グラフィックデザイナー

チューイチ

グラフィックデザイナーのバイト・アルバイト・パートの求人情報

グラフィックデザイナーのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    クライアントからの依頼に合わせてイメージを形成していく仕事がメイン。Web媒体をメインに扱うデザイナーはキャンペーンや商品紹介などインターネットメディアの制作、また紙媒体をメインに扱う場合は新聞折り込みや雑誌、フリーペーパー、ポスター、電車の中吊り広告やDM、パンフレットなどを担当します。また、アルバイトであってもPhotoshopやIllustratorなどの編集ソフトが扱えることが求められます。表現力が問われるため、応募時または面接時にアピールできる作品などを所有しておくことがベターです。バイトルなら経験者、未経験者を問わずバイト求人情報を多数掲載しています。新しい一歩を踏み出してみませんか?
  • スキルや資格
    スキルや資格
    グラフィックデザイナーの仕事では実務経験が重要視される傾向があります。たとえアルバイトでも現場の経験を積むことは、将来の就職や転職に役に立つことでしょう。例えば、実務を経験することで、デザインスキルやIllustrator、Photoshopといったグラフィック系ソフトを扱う技術も向上していくはずです。また、依頼主との打ち合わせに同席することで、依頼主の要望を引き出してデザインに落とし込んでいく手順も学び取ることができます。もし、自分がデザインを担当することができ、そのデザインが世に出たならば、格別の喜びと達成感を味わうことができるでしょう。自分が担当したデザインをポートフォリオとしてまとめておけば、就職、転職の際の武器にもなります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    グラフィックデザイナーの働く場所は、広告代理店や印刷会社のデザイン部門、広告制作会社、デザイン事務所などさまざまです。さまざまな依頼主の制作物を担当し、ときには制作権利を得るために競合する他社とコンペをすることもあるようです。依頼主のスケジュールが優先されるケースが多く、納期に間に合わせるために残業や休日出勤が発生することもありますが、その分、フレックス勤務にしていたり、まとめて休暇を取れるようにしている会社もあります。メーカーなどの広告宣伝部で働く場合は、広告やパンフレット、社内報などその会社に関する販促物のみを制作する場合が大半のため、就業時間はほかの社員と同様であり、納期にも比較的融通が利くでしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    グラフィックデザイナーの仕事には、美術・デザインのセンスに加えて、IllustratorやPhotoshopなどのグラフィック系ソフトを扱うスキルが求められます。さらに、依頼主の意図を汲み取るヒアリング力、チームで制作することが多いので協調性と社交性、総じてコミュニケーション能力が必要となるでしょう。センスが良く、質の高い作品が作れることも重要ですが、依頼主のニーズに応じて最適なデザインを提案できることがより強く求められます。依頼主が納得してくれるまで修正作業を繰り返すことも多いので、根気も必要になるでしょう。日頃から雑誌の広告やポスター、商品のパッケージ、ロゴマークのデザインなどを意識してチェックし、美に対するセンスを磨き続けることも大切です。
グラフィックデザイナーの社員・正社員の求人情報
ページトップへ