音響・照明

チューイチ

音響・照明のバイト・アルバイト・パートの求人情報

音響・照明のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    音響・照明の仕事は、どちらもライブやイベント会場でその場を演出しますが、それぞれ役割は異なってきます。音響はPA(パブリック・アドレス)やミキサーと呼ばれています。ライブ会場や舞台、結婚式などで客席に届く音や映像の音声調整、マイクやスピーカーの設置を行う仕事です。ときには機材の搬入や設置、撤収まですべて行うこともあります。照明は、演劇や音楽ライブなどの舞台、テレビや映画の撮影現場、ファッションショー、結婚式などのイベントで照明を使って演出を行うのが仕事です。場面や雰囲気に合う照明、出演者を魅力的に見せる照明など、ディレクターや監督とコミュニケーションを取りながら進めます。LEDを使ったり音楽と映像と照明を組み合わせたりするなど、さまざまなスタイルがあります。常に新しい技術を学ぶ気持ちが大切です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    音響・照明は、ミュージシャンや出演者を裏で支えることができる仕事です。自分がかかわった音楽や照明を多くの人に見てもらい聞いてもらえるため、やりがいのある仕事といえるでしょう。また、ライブや舞台を間近で視聴できるのはこの仕事の特権であり、そういった環境で仕事をすることで自分の感性も磨かれていくはずです。仕事を通じて、音楽に携わる人とのつながりが広がるのも魅力です。結婚式場の仕事では、人生の一大イベントを演出する緊張感もありますが、感動のシーンを演出することで、新郎新婦や参列者の涙や笑顔を引き出せたときには大きな喜びと達成感を味わえるでしょう。音響・照明は演出の仕方も仕事の場所も日により変わります。常に新鮮な気持ちで取り組めるというところもこの仕事の魅力です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    音響・照明の仕事は、舞台やライブ、コンサート、結婚式、ファッションショーなどのイベントがあるときに必要とされるため、イベントの前後数日だけアルバイトを雇う企業が多く見られます。イベントは週末に集中しています。平日は機材の動作確認、スケジュールの確認などといった準備をして週末を迎えます。テレビ局などスタジオ撮影にかかわる場合は、平日が仕事で週末は休みとなることもあり、働き方は場所によっても異なってくるようです。週末だけ、といったような働き方を選べば、掛け持ちを希望している人でも可能でしょう。イベントが長引いて残業になったり、不規則なスケジュールになったりすることも多いため、自分の体調管理をしっかりしておきましょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    音響の仕事には特別な資格や免許は不要ですが、大学または専門学校で電気・電子系、音響について学ぶなど、専門知識を持っていると有利になるでしょう。また、コンピューターで音作りができれば即戦力として期待されます。この分野に興味を持ち、学ぶ姿勢があれば未経験でもできますが、音響機材を操作できる程度の知識とシーンや雰囲気に合わせた選曲、タイミングよく音楽を流すセンスは求められるでしょう。照明スタッフも資格や免許は不要で学歴不問の場合が多いですが、大学や専門学校で照明や舞台芸術について学んでから仕事に就く人が多く見られます。舞台やライブ会場などの大きな会場で照明を使う場合は、専門の照明プランナーや機材オペレーターとともに仕事をすることになります。知識だけでなくコミュニケーション能力と芸術的感性が必要とされるでしょう。
音響・照明の社員・正社員の求人情報
ページトップへ