雑貨販売

チューイチ

雑貨販売のバイト・アルバイト・パートの求人情報

雑貨販売のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    雑貨販売のアルバイトは、お客様にグッズの説明をしたり商品選びのお手伝いやお薦めをしたりという接客を中心とした仕事と在庫管理や品出し・梱包~発送といったバックヤード中心の仕事に分かれます。規模の小さなショップでは両方をひとりでこなす場合もあります。仕事に慣れてくれば商品の仕入れなどに携われる可能性もあり、仕入れ商品のチョイスなどで自分の知識やセンスを活かすチャンスも増えるかもしれません。 ある程度接客を任されるようになると、自分のショップの商品知識だけでなくその分野の幅広い知識なども身につけ、お客様へ総合的なアドバイスをするといったレベルの高い仕事も任されるようになってきます。チェーン店などの場合はチーフや店長などへのステップアップのチャンスも巡ってくる可能性があります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    お客様への商品の提案や商品の陳列の際に、自分自身のセンスを存分に発揮できることが雑貨販売のアルバイトの魅力です。また、新商品をいち早く知ることができる点も、雑貨が好きな人には嬉しいメリットといえるでしょう。毎日好きな雑貨に囲まれて働ける環境は、仕事へのモチベーションアップにもつながるはずです。雑貨販売の仕事は、特に資格は必要ありません。仕事をしながら商品の知識や接客スキルを伸ばしていけば、自分自身のセンスで商品の陳列をしたり、発注の業務まで任されたりすることもあるはずです。クリスマスやバレンタインなどのイベントシーズンは繁忙期であり、短期のアルバイトを募集している店舗もありますので、雑貨販売のアルバイトを経験してみたいという人には、その機会がオススメです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    雑貨販売のアルバイト勤務中の服装は、基本的に自由で私服を着用する店舗が多く見受けられますが、なかにはユニフォームやエプロンが用意されているところもあります。どちらにしても、お客様と接する機会が多い仕事のため清潔感はとても大切ですので、身だしなみには十分気をつかう必要があります。勤務形態はシフト制のところがほとんどであり、特にお客様の来店が多い土日祝日に勤務を求められることが多いでしょう。そのため、土日祝日に勤務できる人が優遇されることがあります。雑貨がとても好きで毎日囲まれていたい、接客業が好き、自分自身のセンスで勝負したいという人に向いている仕事です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    雑貨にもいろんな分野がありますから、自分が好きな分野の品物であれば興味や愛着を持って仕事に打ち込むことができるでしょう。商品知識が豊富になってくればお客様とのコミュニケーションを楽しみながら、よりお客様が喜んでくださる関連商品も併せてお薦めしたり、お客様のお役に立つ、さらに喜んでいただける情報提供などもできるようになります。商品ひとつひとつを愛情を持って大切に取扱うことで商品に対するお客様の思い入れも大きくなるため、細かく丁寧な仕事が好きな人に向いています。 接客中はお客様との会話が仕事の中心になりますから、仕事を逸脱しない範囲でおしゃべりが大好きな、自分の話のペースに相手をまきこんでしまうようなコミュニケーション力の高い人にオススメの仕事です。

バイト体験談

男性
雑貨屋でバイトする方は、そのほとんどが可愛い小物やお洒落なインテリアが大好きな方ばかり。そのため、毎日好きな物に囲まれて働けるのが幸せという人が多いのがあるあるです。スタッフ間でも雑貨の話で毎日持ちきりです。
男性
ある程度ベテランになるとラインナップ選びを任されたり、発注業務を担当することもあります。売れ筋だからという理由で発注したつもりが、実は自分好みの雑貨ばかり集まったなんてこともたまにあるので注意です(笑)。
女性
好きな雑貨に囲まれて仕事をしていると、あれもこれも欲しくなってしまいます。収入を得るために働いているのに毎日買い物してばかりでは困るため、欲しい気持ちをグッと我慢するのも雑貨屋バイトのあるあるです。
女性
素敵な雑貨に囲まれ、ソファやベッドなどの家具なども置かれて、ほっこりと癒される気分の店内にいると、思わず自分の部屋にいるような錯覚に陥ります。しかもお洒落なアイテムばかりなので夢心地になってしまい、お客様が来店しても気づかないなんてことも…(汗)。
女性
お店のスタッフとしては、商品が売れるのは嬉しいことであり、ありがたいことです。しかし気に入っていた商品の最後の1点や目をつけていた1点物が売れてしまうと、少しガッカリしてしまうのも雑貨好きバイトのあるあるです。

面接ここが大事

point1

試されるコミュ力

雑貨屋のバイト面接に臨むには、ナチュラルメイクでこざっぱりした服装で出かけましょう。面接では笑顔で明るく受け答えをします。商品販売の仕事であるとともに、お客様に雑貨の商品説明をしたりコーディネートをしたり、お探しの品を案内する仕事ですから、コミュニケーション力が必須。面接の場では、コミュニケーション力が試されていることを忘れないでください。雑貨の知識は必ずしも必要なく、仕事をしながら覚えていくのでかまいません。もっとも雑貨が好きなことや、お店のコンセプトに共感していることなどをアピールするといいでしょう。ただ販売をするだけより、販売する商品に興味や愛着がある方が望ましいためです。
point2

お店のイメージに合わせる

まわりを華やかな気分にしてくれる雑貨屋で働くためには、スタッフとして店のイメージに合ったファッションを身に着けることです。洋服やアクセサリーなど身に着けている物にこだわり、メイクで雰囲気を作ることが大切です。面接の前に店舗を下見してどのような商品が販売されているか、または店内の雰囲気を掴むと良いでしょう。 そして接客業になりますので、お客様とのコミュニケーション能力が必要になります。話すのが得意だったり、簡単な知識を事前に覚えておくのも好ポイントです。また、商品のレイアウト替えや仕入れの管理など、機転が利いて積極的にアイディアを発案できるような人材が求められます。面接時には自分の考えや今後どのような商品を販売したいかなど、雑貨屋で働く向上心をアピールしましょう。
point3

お店のコンセプトを知る

雑貨屋は、それぞれの店舗で特色のあるお店づくりを心がけているのが特徴です。バイトの面接でもお店の特色にマッチするのか、というのが採用の大きなポイントになります。漠然と雑貨が好きだというだけではなく、お店のコンセプトに興味や関心を持っている部分をアピールするといいでしょう。また店舗での商品陳列やディスプレイの他、ポップが書けるといった特技や経験も強みになりますので、イラスト等ができる人はアピールしてみるのも良いでしょう。お店によっては多くの商品を取り扱っている所も多いですから、集中力や理解力が求められます。また、てきぱきと仕事をこなしていく姿勢が重要視されます。ハキハキとした対応を心がけましょう。

ワンポイントアドバイス

小さなショップの場合は、しばらく働いているうちに「小売業の基本とコツ」のようなものがひと通り学べます。「将来自分のお店を持ってみたい」という方にはチェーン店よりも小~中規模の個店の方が向いているかも知れません。 人気ショップなら、有名人に会えたり、雑誌の取材を受けたりといった、ちょっとドキドキすることがあるかもしれません。 雑貨販売のお店は、お店を好きになってたびたびお買い物してくださるリピーターのお客様の存在が欠かせません。お客様への感謝の気持ちや商品への愛情を大切にしてください。

インテリア・雑貨屋・文房具の社員・正社員の求人情報
ページトップへ