インフラエンジニア/ネットワークエンジニア・運用

チューイチ

インフラエンジニア/ネットワークエンジニア・運用のバイト・アルバイト・パートの求人情報

インフラエンジニア/ネットワークエンジニア・運用のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。インフラエンジニア/ネットワークエンジニア・運用の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    インフラエンジニアの仕事は、データのやり取りをする仕組みを作ることです。たとえば、テキストや画像、動画などのいろいろなデータが飛び交う場合、ネットワークを通じてデータのやり取りを円滑に行えるように基盤を整えていきます。どのようなITインフラを作成するか、どの機器で、どのような構成・設定値にするかを決め、その後接続などを構築し、動作確認のチェックやトラブルシューティングまでを行います。チームを組んで仕事をすることが多いため、どこを担当するかで仕事の内容や必要となる技術も変わってきます。たとえば、サーバー環境の設計からインストールや設定を行う「サーバーエンジニア」、ネットワーク構築を行う「ネットワークエンジニア」、システムが正常に動くかどうか確認をする「インフラ保守エンジニア」などがあります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    インフラエンジニアやネットワークエンジニアは、自分が持っている知識だけでなく、仕事をしながら新しいスキルを身につけることができます。将来を見据えて働きながら必要だと思う資格を取得しておくのもいいでしょう。先進的なものを開発し続けるのであれば、常に新しい技術を身につけなくてはなりません。そこに向かってスキルアップし、チャレンジし続けることが、さらなるやりがいやモチベーションアップにつながるでしょう。そのため、常に目標に向かって仕事に取り組める人に向いている仕事といえます。この仕事で培われた経験は、転職してプロジェクトマネージャーや管理職、技術者としてスペシャリストを目指したり、キャリアアップにも役立ちます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    24時間体制の仕事ですが、女性に配慮したシフト制を用いている会社もあり、年齢・性別問わず活躍している人は多い仕事です。インフラエンジニアは、複数人のチームで構成されます。1人で業務をするのではなく、メンバーとコミュニケーションを取りながら分担して仕事を遂行していきます。専門性の高い仕事ではありますが、未経験者でもできる仕事です。実務に携わるのは十分な研修期間を経てからという、サポート体制が整っている会社も多く、年齢層の若い人たちで構成されていることが多いです。24時間体制で取り組む会社もあり、その場合はシフト制かつ夜勤があるところがほとんどであるため、就職を検討する際は事前にチェックしておくと良いでしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    インフラエンジニアの仕事は専門性が高く、スキルや知識、技術を必要としますが、とくに資格は必要ではありません。しかし、なかには持っているだけでキャリアアップできるような世界共通の資格もあるので、そのような資格を取得しておくと有利でしょう。未経験の人がエンジニアを目指す場合に取得する資格の「OracleMaster」やLinuxに関する仕事をするときに役立つ「LPIC」、ネットワークの資格のなかでもとくに難易度が高いといわれる「CCIE」といった資格もありますが、こちらは数年の実務経験が必要になり、実績や技術を持つ人でも取得が難しい資格です。チームでの業務が多いため、対人スキルも必要とされ、業務を遂行するための統率力や社交性も不可欠といえます。
インフラエンジニア/ネットワークエンジニア・運用の社員・正社員の求人情報
ページトップへ