門外の人に分かりやすくかみ砕いて説明できるかどうかも採用の基準となるでしょう。 インテリアコーディネーターはセンスも重要です。特にお客様に安心して任せてもらえるためには、服装や髪型にも気を配る必要があります。面接では服装はセンスを感じさせるものを身に付け、面接官の話を引き出すように聞き上手を心がけましょう。接客も大事な仕事のうちです。お客様の話をよく聞いて押しつけることなく相手のイメージに合ったものを提案することが求められます。インテリアコーディネーターがいくら自信をもって勧める空間でも、実際に住むのはお客様です。住む人の気持ちを汲み取って住空間に反映させることが大事です。 また、提案をしたときにお客様がどう思っているのか本音を引き出すことも重要です。コミュニケーション能力や相手の思いを感じ取る細やかな感性も面接の場で伝えられれば、採用への道が見えてきます。

インテリア・雑貨屋・文房具の社員・正社員の求人情報
ページトップへ