文房具

チューイチ

文房具のバイト・アルバイト・パートの求人情報

文房具のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    文房具に関わるアルバイトやパートの仕事は店頭販売や倉庫の仕分け作業があります。店頭販売は接客業になり、文房具に限らず雑貨などを販売する仕事がほとんどです。専門的な知識は必要ありませんが、多くの商品の場所を把握して商品の陳列をしたり、お客様が探している商品を質問してきたら対応したり、レジ業務や清掃などの雑務が主になります。重い商品もあるので、体力も必要になります。接客も行うため、明るく人と接するのが好きな人にはオススメの仕事です。月末になると、大量の商品が在庫数あるか確認をする「棚卸し」という作業もあり、丁寧で正確に商品を数える作業が求められます。倉庫内での仕事はたくさんある商品を決められた棚に割り振る作業や、出荷する商品をピックアップする作業、タグ貼りや検品作業などが主になります。接客と違い、倉庫の責任者の指示のもとに黙々と仕事をすることが求められます。また、多くの店舗に配送する商品を正確にピックアップすることや似通った商品を間違わずに仕分けすることが必要です。倉庫作業などの力作業は男性がすることが多いですが、店頭販売に比べると体力に自信があり、仕事に集中したい人は倉庫作業に向いているでしょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    文房具店に限らず、多くの販売業務に共通することですが、店頭でお客様がイメージしている商品を提案できたときに、「ありがとう」と感謝されることがあります。文房具店にはキャラクターデザインのものからブランドものまで、多種多様な商品が並んでいます。商品知識を身につけるだけでも大変です。その商品知識によってお客様が喜んでくれることは、自分自身にとってもモチベーションアップになるでしょう。また、ラッピングの技術は、ほかの販売業でも活かすことができるスキルになります。店舗業務、倉庫業務にかかわらず、文具が好きな人にとっては、好きなものに囲まれて仕事ができることや、いち早く新しい商品を知ることができることは、この仕事の魅力になるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    文房具を販売するアルバイトの勤務体系は、シフト制になっていることがほとんどです。お客様の来店が増える、土曜日・日曜日・祝日に出勤ができると、採用時に優遇されやすく、なかには週末勤務の時給をアップしている店舗もあります。店頭勤務の場合は、夏も冬も快適な環境で働くことができますが。倉庫勤務では空調が行き届いていないケースがあるので、体調管理が重要です。勤務時の服装は、制服もしくは私服にエプロンを着用する店舗が多いようです。どちらにしても身だしなみには十分気をつける必要があるでしょう。店頭で勤務する人は女性が多く、倉庫内での仕分け作業は男性が多く活躍しています。店舗によっては文房具だけでなく、雑貨を扱う場合もあります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    文房具を扱うアルバイトは、店舗での接客・販売と倉庫内での仕分け作業に大別されます。店頭で接客や販売の仕事をする場合は、商品についての知識が必須となります。文房具は商品の点数や種類が多く、新商品も次々に入ってきます。商品についてや、その商品がどこに陳列してあるのかなど、覚えることが多いので、文房具が好きな人がこの仕事に向いているといえます。また、文房具店には小さな子供から学生、ビジネスマン、年配の人まで幅広い年代のお客様が来店します。問い合わせの応対やレジ業務も行うので、接客マナーやコミュニケーション能力も必要です。倉庫内の仕事では、責任者の指示にしたがって作業をすることが求められるので、集中してコツコツ仕事をすることが好きな人に向いているでしょう。

志望動機の書き方・話し方

文房具の仕事は、文房具が好きな人にオススメの仕事です。また、体力があることや人と接するのが好きなことを志望動機に入れると好印象を持ってもらえる可能性があります。例えば店頭販売の場合、「私は文房具が好きで、こちらで働きたいと思いました。人と接するのも好きでアルバイトは初めてですが、仕事を率先して学んでいこうと思います。」や倉庫作業の場合は、「私は以前他の倉庫で働いており、文房具の倉庫作業は初めてですが、以前の検品などの作業経験を活かせると思い志望しました。丁寧でテキパキとした作業には自信があるので、早く仕事を覚えていきたいと思います。」など自分の利点を押し出し、前向きな姿勢を記載するのが良いでしょう。話し方は大きな声である必要はありませんが、聞きやすくはっきりとした声で相手に伝えることが必要です。また、緊張して相手と会話が成り立たないと良い印象を与えられません。落ち着いて、聞かれたことに答えるようにしましょう。話すときはしっかりと前を向いて姿勢を正し、顔を上げると聞きやすい声を出すことができるでしょう。明るく元気な印象を与えられると相手への印象は良くなります。面接のときは自分が書いた志望動機を把握し、面接担当者としっかりと話せるよう心掛けましょう。

インテリア・雑貨屋・文房具の社員・正社員の求人情報
ページトップへ