音響・照明

チューイチ

音響・照明の正社員/契約社員の求人・募集情報

音響・照明の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。音響・照明の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    音響・照明は、コンサート・演劇・ファッションショー・結婚式・テレビ局の撮影現場・映画撮影などのイベント時に演出として用いられます。その仕事は、舞台監督やディレクターとイメージを打ち合わせの上、必要な規模に合わせて音響機材、照明機材を用意します。その上で何度もテストを繰り返し、本番に備えます。機材はかなりの重量があり、価格も高額なので慎重に運搬・設置を行います。大掛かりな照明を使う場合は、照明のプランナーとチームを組むこともあります。近年では建物の壁面に立体的な映像を映し出す「プロジェクションマッピング」といったイベントを目にする機会もあり、このような新しい演出も増えてきました。こういった映像、音響、照明の3つの技術を使う、今後の可能性を秘めた仕事も出てきています。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    音響・照明の仕事は、特定の資格を必要とする職場もありますが、未経験でもはじめることができる利点があります。舞台の演出家やアーティストなどさまざまな分野のプロと接する機会も多く、高い専門スキルを学べる場でもあります。知識と経験を積んでいくことで、将来は独立して起業することも可能です。仕事を通して、PCでの画像編集ソフトや映像編集関連ソフトの使い方や編集方法を学ぶことができます。また、技術者としてプロジェクトに参加するので、いろいろな担当者との打ち合わせなども多く、ビジネスマナーや会話力、対応力も磨かれていきます。そのイベントに合わせて現場も変わり、照明や音響効果も変わるので、常に新鮮な気持ちで仕事に臨むことができるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    音響・照明の就職先は、映像制作会社・テレビ局・イベントプロダクション・結婚式場・クラブなどがあります。服装、髪型などは比較的自由ですが、動きやすい服装が求められます。基本的には内勤は少なく、イベント会場に出向して作業を行います。そのときどきで場所や時間が変わるのでスケジュールの管理が大切です。勤務時間や休日はイベントに合わせて決まりますが、イベントは土曜日、日曜日に集中することが多いので、平日が休みになることもあります。本番に向けて準備に時間を要するため、勤務時間が増え身体的にはきついこともありますが、そのイベントや舞台が成功したときは達成感が得られることでしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    音響・照明関連で働くためには資格取得が必須というわけではありませんが、照明は民間の資格があり、音響は国家資格と民間の資格があるので持っていると就職には有利といえます。また、音響・照明の仕事を志す人は専門学校や大学で専門的な知識を学んでいる人が多く見られます。採用されればいきなり技術者になれる訳ではなく、アシスタントとしてスタートすることもあります。辛抱強く知識と経験を積み上げていく努力が大切です。音響・照明を計画する際には制作者の意図を汲み、出演者を輝かせる演出をしなければいけません。音楽や芸術に高い関心があり、演劇を見ることやコンサートやライブに行くことが好きな人は、自分の感性や経験を活かすことができるでしょう。
音響・照明のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ